近畿地方

292商品

おすすめ順 価格順 新着順

292商品 265-276表示
  • 葡萄文手桶水指 手塚祥堂 作 葡萄文手桶水指 手塚祥堂 作 27,000円(内税)
    共箱・無傷・紙外箱付
    最大径27cm×最大高25.3cm
    ◇京都の手塚祥堂さんの作品です。
    ◇華やかな感じのよい作品です。
    ◇きれいで、状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 伊羅保水指 那波鳳翔 作 伊羅保水指 那波鳳翔 作 23,000円(内税)
    共箱・無傷
    胴径15.6cm×高18.5cm(蓋含)
    ◇那波鳳翔・・昭和11年兵庫県相生市生。谷川徹三に師事する。焼締作品・高麗風茶陶を主としている。著書に「やきもの師の唄」などがある。
    ◇状態良好です。
    ◇20年~30年前頃の作品。
  • 青華葡萄棚画平水指 西村徳泉 造 青華葡萄棚画平水指 西村徳泉 造 23,000円(内税)
    共箱・無傷
    胴径24.5cm×高13cm(塗蓋含む)
    ◇京都の西村徳泉さんの作品です。
    ◇よく描かれた作品です。
    ◇金具なしの割蓋ですが、金具付の割蓋もオープションとして+4000円で購入可能です。
    ◇状態良好です。(指摘あり)
    40年〜50年前頃の作品。
  • 黄交趾竹図水指 赤沢露石造 蓋−橋村萬象 黄交趾竹図水指 赤沢露石造 蓋−橋村萬象 35,000円(内税)
    共箱・無傷
    胴径17cm×高20.2cm
    ◇赤沢露石(二代)・・京都生。初代に師事し、大正四年二代赤沢露石を継承する。昭和18年交趾焼の技術保存作家(マル技)に認定される。現在、四代目。
    ◇橋村萬象(初代)・・明治まで禁裏御用の木具師を務めた橋村家は東京遷都以後茶器木具師となり、三代目で初代橋村萬象となる。昭和61年頃に没。現在、萬象は三代目。
    ◇共蓋は、溝が小さく、ズレやすいので、慎重に使うか、基本的には塗蓋を使って下さい。
  • 越前縄簾水指 竹元郁雄 作 蓋-橋村萬象 作 越前縄簾水指 竹元郁雄 作 蓋-橋村萬象 作 43,000円(内税)
    共箱・無傷・栞付
    最大径17.2cm×高17.8cm(蓋含)
    ◇竹元郁雄(たけもといくお)・・宮崎県都城出身。備前で藤原雄に師事。昭和52年、越前古陶に惹かれて福井県丹正郡宮崎村に入る。越前上長佐三号古窯址発掘に参加。昭和53年、古窯址の発掘図面を基に築窯。名古屋三越個展他。昭和62年、大徳寺・吉口桂堂和尚より窯名「峰越窯」を拝領する。
    ◇橋村萬象-昭和9年、京都生。明治まで禁裏御用の木具師をつとめた橋村家は、東京遷都以後茶器木具師となり、当代で四代目。父初代橋村萬象に師事
  • 朱塗 認得斎好写手桶水指 川瀬表完 作 朱塗 認得斎好写手桶水指 川瀬表完 作 35,000円(内税)
    共箱・木製
    最大径25.6cm×高25.5cm
    ◇川瀬表完・・昭和12年、京都生。父・初代表完に師事。兄・表完(本名・厚)とともに二代表完を名乗り、京塗りを受け継ぐ。京漆器伝統工芸士。
    ◇裏千家・認得斎好写しの水指です。
    ◇作品はきれいで状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 染付雲堂絵平水指 紫翠窯 三代 西村徳泉 造 染付雲堂絵平水指 紫翠窯 三代 西村徳泉 造 45,000円(内税)
    共箱・無傷・共裂
    胴径22.1cm×高13cm(蓋含)
    ◇西村徳泉(三代)・・昭和3年生。先代より染付祥瑞茶陶を継承。楠部弥一に師事。京都清水焼伝統工芸師。現在、四代目。
