慶事(正月を含む)

86商品

おすすめ順 価格順 新着順

86商品 1-12表示
  • 高砂手花瓶 四代 三浦竹泉 造 高砂手花瓶 四代 三浦竹泉 造 SOLD OUT
    共箱・無傷・共裂付
    胴径13.3cm×高24.6cm
    ◇三浦竹泉(四代)・・明治44年二代竹泉の長男として生れ、昭和六年、四代竹泉を継承する。主に煎抹茶器を製作。昭和47年五代竹泉に譲り隠居する。昭和51年没。現在、五代目。
    ◇この手の竹泉さんの花瓶は、大と中の大きさがありますが、大の方です。
    ◇状態良好です。
    ◇50年〜60年前頃の作品。
  • 赤絵菊兎香合 永楽善五郎(即全)造 赤絵菊兎香合 永楽善五郎(即全)造 SOLD OUT
    共箱・無傷
    胴径6.7cm×高4.8cm
    ◇永楽善五郎・・千家十職の永楽家の十六代を昭和9年に襲名。永楽即全。平成10年没。現在は十七代目。
    ◇きれいで状態良好です。
    ◇40年前頃の作品。
  • 亀香合 太閤窯 二代 小西平内 作 亀香合 太閤窯 二代 小西平内 作 SOLD OUT
    共箱・無傷
    横5.4cm×奥行7.4cm×高4.5cm
    ◇小西平内(二代)・・昭和3年、愛媛生。兵庫県西宮市にて、叔父の閤窯初代小西平内に昭和21年入門。のち川喜田半泥子に学ぶ。同33年初代平内の養子となり、同39年、二代平内を襲名する。
    ◇楽系軟陶です。出来のよい作品です。
    ◇きれいで、状態良好です。
    ◇20年前頃の作品。
  • 交趾分銅亀香合 三代 矢口永寿 作 交趾分銅亀香合 三代 矢口永寿 作 SOLD OUT
    共箱・無傷
    横5.5cm×奥行8cm×高5.6cm
    ◇矢口永寿(三代)・・昭和16年、名古屋生まれ。同40年叔父の二代永寿に師事する。同62年、三代永寿を襲名する。初代以来の品のよさを受け継いで、製作に励む。石川県山中町で作陶。現在、四代目。
    ◇きれいで、美品です。
    ◇10年~20年前頃の作品。
  • 松葉蒔絵錆塗大棗 五代 川端近左 造  松葉蒔絵錆塗大棗 五代 川端近左 造  SOLD OUT
    共箱・木製・共裂・二重箱
    胴径7.5cm×高7.3cm
    ◇川端近左(五代)・・大正四年、奈良県生。昭和3年、十二歳で四世近左に入門。同16年、養子となり、同38年、五代近左を襲名。伝統的な意匠と技法を守りつつ、今までにない味わいを出そうと、忠実に仕事に取り組んでいた。同56年、大阪府工芸功労賞。平成11年、没。現在、六代目。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇きれいで美品です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 交趾釉根引松蓋置 中村翠嵐作  交趾釉根引松蓋置 中村翠嵐作  SOLD OUT
    共箱・無傷・共裂付
    胴径5.7cm×高5.4cm
    ◇中村翠嵐(なかむらすいらん)・・昭和17年、京都生。父・初代翠嵐に師事し、昭和49年二代翠嵐を襲名。
    ◇感じのよい作品です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇20年~30年前頃の作品。
  • 唐松の絵蓋置 二代 真葛香斎 造 唐松の絵蓋置 二代 真葛香斎 造 SOLD OUT
    共箱・無傷
    胴径5.7cm×高5cm
    ◇真葛香斎(二代)・・大正11年、東京生。清水六兵衛に指導を受ける。のち、父・香斎のもとで茶道具製作に専念する。昭和47年、二代真葛香斎(五代宮川香斎)を襲名。平成14年、隠居し治平を名乗る。現在、三代真葛香斎(六代宮川香斎)。
    ◇状態良好です。銀彩は黒ずんでます。
    ◇40年前頃の作品。
  • 翁面香合 北村雅耕 作 翁面香合 北村雅耕 作 SOLD OUT
    共箱・無傷・黄裂付
    横7.3cm×奥行5.5cm×高4.1cm
    ◇北村雅耕さんの京陶人形の香合です。
    ◇立体的で、感じのよい作品です。
    ◇状態良好です。
    ◇20年~30年前頃の作品。
  • 鈴香合 井上方竹 造 鈴香合 井上方竹 造 SOLD OUT
    共箱・無傷
    胴径5.7cm×高
    井上方竹(二代)・・昭和9年、兵庫県姫路市に生まれる。父・初代方竹に師事する。昭和47年、二代方竹を襲名。大徳寺黄梅院宮西玄性老師より印南窯と命名。大阪天満橋松坂屋・東京新宿小田急・博多大丸・神戸そごう・松江一畑百貨店個展他。平成9年か10年頃、没。
    ◇状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 萩焼松笠香合 十一代 坂高麗左衛門造 萩焼松笠香合 十一代 坂高麗左衛門造 SOLD OUT
    共箱・無傷・共裂・栞付
    横5.8cm×奥行9.7cm×高5.6cm
    ◇坂高麗左衛門(十一代)・・明治45年生。下関市出身。帝国美校卒。昭和33年、十一代坂高麗左衛門を襲名。昭和50年山口県無形文化財保持者になる。日本工芸会正会員。中国文化賞。昭和56年歿、享年86歳。十三代目は平成26年、没。
    ◇よくある松笠の香合と比べ、結構大きめです。
    ◇状態良好です。
    ◇50年前頃の作品。
  • 色絵仁清干支巳宝尽画茶碗 清閑寺窯 杉田祥平造 色絵仁清干支巳宝尽画茶碗 清閑寺窯 杉田祥平造 SOLD OUT
    共箱・無傷
    胴径11.5cm×高7.5cm
    ◇杉田祥平(三代)・・大正三年、京都生。二代に師事する。昭和十八年、三代目を継承。古清水の流れをくむ作品に、新しい感覚を取り入れ、独自の色絵の世界を築く。現在、四代目
    ◇干支茶碗としては、宝尽くしで感じのよい作品です。
    ◇きれいで、状態良好です。
    ◇20年~30年前頃の作品。
  • 黄銅松竹梅彫飾り火箸 村田耕閑 造 黄銅松竹梅彫飾り火箸 村田耕閑 造 SOLD OUT
    共箱・共裂
    長-28.6cm
    ◇村田耕閑(こうかん)・・京都の藪内流の鋳物師。初代は明治期から活躍。二代続く。作品は何代の作か分かりません。
    ◇適度な重さがあり、蕾頭で形が良いです。
    ◇状態良好です。
    ◇昭和初期頃だと思われます。
86商品 1-12表示
>