無季

267商品

おすすめ順 価格順 新着順

267商品 241-252表示
  • 高取水指 十一代 高取静山 造 高取水指 十一代 高取静山 造 35,000円(内税)
    共箱・無傷・栞付
    胴径15.7cm×高18cm(蓋含)
    ◇高取静山・・明治40年、福岡県朝倉郡に生まれる。小野賢一郎に師事し、秀吉の朝鮮出兵の際黒田長政が連れ帰った陶工・八山を始祖とし明治維新によってとだえていた幸田藩御用窯高取焼を再興すべく、父富基と共に昭和13年個展を開くが、その会期中に父の急逝にあい一時休窯する。同32年再び窯を開き河村蜻山に師事。翌年遠州流宗家12代小堀宗慶に師事し、高取焼11代を襲う。薄作りで、沈んだ渋みのある地に釉薬をかけ
  • 赤絵唐草水指 加賀瑞山作 兼中斎宗完書付 赤絵唐草水指 加賀瑞山作 兼中斎宗完書付 33,000円(内税)
    共箱・無傷
    胴径16.2cm×高18.2cm(蓋含)
    ◇三重県の加賀瑞山さんの作品です。
    ◇表千家・堀内宗完(兼中斎)宗匠の書付があります。
    ◇よく描かれ、感じのよい作品です。
    ◇きれいで、状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 黄交趾竹図水指 赤沢露石造 蓋−橋村萬象 黄交趾竹図水指 赤沢露石造 蓋−橋村萬象 35,000円(内税)
    共箱・無傷
    胴径17cm×高20.2cm
    ◇赤沢露石(二代)・・京都生。初代に師事し、大正四年二代赤沢露石を継承する。昭和18年交趾焼の技術保存作家(マル技)に認定される。現在、四代目。
    ◇橋村萬象(初代)・・明治まで禁裏御用の木具師を務めた橋村家は東京遷都以後茶器木具師となり、三代目で初代橋村萬象となる。昭和61年頃に没。現在、萬象は三代目。
    ◇共蓋は、溝が小さく、ズレやすいので、慎重に使うか、基本的には塗蓋を使って下さい。
  • 楽山焼茶碗 長岡空処(十代住右衛門) 造  楽山焼茶碗 長岡空処(十代住右衛門) 造  35,000円(内税)
    共箱・無傷
    胴径13.9cm×高7.5cm
    ◇十代 長岡住右衛門(空処)・・九代目空味の姉の子で明治31年生まれ。空味の養子となり、そのもとで修行をする。十五、六歳頃より空処を名乗る。同35年に六代住右衛門、楽山焼十代を襲名する。昭和36年、没。
    ◇古い楽山焼のように見えます。
    ◇状態良好です。(指摘あり)共箱、汚れあり。
    ◇昭和35年〜36年頃の作品。
  • 銘「好日」黒茶碗 檜垣青子作 而妙斎書付 銘「好日」黒茶碗 檜垣青子作 而妙斎書付 150,000円(内税)
    共箱・無傷・御物袋・共風呂敷付
    胴径12cm×高8.6cm
    ◇檜垣青子(ひがきせいし)・・楽焼師初代檜垣崇楽の長女として京都に生まれる。昭和45年京都工業試験所にて2年間陶技を学ぶ。同47年父、崇楽に師事する。同58年父の亡き後、母が二代崇楽襲名を期に青子を名乗る。大丸にて初個展以後、三越、高島屋など全国で展多数開催。
    ◇表千家・十四代而妙斎宗匠の書付があります。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇きれい美品です。
    ◇平成元年~9年までの作品。
  • 黒茶碗 大樋年朗(十代長左衛門)作  黒茶碗 大樋年朗(十代長左衛門)作  SOLD OUT
    共箱・無傷・栞・共裂・外紙箱付
    胴径12cm×高8.2cm
    ◇十代大樋長左衛門の襲名前の作品です。
    ◇大樋年朗・・昭和2年、九代大樋長左衛門の長男として生まれる。同24年、東京芸大卒業。同62年、十代大樋長左衛門襲名。平成2年、大樋美術館を開館。平成23年、文化勲章受章
