炉の時期

62商品

おすすめ順 価格順 新着順

62商品 1-12表示
  • 竹蓋置 炉風炉一双 堀内宗完(兼中斎)書付 下削-高野宗陵 竹蓋置 炉風炉一双 堀内宗完(兼中斎)書付 下削-高野宗陵 25,000円(内税)
    ◇十二代 堀内宗完(兼中斎)・・・大正8年京都に生まれる。昭和19年京都帝国大学理学部卒業。昭和21年、兄・幽峯斎宗完の死去に遭い、長生庵を継ぐ。同年表千家不審菴入門、以後内弟子として表千家家元・即中斎宗匠に師事。また建仁寺竹田益州老大師より兼中斎の斎号を受く。昭和28年、十二代堀内宗完を襲名する。平成9年、甥の堀内国彦氏が宗完を継ぎ、宗心を名のる。平成11年、表千家家元より的伝を受ける。平成27年、没。
    ◇古竹を使用されているので、枯れた感等ありますが、状態良好です。
    ◇40年前頃の作品。
  • 染付隅田川香合 橋本喜泉作  染付隅田川香合 橋本喜泉作  3,800円(内税)
    ◇橋本喜泉・・昭和22年、生まれ。同42年、桃山窯・手塚大示に師事。同60年、独立開窯。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。箱は経年感あり。
    ◇30年前頃の作品。
  • 染付隅田川香合 四代 須田菁華 作  染付隅田川香合 四代 須田菁華 作  SOLD OUT
    ◇須田菁華(四代)・・昭和15年、加賀生。祖父・二代菁華、三代父・菁華に師事。昭和37年、金沢美術工芸大学卒業ののちに、作陶生活に入る。昭和56年、四代菁華襲名。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。(指摘あり)
    ◇20年〜30年前頃の作品。
  • 金銀菊桐唐草象嵌 釣釜道具セット(釜鐶・鎖・釜釣) 十二代 和田美之助 造<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons3.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 金銀菊桐唐草象嵌 釣釜道具セット(釜鐶・鎖・釜釣) 十二代 和田美之助 造 45,000円(内税)
    ◇和田美之助(十二代)・・昭和16年、京都生。江戸時代から続く釣鐘鋳造師で、十代より茶釜制作を行う。各百貨店、ギャラリーを中心に作品を発表。
    ◇象嵌金銀菊桐唐草が素敵です。
    ◇多少は使用感ありますが、基本的にきれいで状態良好です。共箱は経年感あり。
    ◇30年~40年前頃の作品。
  • 銘「寒雲」茶杓  三重野与雲書付  銘「寒雲」茶杓 三重野与雲書付  7,000円(内税)
    ◇三重野与雲(みえのようん)・・大徳寺・芳春院先々代住職。
    ◇共筒に使用スレ・シミありますが、茶杓は状態良好です。
    ◇30年〜40年前頃の作品。
  • 萩焼苫屋香合  雲谷窯  萩焼苫屋香合 雲谷窯  3,500円(内税)
    ◇萩焼の雲谷窯の作品です
    ◇出来のよい作品です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇20年〜30年前頃の作品。
  • 交趾荒磯香合  永楽善五郎(即全)造 鵬雲斎書付 交趾荒磯香合 永楽善五郎(即全)造 鵬雲斎書付 60,000円(内税)
    ◇永楽善五郎・・千家十職の永楽家の十六代を昭和9年に襲名。永楽即全。平成10年没。現在は十七代目。
    ◇裏千家・鵬雲斎宗匠の書付があります。
    ◇交趾荒磯香合としては、東三段目七位となります。
    ◇本品は、永楽保全の写しで、鯉の産卵により2〜4月に使用される事が多いです。鯉の滝登りは、中国故事の登竜門より、立身出世の象徴とされています。
    ◇状態良好です。箱は汚れ・シミあり
    ◇40年前頃の作品。
  • 乾山梅蓋置  加賀瑞山 造  乾山梅蓋置 加賀瑞山 造  3,500円(内税)
    ◇三重県の万古焼の加賀瑞山さんの作品です。現在三代目ですが、初代位の作かと思われます。
    ◇状態良好です。
    ◇40年〜50年前頃の作品。
  • 萩千鳥香合 十四代 坂倉新兵衛 造 萩千鳥香合 十四代 坂倉新兵衛 造 SOLD OUT
    ◇坂倉新兵衛(十四代)・・大正6年生、父十二代新兵衛に師事し、昭和34年14代襲名。昭和47年山口県指定無形文化財保持者となる。昭和50年没。
    ◇可愛らしい千鳥の香合です。
    ◇作品は、状態良好です。箱の蓋の桟が1本欠損しています。
    ◇50年前頃の作品。
  • 交趾荒磯香合  永楽善五郎(即全)造 交趾荒磯香合 永楽善五郎(即全)造 39,000円(内税)
    ◇永楽善五郎・・千家十職の永楽家の十六代を昭和9年に襲名。永楽即全。平成10年没。現在は十七代目。
    ◇交趾荒磯香合としては、東三段目七位となります。
    ◇本品は、永楽保全の写しで、鯉の産卵により2〜4月に使用される事が多いです。鯉の滝登りは、中国故事の登竜門より、立身出世の象徴とされています。
    ◇状態良好です。(指摘あり)
    ◇40年前頃の作品。
  • 膳所焼黄交趾つくね蓋置 陽炎園 作 膳所焼黄交趾つくね蓋置 陽炎園 作 4,000円(内税)
    ◇陽炎園(岩崎新定)・・・大正2年生。遠州七窯の一つ、膳所焼の窯を復興した父・健三に師事。昭和60年滋賀県文化賞受賞。昭和62年膳所焼美術館を設立
    ◇作品はきれいで状態良好です。
    ◇20年〜30年前頃の作品。
  • 蛤香合  四代和田桐山造  蒔絵-池之浦大起 蛤香合 四代和田桐山造 蒔絵-池之浦大起 18,000円(内税)
    ◇四代 和田桐山(わだとうざん)・・昭和22年、三代・桐山の長男として尼崎市に生まれる。大学在学中より作陶を始める。平成七年に四代・和田桐山襲名する。日本工芸会正会員。
    ◇蛤は陶器で、和田桐山さんの作品で、中を池之浦大起さんが蒔絵しています。
    ◇池之浦大起・・昭和19年大阪府箕面市生まれ。祖父の代より続く漆の家業を受け継ぐ。同43年、三代池之浦大起襲名。茶道美術公募展入選他。
    ◇きれいで状態良好です。
    ◇20年前頃の作品。
62商品 1-12表示
  • 新着商品こちらから
  • 古美術・茶道具 買取館へリンク
  • 当サイトの使い方・変更点・サイトリニューアルについて

カテゴリーから探す

モバイルショップ

2021年6月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930
水色:出張等による発送不可日です。

カテゴリーから探す

>