慶事(正月を含む)

86商品

おすすめ順 価格順 新着順

86商品 1-12表示
  • 銘「好日」古曽部焼狂言袴茶碗 寒川義崇作 久田宗也(尋牛斎)書付 銘「好日」古曽部焼狂言袴茶碗 寒川義崇作 久田宗也(尋牛斎)書付 43,000円(内税)
    共箱・無傷・共裂
    胴径11.4cm×高8.7cm
    ◇寒川義崇(さむかわよしたか)・・昭和26年、紀州焼葵窯初代栖豊の五男として生まれる。大阪芸大在学中より父に師事。途絶えていた大阪・高槻の古曽部焼の復興を志し、昭和54年登窯を築き古曽部焼義崇窯として再興。
    ◇表千家・久田(尋牛斎)宗匠の書付があります。
    ◇状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 銘「富士」御本手茶碗 番浦史郎作 立花大亀書付 共箱・無傷
銘「富士」御本手茶碗 番浦史郎作 立花大亀書付 共箱・無傷 28,000円(内税)
    共箱・無傷
    胴径12.8cm×高7.3cm
    ◇番浦史郎・・昭和16年京都生。父は、漆芸作家の番浦省吾。河村熹田朗に師事し、伊賀上野に築窯する。琳派風の絵付けをよくこなす。代表作に日経大阪本社、花園大学の陶壁画がある。平成13年、没。
    ◇立花大亀・・明治32年、大阪府生。大徳寺塔頭徳禅寺住職を経て、大徳寺山内に如意庵を再興。昭和54年、大徳寺松源院を再建。平成17年、遷化。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇きれいで状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 松の絵茶碗 「彩雲」文字 宗完自筆・書付 加賀瑞山作 松の絵茶碗 「彩雲」文字 宗完自筆・書付 加賀瑞山作 28,000円(内税)
    共箱・無傷・共裂
    胴径12.4cm×高7.2cm
    ◇加賀瑞山(三代)・・昭和19年、三重県桑名市に生まれ。同38年、祖父・初代瑞山に師事。同59年、三代目瑞山襲名。同62年、桑名市無形文化財の指定。平成13年、三重県指定無形文化財・桑名萬古(赤絵)工芸技術保持者になる。
    ◇感じの良い作品です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇20年~30年前頃の作品。
  • 黒釉扇面茶碗 二代 真葛香斎作 鵬雲斎書付 黒釉扇面茶碗 二代 真葛香斎作 鵬雲斎書付 120,000円(内税)
    共箱・無傷・共裂付
    胴径12.7cm×高7.7cm
    ◇真葛香斎(二代)・・大正11年、東京生。清水六兵衛に指導を受ける。のち、父・香斎のもとで茶道具製作に専念する。昭和47年、二代真葛香斎(五代宮川香斎)を襲名。平成14年、隠居し治平を名乗る。現在、三代真葛香斎(六代宮川香斎)。
    ◇裏千家・鵬雲斎宗匠の書付があります。
    ◇よく描かれた感じのよい作品です。状態良好です。共箱は、ややシミ・経年感あり。
    ◇50年前頃の作品。
  • 赤地金襴手寿字茶碗 字-高木聖鶴筆 小峠葛芳(丹山)作 赤地金襴手寿字茶碗 字-高木聖鶴筆 小峠葛芳(丹山)作 50,000円(内税)
    共箱・無傷・栞付
    胴径12cm×高7.4cm
    ◇高木聖鶴(たかぎせいかく)・・書家。大正12年生まれ、内田鶴雲に師事。昭和48年日展で特選となり、平成3年内閣総理大臣賞。聖雲書道会を主宰するほか、中京大講師などをつとめる。同7年「春」で芸術院賞。同18年文化功労者。日本かな書道会常務理事、日展理事。平成2年、岡山県内在住としては初の文化勲章受章者となる。書家の文化勲章受賞者は、9年ぶり7人目の快挙である。