    ◇感じのよい水指です。
    ◇塗蓋に極小の使用スレがありますが、その他はきれいで状態良好です。
    ◇20年~30年前頃の作品。
  • 銘「西江水」青磁平水指 手塚祥堂作 立花大亀書付 銘「西江水」青磁平水指 手塚祥堂作 立花大亀書付 35,000円(内税)
    共箱・無傷
    最大径28.2cm×高12.4cm(蓋閉じ時)
    ◇京都の手塚祥堂さんの作品です。
    ◇立花大亀・・明治32年、大阪府生。大徳寺塔頭徳禅寺住職を経て、大徳寺山内に如意庵を再興。昭和54年、大徳寺松源院を再建。平成17年、遷化。
    ◇西江水・・揚子江の水です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇重さは、見た目より重いです。
    ◇20年~30年前頃の作品。
  • 銘「好日」黒茶碗 檜垣青子作 而妙斎書付 銘「好日」黒茶碗 檜垣青子作 而妙斎書付 SOLD OUT
    共箱・無傷・御物袋・共風呂敷付
    胴径12cm×高8.6cm
    ◇檜垣青子(ひがきせいし)・・楽焼師初代檜垣崇楽の長女として京都に生まれる。昭和45年京都工業試験所にて2年間陶技を学ぶ。同47年父、崇楽に師事する。同58年父の亡き後、母が二代崇楽襲名を期に青子を名乗る。大丸にて初個展以後、三越、高島屋など全国で展多数開催。
    ◇表千家・十四代而妙斎宗匠の書付があります。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇きれい美品です。
    ◇平成元年~9年までの作品。
  • 旭波日本地図絵茶碗 茜窯 岡田華溪作  旭波日本地図絵茶碗 茜窯 岡田華溪作  20,000円(内税)
    共箱・無傷・共裂
    胴径12.4cm×高7.9cm
    ◇岡田華渓・・大正10年生。日本画家井上正晴に師事ののち、京都東山にあかね窯として茶陶を製作。女性らしい繊細さと、シンプルさの調和が、見る人の心をひきつける。
    ◇きれいで状態良好です。
    ◇10年~20年前頃の作品。
  • 朝日焼燔師刷毛目茶碗 十四代 松林豊斎 造 朝日焼燔師刷毛目茶碗 十四代 松林豊斎 造 16,000円(内税)
    共箱・無傷・共裂・栞付
    胴径12.6cm×高7.3cm
    ◇松林豊斎(十四代)・・大正10年、遠州七窯の朝日焼の窯元に生れる。楠部弥弌に師事する。昭和21年十四代、継承。平成16年、没。現在、十五代目。
    ◇状態良好です。箱は、経年感あり。
    ◇40年~50年前頃の作品。
  • 立鶴茶碗 初代 真葛香斎 造 立鶴茶碗 初代 真葛香斎 造 25,000円(内税)
    共箱・無傷・共裂付
    胴径11.6cm×高8cm
    ◇真葛香斎(初代)・・明治30年生。父の三代宮川香斎に師事。大正4年頃、北大路魯山人に作陶の手ほどきを受ける。昭和5年、帝展に初入選。同九年、久田家・無適斎より真葛焼の箱書きを頂き、真葛香斎を名乗る。後、即中斎・淡々斎の箱書を頂くようになる。昭和47年隠居、昭和62年に没す。
    ◇作品はきれいで状態良好です。
    ◇50年~70年前頃の作品。
292商品 265-276表示
  • 新着商品こちらから
  • 古美術・茶道具 買取館へリンク
  • 当サイトの使い方・変更点・サイトリニューアルについて

カテゴリーから探す

モバイルショップ

2021年12月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
水色:出張等による発送不可日です。

カテゴリーから探す

>