炉の時期

105商品

おすすめ順 価格順 新着順

105商品 1-12表示
  • 阿弥陀堂釜 和銑 三浦一孝作 ※炉用 阿弥陀堂釜 和銑 三浦一孝作 ※炉用 85,000円(内税)
    箱・共裂・栞・外紙箱付
    胴径25.9cm×高23.4cm(蓋含)
    ◇三浦一孝・・昭和15年、福岡県生まれ。昭和31年、人間国宝・角谷一圭に師事する。平成10年に退職し三浦一孝工房を設立。日本伝統工芸展16回入選。福岡県芦屋釜乃里、平成7年〜10年まで技術指導をする。
    ◇よい肌合いの雰囲気ある釜です。和銑ですので、重めです。
    ◇きれいで美品です。蓋に少し指摘あり。
    ◇10年前頃の作品。
  • 溜鱗鶴蒔絵喰籠 五代 川端近左 造 溜鱗鶴蒔絵喰籠 五代 川端近左 造 90,000円(内税)
    共箱・木製・共裂
    胴径23.7cm×高13.9m
    ◇川端近左(五代)・・大正四年、奈良県生。昭和3年、十二歳で四世近左に入門。同16年、養子となり、同38年、五代近左を襲名。伝統的な意匠と技法を守りつつ、今までにない味わいを出そうと、忠実に仕事に取り組んでいた。同56年、大阪府工芸功労賞。平成11年、没。現在、六代目。
    ◇状態良好です。
    ◇30年〜40年前頃の作品。
  • 溜塗丸喰籠 五代 川端近左 造 溜塗丸喰籠 五代 川端近左 造 55,000円(内税)
    共箱・木製・共裂・紙外箱付
    胴径19.1cm×高11.2cm
    ◇川端近左(五代)・・大正四年、奈良県生。昭和3年、十二歳で四世近左に入門。同16年、養子となり、同38年、五代近左を襲名。伝統的な意匠と技法を守りつつ、今までにない味わいを出そうと、忠実に仕事に取り組んでいた。同56年、大阪府工芸功労賞。平成11年、没。現在、六代目。
    ◇外面は、黒の強い溜塗で、中と底面中央は黒塗です。シンプルですが、高級感のある質の高い塗りです。
    ◇きれいで、美品(未使用?)です。
  • 水仙透鉢 初代 和田桐山 造 水仙透鉢 初代 和田桐山 造 SOLD OUT
    共箱・無傷・共裂・二重箱
    胴径18.6cm×高10.7cm
    ◇和田桐山(初代)・・明治43年、尼崎市に築窯。多くの陶工を擁し、茶陶の逸品を製した。昭和42年没。現在、四代目。
    ◇感じのよい鉢です。二重箱です。
    ◇状態良好です。(指摘あり。)
    ◇60年~70年前頃の作品。
  • 糸目独楽繋喰籠 九代西村彦兵衛(象彦)作 而妙斎(宗員時代)書付 糸目独楽繋喰籠 九代西村彦兵衛(象彦)作 而妙斎(宗員時代)書付 78,000円(内税)
    箱・木製
    胴径23.3cm×高14cm
    ◇西村彦兵衛(九代)・・昭和40年、象彦を継承する。皇居新宮殿の玉座の塗加工、伊勢神宮第62回式年遷宮における御神宝調製にも携わる。
    ◇表千家・而妙斎(宗員時代)宗匠の書付があります。
    ◇状態良好です。
    ◇昭和42年〜昭和54年までの間の作品。
  • 白磁鷺香合 十二代 酒井田柿右衛門 造 白磁鷺香合 十二代 酒井田柿右衛門 造 38,000円(内税)
    共箱・無傷
    横3.5cm×奥行6cm×高4.2cm
    ◇十二代坂井田柿右衛門・・明治11年生まれ。父について陶技、図案を学び、大正6年12代襲名。昭和15年工芸技術保存作家に指定される。初期柿右衛門が創出し中絶していた濁手の素地の技法を昭和30年に完成し、無形文化財記録選択となった。昭和38年、没。
    ◇フォルムがきれいで感じのよい作品です。
    ◇状態良好です。
  • 色絵御福香合 久世久宝 造 色絵御福香合 久世久宝 造 35,000円(内税)
    共箱・無傷・共裂・紙外箱付
    横4.7cm×奥行5.1cm×高7cm
    ◇久世久宝(三代)・・二代目久宝の実妹の長女として生まれる。久世家に養女として入る。昭和49年、三代目を襲名。現在、四代目。
    ◇愛らしいお福さんです。
    ◇きれいで、状態良好です。
    ◇20年前頃の作品。
  • 梅花絵羽子板香合 宮川香雲 作 梅花絵羽子板香合 宮川香雲 作 30,000円(内税)
    共箱・無傷・共裂付
    横2.7cm×奥行8.7cm×高1.5cm
    ◇宮川香雲(二代)・・昭和13年、京都生。父は宮川香斎から分家した龍谷焼初代宮川香雲。昭和55年、二代香雲を襲名。現在、三代目。
    ◇感じのよい作品です。
    ◇状態良好です。
    ◇20年前頃の作品。
  • 染付兜巾茄子香合 永楽妙全 造 染付兜巾茄子香合 永楽妙全 造 30,000円(内税)
    共箱
    横5.3cm×奥行4.8cm×高4.8cm
    ◇傷と言えば、傷があります。
    ◇十四代 永楽善五郎(永楽妙全)・・嘉永5(1852)年生まれ。十四代得全の妻で、得全没後十四代善五郎を名乗り家業を守り、十五代善五郎の養育に尽力。1914(大正3)年には三井高棟より「妙全」の号を賜り、作品の箱書には十四代得全の落款と小柴庵三井高保より賜った「悠」の一字を捺印している。惺斎宗左好みのものをよく造り女性らしい優雅な作品をよく残す。昭和2年、没。
  • 赤絵菊兎香合 永楽善五郎(即全)造 赤絵菊兎香合 永楽善五郎(即全)造 SOLD OUT
    共箱・無傷
    胴径6.7cm×高4.8cm
    ◇永楽善五郎・・千家十職の永楽家の十六代を昭和9年に襲名。永楽即全。平成10年没。現在は十七代目。
    ◇きれいで状態良好です。
    ◇40年前頃の作品。
  • 金襴手香合 小野珀子 造 金襴手香合 小野珀子 造 19,000円(内税)
    合箱(半共箱)・無傷・共裂・栞付
    胴径6.7cm×高2.6cm
    合箱(半共箱-箱書の香合と珀子は合ってますが、金銀彩が合ってません。)です。
    ◇小野珀子(はくこ)・・大正4年、小野琥山の長女として生まれる。昭和44年、釉裏金彩の技法を完成し、陶芸展出品を始める。同48年、日本工芸会正会員認定。同56年、日本陶芸協会賞受賞。平成 4年、佐賀県重要無形文化財指定。平成8年、没。
    ◇萌金襴手が感じがよいです。
  • 呉須有馬筆香合 四代 須田菁華作 呉須有馬筆香合 四代 須田菁華作 18,000円(内税)
    共箱・無傷・栞・紙外箱付
    縦・奥行3.6cm×高5.4cm ◇須田菁華(四代)・・昭和15年、加賀生。祖父・二代菁華、三代父・菁華に師事。昭和37年、金沢美術工芸大学卒業ののちに、作陶生活に入る。昭和56年、四代菁華襲名。
    ◇型物香合の番付で西方二段目二十位に位置付けられています。
    ◇きれいで、状態良好です。
    ◇20年前頃の作品。
105商品 1-12表示
>