    ◇きれいで、状態良好です。
  • 仁清写海老茶碗 永楽善五郎(即全) 造 仁清写海老茶碗 永楽善五郎(即全) 造 100,000円(内税)
    共箱・無傷
    胴径12.3cm×高8.1cm
    ◇永楽善五郎・・千家十職の永楽家の十六代を昭和9年に襲名。永楽即全。平成10年没。現在は十七代目。
    ◇髭の長い海老です。
    ◇きれいで、状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 仁清写日の出に嶋の絵茶碗 永楽善五郎(即全)造 即中斎書付 仁清写日の出に嶋の絵茶碗 永楽善五郎(即全)造 即中斎書付 85,000円(内税)
    共箱・無傷
    胴径12.6cm×高7.4cm
    ◇永楽善五郎・・千家十職の永楽家の十六代を昭和9年に襲名。永楽即全。平成10年没。現在は十七代目。
    ◇表千家・十三代即中斎宗匠の書付があります。
    ◇状態良好です。
    ◇70年前頃の作品
  • 楽山焼立鶴茶碗 長岡空権 作 楽山焼立鶴茶碗 長岡空権 作 30,000円(内税)
    共箱・共裂付
    胴径10.8cm×高9.9cm
    ◇長岡住右衛門(号:空権)・・昭和4年、楽山焼窯元の家に生まれる。祖父・空味、父・空処に師事。同46年、 十一代住右衛門襲名。伝統的な技法を守り、伊羅保写・高麗写などを中心に作陶。
    ◇状態良好です。(指摘部分あり)
    ◇20年〜30年前頃の作品。
  • 立鶴茶碗 初代 真葛香斎 造 立鶴茶碗 初代 真葛香斎 造 25,000円(内税)
    共箱・無傷・共裂付
    胴径11.6cm×高8cm
    ◇真葛香斎(初代)・・明治30年生。父の三代宮川香斎に師事。大正4年頃、北大路魯山人に作陶の手ほどきを受ける。昭和5年、帝展に初入選。同九年、久田家・無適斎より真葛焼の箱書きを頂き、真葛香斎を名乗る。後、即中斎・淡々斎の箱書を頂くようになる。昭和47年隠居、昭和62年に没す。
    ◇作品はきれいで状態良好です。
    ◇50年~70年前頃の作品。
  • 旭波日本地図絵茶碗 茜窯 岡田華溪作  旭波日本地図絵茶碗 茜窯 岡田華溪作  20,000円(内税)
    共箱・無傷・共裂
    胴径12.4cm×高7.9cm
    ◇岡田華渓・・大正10年生。日本画家井上正晴に師事ののち、京都東山にあかね窯として茶陶を製作。女性らしい繊細さと、シンプルさの調和が、見る人の心をひきつける。
    ◇きれいで状態良好です。
    ◇10年~20年前頃の作品。
  • 而妙斎好若松蓋置 永楽善五郎(即全)造 而妙斎好若松蓋置 永楽善五郎(即全)造 35,000円(内税)
    共箱・無傷
    胴径5.5cm×高5cm
    ◇永楽善五郎・・千家十職の永楽家の十六代を昭和9年に襲名。永楽即全。平成10年没。現在は十七代目。
    ◇状態良好です。(指摘あり)
    ◇30年~40年前頃の作品。
  • 高砂手花瓶 四代 三浦竹泉 造 高砂手花瓶 四代 三浦竹泉 造 SOLD OUT
    共箱・無傷・共裂付
    胴径13.3cm×高24.6cm
    ◇三浦竹泉(四代)・・明治44年二代竹泉の長男として生れ、昭和六年、四代竹泉を継承する。主に煎抹茶器を製作。昭和47年五代竹泉に譲り隠居する。昭和51年没。現在、五代目。
    ◇この手の竹泉さんの花瓶は、大と中の大きさがありますが、大の方です。
    ◇状態良好です。
    ◇50年〜60年前頃の作品。
86商品 1-12表示
>