炉の時期

105商品

おすすめ順 価格順 新着順

105商品 37-48表示
  • 「閑坐聴松風」一行書 軸  小林太玄筆  「閑坐聴松風」一行書 軸 小林太玄筆  SOLD OUT
    ◇小林 太玄(こばやし・たいげん)・・・昭和16年生まれ。花園大学(妙心寺派)卒業後、臨済宗大徳寺派大徳寺にて修業・得度。昭和50年大徳寺塔頭。黄梅院住職。
    ◇閑座聴松風(かんざしてしょうふうをきく)・・一切の雑念を捨てて、心静かに座りただ松風の音を聴く。心が急いでいれば気付かぬことが多い。静かに座って耳を済ませば澄み渡った音が聞こえてくる。
    ◇太玄和尚らしい力強い字です。
    ◇きれいで美品です。(指摘あり)
    ◇10〜20年前頃の作品。
  • 丹波飾壷 初代 市野信水 造 丹波飾壷 初代 市野信水 造 20,000円(内税)
    ◇市野信水(初代)・・昭和7年、兵庫県多紀郡生まれ。昭和33年、姫路市展、丹波焼陶芸展、兵庫県展入選入賞。昭和43年に穴窯・登り窯を築窯。50年、日本伝統工芸展初入選。日本芸術奨励賞ほか受賞。大阪高島屋、日本橋三越で個展。現在、二代目。
    ◇作品は、きれい状態良好です。ほとんど使われていないようです。
    ◇20年~30年の作品。
  • 銘「嵯峨野」茶杓  堀内宗完(兼中斎)書付 下削-谷村丹後 銘「嵯峨野」茶杓 堀内宗完(兼中斎)書付 下削-谷村丹後 SOLD OUT
    ◇表千家・堀内宗完(兼中斎)宗匠の書付作品です。
    ◇紅葉の美しい10月11月は紅葉の名所の銘嵯峨野(京都)
    ◇面白味のある茶杓です。
    ◇作品は状態良好です。(指摘あり)
    ◇30年前頃の作品。
  • 狸香合 井上方竹 造 狸香合 井上方竹 造 8,500円(内税)
    ◇井上方竹(二代)・・昭和9年、兵庫県姫路市に生まれる。父・初代方竹に師事する。昭和47年、二代方竹を襲名。大徳寺黄梅院宮西玄性老師より印南窯と命名。大阪天満橋松坂屋・東京新宿小田急・博多大丸・神戸そごう・松江一畑百貨店個展他。平成9年か10年頃、没。
    ◇作品は、きれいで、状態良好です。(指摘あり)
    ◇30年前頃の作品。
  • 鉄桑柄火箸 十三代 金谷五良三郎 造  ※炉用 鉄桑柄火箸 十三代 金谷五良三郎 造 ※炉用 SOLD OUT
    ◇金谷五良三郎(十三代)・・京都にて、代々続く鋳金工作家の十三代目。平成元年、没。現在十四代目。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇40年前頃の作品。
  • 肩衝筋釜(炉釜) 和田美之助作 肩衝筋釜(炉釜) 和田美之助作 SOLD OUT
    ◇和田美之助(十二代)・・昭和16年、京都生。江戸時代から続く釣鐘鋳造師で、十代より茶釜制作を行う。各百貨店、ギャラリーを中心に作品を発表。
    ◇感じのよい作品です。
    ◇蓋にスレと少し使用感ありますが、状態は基本的に良い方です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 二福神(戎・大黒)の絵茶碗 岡田佳山(暁山)作  二福神(戎・大黒)の絵茶碗 岡田佳山(暁山)作  SOLD OUT
    ◇岡田佳山・・昭和23年生。京都にて、七代目暁山の技法と母親の茜窯(岡田華渓)から受ける茶陶意匠の影響を併せて学ぶ。平成10年、八代岡田暁山を襲名。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇30年〜40年前頃の作品
  • 干支丑(牛)香合 川崎和楽 作 干支丑(牛)香合 川崎和楽 作 SOLD OUT
    ◇川崎和楽(七代)・・昭和11年、京都生。文政年間より続く楽焼の家に生まれ、六代に師事。昭和45年七代和楽襲名。
    ◇感じのよい作品です。
    ◇作品は、状態良好です。
    ◇40年〜50年前頃の作品。
  • 交趾笠牛香合 岡田佳山(暁山)作  交趾笠牛香合 岡田佳山(暁山)作  SOLD OUT
    ◇岡田佳山・・昭和23年生。京都にて、七代目暁山の技法と母親の茜窯(岡田華渓)から受ける茶陶意匠の影響を併せて学ぶ。平成10年、八代岡田暁山を襲名。
    ◇作品は、きれいで、状態良好です。
    ◇30年〜40年前頃の作品。
  • 網文富士形釜 増山馨鉄 造  ※炉釜 網文富士形釜 増山馨鉄 造 ※炉釜 SOLD OUT
    ◇増山馨鉄・・大正11年生。慶長時代の高岡・鋳造師7人衆の末流で、釜師大国藤兵衛に師事する。文展商工展入選他。
    ◇使用回数少なめ、基本的にはきれいで状態良好です。釜鐶付(使用スレあり)
    ◇40年前頃の作品。
  • 朝日焼丑(牛)香合 十四代 松林豊斎 造 朝日焼丑(牛)香合 十四代 松林豊斎 造 6,000円(内税)
    ◇松林豊斎(十四代)・・大正10年、遠州七窯の朝日焼の窯元に生れる。楠部弥弌に師事する。昭和21年十四代、継承。平成16年、没。現在、十六代目。
    ◇作品は、きれいで、状態良好です。
    ◇干支の丑(牛)香合で、メソポタミア文明の土器からヒントを得た作品です。
    ◇昭和60年の作品。
  • 而妙斎筆 「日々聴松風」色紙軸装 合箱 而妙斎筆 「日々聴松風」色紙軸装 合箱 45,000円(内税)
    ◇而妙斎・・昭和13年、生まれ。表千家14代家元。13代即中斎の長男で、昭和42年に大徳寺の方谷浩明老師より「而妙斎」の号を与えられて宗員となる。昭和54年に即中斎が逝去し、翌55年に14代宗左を襲名した。平成2年には利休400年忌を迎え、法要をいとなみ茶事を催している。平成30年、代を譲り、隠居名の宗旦を名乗る。
    ◇而妙斎宗匠の自筆の色紙を表装しているので合箱です。
    ◇極小のシミ・表具に軽い折れありますが、基本的にきれいで状態良好です。
    ◇20〜30年前頃の作品。
105商品 37-48表示
>