慶事(正月を含む)

86商品

おすすめ順 価格順 新着順

86商品 37-48表示
  • 砂金袋宝尽絵水指 平安翠峰 作  砂金袋宝尽絵水指 平安翠峰 作  SOLD OUT
    ◇作者の詳細は、京焼の作家しか分かりませんが、感じのよい作品です。
    ◇きれいで、状態良好です。
    ◇30年〜40年前頃の作品。
  • 膳所焼五彩唐子水指 陽炎園 造  膳所焼五彩唐子水指 陽炎園 造  SOLD OUT
    ◇陽炎園(岩崎新定)・・・大正2年生。遠州七窯の一つ、膳所焼の窯を復興した父・健三に師事。昭和60年滋賀県文化賞受賞。昭和62年膳所焼美術館を設立。
    ◇感じのよい作品です。
    ◇状態良好です。(指摘あり)
    ◇20年〜30年前頃の作品。
  • 銀襴手棗(磁器製)三国丹祐 造 銀襴手棗(磁器製)三国丹祐 造 SOLD OUT
    ◇三国丹祐・・京都にて、二代竹泉に師事し、大正〜昭和期に活躍する。
    ◇銀彩は、黒ずんでおり渋いです。このままで良いと思いますが、もし、銀彩を復活させたいのでしたら、液体の銀磨きで磨くと効果がある可能性はあります。
    ◇状態良好です。
    ◇大きさは、小振りです。
  • 独楽塗香合 五代 川端近左 造 独楽塗香合 五代 川端近左 造 39,000円(内税)
    ◇川端近左(五代)・・大正四年、奈良県生。昭和3年、十二歳で四世近左に入門。同16年、養子となり、同38年、五代近左を襲名。伝統的な意匠と技法を守りつつ、今までにない味わいを出そうと、忠実に仕事に取り組んでいた。同56年、大阪府工芸功労賞。平成11年、没。現在、六代目
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 銘「佳日」茶杓  長谷川大真 書付  銘「佳日」茶杓 長谷川大真 書付  SOLD OUT
    共箱・共筒・栞・外紙箱付
    長-18.6cm
    ◇長谷川大真・・昭和32年生まれ。同54年、駒沢大学卒業。大本山相国寺(梶谷宗忍管長)僧堂にて修行。平成9年大徳寺三玄院住職。
    ◇佳日(かじつ)・・よい日。めでたい日。
    ◇きれいで、状態良好です。
    ◇平成18年頃の作品。
  • 一閑塗切箔散らし曲建水 二代 鈴木表朔造  一閑塗切箔散らし曲建水 二代 鈴木表朔造  20,000円(内税)
    ◇鈴木表朔(二代)・・明治38年京都生。初代表朔に師事する。昭和12年パリ万国博銀賞受賞他。平成3年没。現在、三代目。
    ◇感じのよい作品です。
    ◇状態良好です
    ◇40年前頃の作品。
  • 黄銅松竹梅彫飾り火箸 村田耕閑 造 黄銅松竹梅彫飾り火箸 村田耕閑 造 SOLD OUT
    共箱・共裂
    長-28.6cm
    ◇村田耕閑(こうかん)・・京都の藪内流の鋳物師。初代は明治期から活躍。二代続く。作品は何代の作か分かりません。
    ◇適度な重さがあり、蕾頭で形が良いです。
    ◇状態良好です。
    ◇昭和初期頃だと思われます。
  • 銘「松涛」伊羅保茶碗 那波鳳翔造 立花大亀書付 銘「松涛」伊羅保茶碗 那波鳳翔造 立花大亀書付 18,000円(内税)
    大亀書付箱・無傷
    胴径14.5cm×高8.1cm
    ◇大亀書付箱です。
    ◇那波鳳翔・・昭和11年兵庫県相生市生。谷川徹三に師事する。焼締作品・高麗風茶陶を主としている。著書に「やきもの師の唄」などがある。相生窯。
    ◇立花大亀・・明治32年、大阪府生。大徳寺塔頭徳禅寺住職を経て、大徳寺山内に如意庵を再興。昭和54年、大徳寺松源院を再建。平成17年、遷化。
    ◇状態良好です。
    ◇40年前頃の作品。
    ◇松涛・・松風の音を波の音にたとえて言う言葉。
  • 「翠・松葉・松実」茶碗 画賛-八幡宗豊 藤本陶津作 「翠・松葉・松実」茶碗 画賛-八幡宗豊 藤本陶津作 10,000円(内税)
    共箱・無傷・共裂・栞付
    胴径12.9cm×高7.9cm
    ◇八幡宗豊(やはたそうほう)・・表千家・即中斎宗匠の高弟。表千家理事。大阪で即友会を主宰していた。
    ◇八幡宗豊宗匠が翠文字と松葉・松美の画を書いた茶碗です。
    ◇二代・藤本陶津(とうしん)・・大正3年、初代の長男として広島県に生まれる。初代に師事。広島文化賞・文部大臣賞・光風会名誉会員となる。理事二期勤める。平成21年、没。現在、三代目。
    ◇状態良好です。
    ◇20年~30年前頃の作品。
  • 色絵仁清干支巳宝尽画茶碗 清閑寺窯 杉田祥平造 色絵仁清干支巳宝尽画茶碗 清閑寺窯 杉田祥平造 SOLD OUT
    共箱・無傷
    胴径11.5cm×高7.5cm
    ◇杉田祥平(三代)・・大正三年、京都生。二代に師事する。昭和十八年、三代目を継承。古清水の流れをくむ作品に、新しい感覚を取り入れ、独自の色絵の世界を築く。現在、四代目
    ◇干支茶碗としては、宝尽くしで感じのよい作品です。
    ◇きれいで、状態良好です。
    ◇20年~30年前頃の作品。
  • 模御本立鶴茶碗 二代真清水蔵六 造 山科初窯製 模御本立鶴茶碗 二代真清水蔵六 造 山科初窯製 18,000円(内税)
    胴径11.8cm×高7.7cm
    ◇真清水蔵六・・文久元年(1861)、京都生。初代蔵六に師事する。明治15年、二代蔵六襲名。同17年南都博覧会にて一等金賞を受賞。大正6年頃、小山富士夫が弟子入りしている。古陶磁の鑑識にも優れ、「泥中庵今昔物語」など著書がある。昭和11年、没。
    ◇古陶の雰囲気があり、出来のよい茶碗です。
    ◇基本的に状態良好です。(高台に傷かもしれない箇所あり。)箱少し難あり。
    ◇明治~昭和初期頃の作品
  • 玄々斎好写曙棗 吉田一峰 作 玄々斎好写曙棗 吉田一峰 作 10,000円(内税)
    共箱・木製・紙外箱付
    胴径6.5cm×高8.1cm
    ◇吉田一峰・・昭和29年、福井県鯖江市生まれ。同43年、荒井正春より蒔絵技術の指導を受け、兄弟子箕輪一星とともに棗専門に勉強す。同51年、独立。
    ◇裏千家・玄々斎好写の棗です。
    ◇きれいで美品です。
    ◇10年前頃の作品。
86商品 37-48表示
>