炉の時期

105商品

おすすめ順 価格順 新着順

105商品 13-24表示
  • 糸目撫肩衝釜 北野宗三郎造 ※炉釜  糸目撫肩衝釜 北野宗三郎造 ※炉釜  SOLD OUT
    ◇北野宗三郎・・大阪の釜師。千家の御好み道具などを制作。書付道具も多数存在する。
    ◇よい雰囲気の釜です
    ◇中に錆あり。基本的には状態良好です。
    ◇30年〜40年前頃の作品です。
  • 姥口尻張釜 畠春斎造  ※炉釜 姥口尻張釜 畠春斎造 ※炉釜 SOLD OUT
    ◇初代の畠春斎さんの作品です。
    ◇よい雰囲気のある釜です
    ◇使用錆・水痕等ありますが、基本的には状態良好です。
    ◇40年前頃の作品です。
  • 「紅炉一点雪」軸 一行書 尾関宗園(桃林)筆 合箱 「紅炉一点雪」軸 一行書 尾関宗園(桃林)筆 合箱 SOLD OUT
    ◇尾関宗園(おぜきそうえん)・・臨済宗大徳寺派 大徳寺頭塔大仙院 住職 号:桃林 昭和7年、奈良県に生まれ、高校3年仏門に入る。同30年 奈良大和郡山慈光院住職となる。同40年 弱冠33才で大徳寺塔頭大仙院住職となり現在に至る。現在 紫野大徳寺塔頭大仙院住職(宗教法人大仙院代表役員)、最高裁判所家事調停委員、国立京都工芸繊維大学講師
    ◇紅炉一点雪(こうろ いってんの ゆき)・・赤々と燃える炉の上に チラリと一片の雪が舞い落ちる瞬時に消えて跡形も残さないさま
    ◇基本的にきれいで状態良好です。
  • 銘「松風」大棗 小椋左近作 小野澤寛海書付  銘「松風」大棗 小椋左近作 小野澤寛海書付  SOLD OUT
    ◇小野澤寛海(おのざわかんかい)・・昭和9年、静岡県生。妙心僧堂に掛塔のち31歳で大徳寺塔頭聚光院住職。平成2年、千利休400年遠諱法要を聚光院住職として務めた。同年 住職に小野澤虎洞を迎え隠居。
    ◇小椋左近・・九代続く京塗師。書付作品も多くある。
    ◇大徳寺山門の古材を以って作られた棗です。寛海和尚による松風文字と花押と書付があります。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 「閑坐聴松風」軸 横物 矢野一甫筆 「閑坐聴松風」軸 横物 矢野一甫筆 SOLD OUT
    ◇矢野一甫・・大正13年生。崇福寺専門道場にて修業。臨済宗各派布教団布教師。昭和38年、臨済宗大徳寺派蔵雲寺(兵庫県豊岡市)住職。
    ◇閑座聴松風(かんざしてしょうふうをきく)・・一切の雑念を捨てて、心静かに座りただ松風の音を聴く。心が急いでいれば気付かぬことが多い。静かに座って耳を済ませば澄み渡った音が聞こえてくる。
    ◇きれいで状態良好です。箱に指摘あり
    ◇20年前頃の作品。
  • 白鶴喰籠(小堀宗慶好)木村表斎 造 白鶴喰籠(小堀宗慶好)木村表斎 造 SOLD OUT
    ◇初代・木村表斎は、京都の塗師で、江戸末期〜明治の名工で表派の祖です。木村表斎は何代が続いており、本作は何代かは分かりません。
    ◇作品は、木村表斎の古稀作品です。出来がよいです
    ◇きれいで状態良好です。
    ◇昭和初期頃の作品かと思われます。
  • 輪島塗 三友棚(組立式)茶平一斎 造  輪島塗 三友棚(組立式)茶平一斎 造  SOLD OUT
    ◇初代・茶平一斎(ちゃひらいっさい)・・大正10年、輪島生。指物師丸井定吉に塗を板倉昌太郎に師事する。昭和22年、茶の湯道具専門の塗師となり、同40年号を茶平一斎とする。現在、二代目。
    ◇作品はきれいで、状態良好です(指摘あり)
    ◇30年〜40年前頃の作品です
  • 雪松画菓子鉢 四代 和田桐山作  雪松画菓子鉢 四代 和田桐山作  28,000円(内税)
    ◇四代 和田桐山(わだとうざん)・・昭和22年、三代・桐山の長男として尼崎市に生まれる。大学在学中より作陶を始める。平成七年に四代・和田桐山襲名する。日本工芸会正会員。
    ◇感じのよい作品です。
    ◇きれいで状態良好です。
    ◇20年前頃の作品。
  • 「関」軸 横物 細合喝堂筆 「関」軸 横物 細合喝堂筆 SOLD OUT
    ◇細合喝堂・・元大徳寺・龍源院の住職。平成17年、遷化。
    ◇関(かん)・・人は、人生の中で何度も難しい関門にぶつかります。その関門にさしかかるたびに、不屈の精神、努力で一つ一つ乗り越えていく。そうしていくと、いままで大変だと思っていた関所が、実にスムーズに通れるようになる。そして最も苦しい関門を突破できれば、その先には自由な広々とした天地が開けているという意味。年末年始・炉開きの時期に。
    ◇基本的にきれいで状態良好です。
    ◇20年~30年前頃の作品。
  • 萩焼手捏蓋置 十二代 田原陶兵衛 造  萩焼手捏蓋置 十二代 田原陶兵衛 造  7,000円(内税)
    ◇田原陶兵衛(十二代)・・大正14年生。萩焼深川本窯の次男。兄の11代陶兵衛に師事。昭和31年12代陶兵衛を襲名。古萩の技法の再現に心血を注ぎ、その功績により昭和56年山口県から無形文化財保持者に認定される。平成3年没。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇作品は状態良好です。箱汚れあり
    ◇50年〜60年前頃の作品。
  • 梅絵水指 佐久間勝山造  梅絵水指 佐久間勝山造  SOLD OUT
    ◇佐久間勝山・・昭和39年生まれ。万古焼創始者沼浪弄山の流れをうけて、初代信春が安政年間に開いた松古窯の四代目。年少の頃より父・芳リンから教えを受ける。淡々斎より松菱の松古印を賜わる。平成10年、没。
    ◇きれいで、状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 銀朱塗炉縁 大井好雲斎作 堀内宗心書付 銀朱塗炉縁 大井好雲斎作 堀内宗心書付 SOLD OUT
    ◇大井好雲斎・・昭和5年生まれ、金沢在住。松田権六(人間国宝)に師事し加賀蒔絵の古き技術を受け継ぎ、後継者育成にも日々努力を重ねている。
    ◇表千家・堀内宗心(兼中斎)宗匠の書付があります。
    ◇内の四隅にヒビありますが、それ以外きれいで状態良好です。
    ◇10年〜20年前頃の作品。
105商品 13-24表示
>