    ◇出来のよい作品です。
    ◇きれいで状態良好です。
    ◇昭和55年の作品。
  • 朝日焼燔師刷毛目茶碗 十四代 松林豊斎 造 朝日焼燔師刷毛目茶碗 十四代 松林豊斎 造 16,000円(内税)
    共箱・無傷・共裂・栞付
    胴径12.6cm×高7.3cm
    ◇松林豊斎(十四代)・・大正10年、遠州七窯の朝日焼の窯元に生れる。楠部弥弌に師事する。昭和21年十四代、継承。平成16年、没。現在、十五代目。
    ◇状態良好です。箱は、経年感あり。
    ◇40年~50年前頃の作品。
  • 刷毛目茶碗 楠部彌弌 造 刷毛目茶碗 楠部彌弌 造 SOLD OUT
    共箱・無傷・共裂
    胴径15cm×高6.4cm
    ◇楠部彌弌(くすべやいち)・・明治30年、京都生まれ。市立陶磁器試験場伝習所に15才で入る。大正9年、「赤土」(せきど)結成に参画。のち、帝展、日展を舞台に活躍。染付、青磁、鈞窯、仁清風ほか、流麗な技法を駆使し、類まれな彩えんを結実。文化勲章受賞。 昭和59年没。
    ◇出来のよい作品です。割りと浅めです。
    ◇作品はきれいで状態良好です。
    ◇昭和初期~中期頃の作品かと思われます。
  • 斗々屋茶碗 佐久間勝山 造 斗々屋茶碗 佐久間勝山 造 SOLD OUT
    共箱・無傷・御物袋・二重箱付
    胴径15cm×高7.8cm
    ◇佐久間勝山・・昭和39年生まれ。万古焼創始者沼浪弄山の流れをうけて、初代信春が安政年間に開いた松古窯の四代目。年少の頃より父・芳リンから教えを受ける。淡々斎より松菱の松古印を賜わる。平成10年、没。
    ◇出来のよい茶碗です。
    ◇きれいで、状態良好です。
    ◇30年~40年前頃の作品。
  • 黒茶碗 大樋年朗(十代長左衛門) 作 共直し有 黒茶碗 大樋年朗(十代長左衛門) 作 共直し有 SOLD OUT
    共箱・栞付・共直しあり
    胴径12.2cm×高7.7cm
    ◇共直しが1箇所あります。
    ◇十代大樋長左衛門の襲名前の作品です。
    ◇大樋年朗・・昭和2年、九代大樋長左衛門の長男として生まれる。同24年、東京芸大卒業。同62年、十代大樋長左衛門襲名。平成2年、大樋美術館を開館。平成23年、文化勲章受章。
    ◇直し以外は、状態良好です。出来の良い作品です。
    ◇40年前頃の作品。
  • 仁清写海老茶碗 永楽善五郎(即全) 造 仁清写海老茶碗 永楽善五郎(即全) 造 100,000円(内税)
    共箱・無傷
    胴径12.3cm×高8.1cm
    ◇永楽善五郎・・千家十職の永楽家の十六代を昭和9年に襲名。永楽即全。平成10年没。現在は十七代目。
    ◇髭の長い海老です。
    ◇きれいで、状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 赤地金襴手寿字茶碗 字-高木聖鶴筆 小峠葛芳(丹山)作 赤地金襴手寿字茶碗 字-高木聖鶴筆 小峠葛芳(丹山)作 50,000円(内税)
    共箱・無傷・栞付
    胴径12cm×高7.4cm
    ◇高木聖鶴(たかぎせいかく)・・書家。大正12年生まれ、内田鶴雲に師事。昭和48年日展で特選となり、平成3年内閣総理大臣賞。聖雲書道会を主宰するほか、中京大講師などをつとめる。同7年「春」で芸術院賞。同18年文化功労者。日本かな書道会常務理事、日展理事。平成2年、岡山県内在住としては初の文化勲章受章者となる。書家の文化勲章受賞者は、9年ぶり7人目の快挙である。
    ◇きれいで、状態良好です。
267商品 241-252表示
>