炉の時期

105商品

おすすめ順 価格順 新着順

105商品 85-96表示
  • 南紀檜翁貝香合 内金銀 一双 尋牛斎書付 南紀檜翁貝香合 内金銀 一双 尋牛斎書付 27,000円(内税)
    尋牛斎書付箱
    サイズは、写真に掲載。
    ◇南紀の檜扇貝に中を銀箔・銀箔を貼られた香合です
    ◇尋牛斎(十二代久田宗也)の書付があります。
    ◇銀の貝の内側の銀箔に多少の剥げとやや黒ずんでます。その他は状態良好です。
    ◇40年~50年前頃の作品。
  • 高麗青磁象嵌香合 柳海剛 尋牛斎書付 高麗青磁象嵌香合 柳海剛 尋牛斎書付 23,000円(内税)
    共箱・無傷・黄裂付
    胴径5.5cm×高2.4cm
    ◇柳海剛(初代)・・明治27年、ソウル生。翡色の肌を現代によみがえらせた韓国の青磁づくりの第一人者。昭和35年、韓国の人間文化財(人間国宝)に指定される。平成5年没。
    ◇表千家・尋牛斎(十二代久田宗也)宗匠の書付があります◇出来のよい作品です
    ◇きれいで状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 雉香合 二代 宮川香雲 造 雉香合 二代 宮川香雲 造 SOLD OUT
    共箱・無傷・共裂付
    横3.9cm×奥行10.2cm×高5.3cm◇宮川香雲(二代)・・昭和13年、京都生。父は宮川香斎から分家した龍谷焼初代宮川香雲。昭和55年、二代香雲を襲名。現在、三代目。
    ◇華やかな出来のよい作品です。
    ◇作品はきれいで状態良好です。
    ◇20年~30年前頃の作品。
  • 染付叭々鳥香合 二代 真葛香斎造 尋牛斎書付 染付叭々鳥香合 二代 真葛香斎造 尋牛斎書付 39,000円(内税)
    共箱・無傷・共裂・外紙箱付
    横5.5cm×奥行6.4cm×高3.7cm
    ◇真葛香斎(二代)・・大正11年、東京生。清水六兵衛に指導を受ける。のち、父・香斎のもとで茶道具製作に専念する。昭和47年、二代真葛香斎(五代宮川香斎)を襲名。平成14年、隠居し治平を名乗る。現在、三代真葛香斎(六代宮川香斎)。
    ◇表千家・十二代久田宗也(尋牛斎)宗匠の書付があります。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇きれいで、美品です。
    ◇20年前頃の作品。
  • 交趾分銅亀香合 三代 矢口永寿 作 交趾分銅亀香合 三代 矢口永寿 作 SOLD OUT
    共箱・無傷
    横5.5cm×奥行8cm×高5.6cm
    ◇矢口永寿(三代)・・昭和16年、名古屋生まれ。同40年叔父の二代永寿に師事する。同62年、三代永寿を襲名する。初代以来の品のよさを受け継いで、製作に励む。石川県山中町で作陶。現在、四代目。
    ◇きれいで、美品です。
    ◇10年~20年前頃の作品。
  • クリスタル香合 各務満 造 クリスタル香合 各務満 造 20,000円(内税)
    共箱・無傷・栞付
    胴径5.7cm×高3.7cm
    ◇各務満・・大正7年、各務鉱三の長男に生まれる。昭和18年カガミクリスタル製作所入社、28年取締役、35年常務、4年取締役、60年退職。カガミクリスタル契約デザイナーになる。日本ガラス工芸協会副会長。平成11年、没。
    ◇感じのよい作品です。
    ◇状態良好です。
    ◇30年~40年前頃の作品。
  • 亀香合 太閤窯 二代 小西平内 作 亀香合 太閤窯 二代 小西平内 作 SOLD OUT
    共箱・無傷
    横5.4cm×奥行7.4cm×高4.5cm
    ◇小西平内(二代)・・昭和3年、愛媛生。兵庫県西宮市にて、叔父の閤窯初代小西平内に昭和21年入門。のち川喜田半泥子に学ぶ。同33年初代平内の養子となり、同39年、二代平内を襲名する。
    ◇楽系軟陶です。出来のよい作品です。
    ◇きれいで、状態良好です。
    ◇20年前頃の作品。
  • 織部香合 瀧口喜兵爾 作  織部香合 瀧口喜兵爾 作  20,000円(内税)
    共箱・無傷・共裂
    横6.2cm×縦6cm×高5.4cm
    ◇瀧口喜兵爾(たきぐちきへいじ)・・昭和12年東京生。加藤十右衛門に師事し独立。京都の辻晋六陶房に遊学。昭和46年米・バーモンド州マルボローにて技術指導。その後美濃大萱に築窯。日本橋壺中居、大阪高島屋、名古屋名鉄で個展。
    ◇感じのよい作品です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 赤呉須香合 四代 三浦竹泉 赤呉須香合 四代 三浦竹泉 0円(内税)
    共箱・無傷・共裂付
    胴径7.1cm×高3.2cm
    ◇ 三浦竹泉(四代)・・明治44年二代竹泉の長男として生れ、昭和六年、四代竹泉を継承する。主に煎抹茶器を製作。昭和47年五代竹泉に譲り隠居する。昭和51年没。
    ◇状態良好です。箱は、経年感あり。
    ◇50年~60年前頃の作品。
  • 呉須有馬筆香合 四代 須田菁華作 呉須有馬筆香合 四代 須田菁華作 18,000円(内税)
    共箱・無傷・栞・紙外箱付
    縦・奥行3.6cm×高5.4cm ◇須田菁華(四代)・・昭和15年、加賀生。祖父・二代菁華、三代父・菁華に師事。昭和37年、金沢美術工芸大学卒業ののちに、作陶生活に入る。昭和56年、四代菁華襲名。
    ◇型物香合の番付で西方二段目二十位に位置付けられています。
    ◇きれいで、状態良好です。
    ◇20年前頃の作品。
  • 金襴手香合 小野珀子 造 金襴手香合 小野珀子 造 19,000円(内税)
    合箱(半共箱)・無傷・共裂・栞付
    胴径6.7cm×高2.6cm
    合箱(半共箱-箱書の香合と珀子は合ってますが、金銀彩が合ってません。)です。
    ◇小野珀子(はくこ)・・大正4年、小野琥山の長女として生まれる。昭和44年、釉裏金彩の技法を完成し、陶芸展出品を始める。同48年、日本工芸会正会員認定。同56年、日本陶芸協会賞受賞。平成 4年、佐賀県重要無形文化財指定。平成8年、没。
    ◇萌金襴手が感じがよいです。
  • 赤絵菊兎香合 永楽善五郎(即全)造 赤絵菊兎香合 永楽善五郎(即全)造 SOLD OUT
    共箱・無傷
    胴径6.7cm×高4.8cm
    ◇永楽善五郎・・千家十職の永楽家の十六代を昭和9年に襲名。永楽即全。平成10年没。現在は十七代目。
    ◇きれいで状態良好です。
    ◇40年前頃の作品。
105商品 85-96表示
>