慶事(正月を含む)

88商品

おすすめ順 価格順 新着順

88商品 1-12表示
  • 桑彫亀香合 川本光春造 竹田益州書付<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons3.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 桑彫亀香合 川本光春造 竹田益州書付 23,000円(内税)
    ◇川本光春・・京都の指物師で、桑での作品を得意とする。祥桑軒という軒号は淡々斎より与えられた
    ◇竹田益州・・臨済宗の僧。建仁寺派第八代管長。大分生。竹田黙雷について修行。祥瑞寺・大仙寺を歴住、大徳寺執事長を経て建仁寺派管長になる。平成元年寂、92才。
    ◇顔の平たい面白味のある亀香合です。
    ◇きれいで、状態良好です。
    ◇40年前頃の作品。
  • 仁清写砂金袋松島茶器  森里陶楽造<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons5.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 仁清写砂金袋松島茶器 森里陶楽造 SOLD OUT
    ◇京都の森里陶楽さんの作品です。現在、三代目ですが、先代か先々代の作品です。
    ◇作品は、状態良好です。
    ◇40年~60年前頃の作品。
  • 楽山焼兎絵茶碗 長岡空権 作 楽山焼兎絵茶碗 長岡空権 作 30,000円(内税)
    ◇長岡住右衛門(号:空権)・・昭和4年、楽山焼窯元の家に生まれる。祖父・空味、父・空処に師事。同46年、十一代住右衛門襲名。伝統的な技法を守り、伊羅保写・高麗写などを中心に作陶。
    ◇干支でつくられた作品だと思いますが、リアルに描かれた、あまり見ない図柄の作品です。
    ◇作品は状態良好です。(指摘あり)
    ◇40年〜50年前頃の作品。
  • 銘「老松」茶杓 武田士延書付  銘「老松」茶杓 武田士延書付  SOLD OUT
    ◇武田士延・・昭和6年大阪府生。東福僧堂に掛塔、林恵鏡に参禅。同35年妙喜庵(京都府の臨済宗東福寺派の寺院で、千利休が作った国宝茶室「待庵」がある。)住職に就任。
    ◇豊公※振袖松を以って作られた茶杓です。※袖振松・・妙喜庵の庭前に、一株の老松があり、豊臣秀吉が通ったとき衣の袖が触れたということからこの名がつけられた。初代の松が、江戸時代に枯死し表千家六代覚々斉、七代如心斉、裏千家八代又玄斉がこの枝より作った老松の茶杓は、妙喜庵の名物となっています。
  • 萩千鳥香合 十四代 坂倉新兵衛 造 萩千鳥香合 十四代 坂倉新兵衛 造 SOLD OUT
    ◇坂倉新兵衛(十四代)・・大正6年生、父十二代新兵衛に師事し、昭和34年14代襲名。昭和47年山口県指定無形文化財保持者となる。昭和50年没。
    ◇可愛らしい千鳥の香合です。
    ◇作品は、状態良好です。箱の蓋の桟が1本欠損しています。
    ◇50年前頃の作品。
  • 「閑坐聴松風」軸 横物 矢野一甫筆 「閑坐聴松風」軸 横物 矢野一甫筆 SOLD OUT
    ◇矢野一甫・・大正13年生。崇福寺専門道場にて修業。臨済宗各派布教団布教師。昭和38年、臨済宗大徳寺派蔵雲寺(兵庫県豊岡市)住職。
    ◇閑座聴松風(かんざしてしょうふうをきく)・・一切の雑念を捨てて、心静かに座りただ松風の音を聴く。心が急いでいれば気付かぬことが多い。静かに座って耳を済ませば澄み渡った音が聞こえてくる。
    ◇きれいで状態良好です。箱に指摘あり
    ◇20年前頃の作品。
  • 白鶴喰籠(小堀宗慶好)木村表斎 造 白鶴喰籠(小堀宗慶好)木村表斎 造 SOLD OUT
    ◇初代・木村表斎は、京都の塗師で、江戸末期〜明治の名工で表派の祖です。木村表斎は何代が続いており、本作は何代かは分かりません。
    ◇作品は、木村表斎の古稀作品です。出来がよいです
    ◇きれいで状態良好です。
    ◇昭和初期頃の作品かと思われます。
  • 輪島塗 三友棚(組立式)茶平一斎 造  輪島塗 三友棚(組立式)茶平一斎 造  SOLD OUT
    ◇初代・茶平一斎(ちゃひらいっさい)・・大正10年、輪島生。指物師丸井定吉に塗を板倉昌太郎に師事する。昭和22年、茶の湯道具専門の塗師となり、同40年号を茶平一斎とする。現在、二代目。
    ◇作品はきれいで、状態良好です(指摘あり)
    ◇30年〜40年前頃の作品です
  • 黄交趾住吉菱水指 中村翠嵐作  黄交趾住吉菱水指 中村翠嵐作  SOLD OUT
    ◇中村翠嵐(なかむらすいらん)・・昭和17年、京都生。父・初代翠嵐に師事し、昭和49年二代翠嵐を襲名。
    ◇共箱ですが、かなり汚れ・経年感あり。作品は、出来のよい作品です。
    ◇作品は、基本的にきれいで状態良好です。
    ◇40年前頃の作品。
  • 「関」軸 横物 細合喝堂筆 「関」軸 横物 細合喝堂筆 SOLD OUT
    ◇細合喝堂・・元大徳寺・龍源院の住職。平成17年、遷化。
    ◇関(かん)・・人は、人生の中で何度も難しい関門にぶつかります。その関門にさしかかるたびに、不屈の精神、努力で一つ一つ乗り越えていく。そうしていくと、いままで大変だと思っていた関所が、実にスムーズに通れるようになる。そして最も苦しい関門を突破できれば、その先には自由な広々とした天地が開けているという意味。年末年始・炉開きの時期に。
    ◇基本的にきれいで状態良好です。
    ◇20年~30年前頃の作品。
  • 交趾釉独楽形宝尽水指 中村翠嵐作 堀内宗完(兼中斎)書付 交趾釉独楽形宝尽水指 中村翠嵐作 堀内宗完(兼中斎)書付 78,000円(内税)
    ◇中村翠嵐(なかむらすいらん)・・昭和17年、京都生。父・初代翠嵐に師事し、昭和49年二代翠嵐を襲名。
    ◇表千家・堀内宗完(兼中斎)書付があります。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。(指摘あり)
    ◇30年前頃の作品。
  • 銘「蓬が嶋」茶杓  久田宗也(尋牛斎)書付 下削-黒田正玄 銘「蓬が嶋」茶杓 久田宗也(尋牛斎)書付 下削-黒田正玄 SOLD OUT
    ◇十二代 久田宗也(尋牛斎)・・大正14年、生まれ。表千家流久田家12代。表千家13代千宗左にまなぶ。表千家流茶道教授として活躍。博識で知られ,「茶の道具」「茶の湯用語集」などの著作がある。不審庵理事をつとめた。平成22年没。85歳。京都出身。京大卒
    ◇下削りは、千家十職の黒田正玄です
    ◇蓬が嶋・・中国の伝説にみえる、不老不死の仙人が住む理想郷のこと。蓬莱山、蓬莱島の事。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇20年〜30年前頃の作品。
88商品 1-12表示
>