大阪府

20商品

おすすめ順 価格順 新着順

20商品 1-12表示
  • 独楽塗莨入 五代 川端近左 造 独楽塗莨入 五代 川端近左 造 35,000円(内税)
    ◇川端近左(五代)・・大正四年、奈良県生。昭和3年、十二歳で四世近左に入門。同16年、養子となり、同38年、五代近左を襲名。伝統的な意匠と技法を守りつつ、今までにない味わいを出そうと、忠実に仕事に取り組んでいた。同56年、大阪府工芸功労賞。平成11年、没。現在、六代目。
    ◇落ち着いた独楽塗りです。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 朱輪花盆 五代 川端近左 造 朱輪花盆 五代 川端近左 造 30,000円(内税)
    ◇川端近左(五代)・・大正四年、奈良県生。昭和3年、十二歳で四世近左に入門。同16年、養子となり、同38年、五代近左を襲名。伝統的な意匠と技法を守りつつ、今までにない味わいを出そうと、忠実に仕事に取り組んでいた。同56年、大阪府工芸功労賞。平成11年、没。現在、六代目
    ◇ 干菓子を置いた使用スレがあります。仕方がない程度です。
    ◇感じのよい作品です。
    ◇20年前頃の作品。
  • 黒茶碗 数印 八代 吉向十三軒 作 鵬雲斎書付 黒茶碗 数印 八代 吉向十三軒 作 鵬雲斎書付 230,000円(内税)
    ◇吉向十三軒・・昭和23年、七代吉向十三軒の四男として東大阪市に生まれる。父に師事し、昭和46年八代襲名。裏千家出入方。
    ◇裏千家・鵬雲斎宗匠の書付があります。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇きれいで状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 熊笹蒔絵妹塗ロクロ目大棗 五代 川端近左造  堀内宗心書付 熊笹蒔絵妹塗ロクロ目大棗 五代 川端近左造 堀内宗心書付 88,000円(内税)
    ◇川端近左(五代)・・大正四年、奈良県生。昭和3年、十二歳で四世近左に入門。同16年、養子となり、同38年、五代近左を襲名。伝統的な意匠と技法を守りつつ、今までにない味わいを出そうと、忠実に仕事に取り組んでいた。同56年、大阪府工芸功労賞。平成11年、没。現在、六代目。
    ◇表千家・堀内宗心宗匠の書付がありますが、花押が潰れています。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。(指摘あり)
    ◇平成9年〜11年の作品。
  • 蛤香合  四代和田桐山造  蒔絵-池之浦大起 蛤香合 四代和田桐山造 蒔絵-池之浦大起 18,000円(内税)
    ◇四代 和田桐山(わだとうざん)・・昭和22年、三代・桐山の長男として尼崎市に生まれる。大学在学中より作陶を始める。平成七年に四代・和田桐山襲名する。日本工芸会正会員。
    ◇蛤は陶器で、和田桐山さんの作品で、中を池之浦大起さんが蒔絵しています。
    ◇池之浦大起・・昭和19年大阪府箕面市生まれ。祖父の代より続く漆の家業を受け継ぐ。同43年、三代池之浦大起襲名。茶道美術公募展入選他。
    ◇きれいで状態良好です。
    ◇20年前頃の作品。
  • 糸目筒釜(銀摘み)北野宗三郎 造 糸目筒釜(銀摘み)北野宗三郎 造 20,000円(内税)
    ◇北野宗三郎・・大阪の釜師。千家の御好み道具などを制作。書付道具も多数存在する。
    ◇銀摘みで、荒々しい肌合いの感じのよい作品です
    ◇状態良好です(指摘あり)
    ◇30~40年前頃の作品。
  • 独楽塗香合 五代 川端近左 造 独楽塗香合 五代 川端近左 造 39,000円(内税)
    ◇川端近左(五代)・・大正四年、奈良県生。昭和3年、十二歳で四世近左に入門。同16年、養子となり、同38年、五代近左を襲名。伝統的な意匠と技法を守りつつ、今までにない味わいを出そうと、忠実に仕事に取り組んでいた。同56年、大阪府工芸功労賞。平成11年、没。現在、六代目
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 灰釉菓子鉢 東憲 作 灰釉菓子鉢 東憲 作 7,000円(内税)
    共箱・無傷・略歴付
    胴径21.6cm×高8.3cm
    ◇東憲(あずまけん)・・昭和8年大阪生、京美卒業。富本憲吉・近藤悠三に師事する。日本工芸会正会員。大阪高島屋など個展で活躍する。
    ◇未使用又はそれに近い商品です。
    ◇昭和61年頃の作品。
  • 「桃果」軸 岡本大更 筆 賛-矢野橋村 筆 「桃果」軸 岡本大更 筆 賛-矢野橋村 筆 23,000円(内税)
    共箱・紙本・軸先-骨
    高180cm×幅47cm(軸先含)
    ◇岡本大更・・明治十二年、三重県生。大阪画壇の画家。本名は直道。北野恒富らと巽画会大阪支部の結成に参加。大正三年に私塾「更彩画塾」を開く。一方、野田九浦、菅楯彦らと大阪美術展覧会を興し、さらに大阪市美術協会の設立に加わり、評議員をつとめた。また昭和十六年に結成された大阪日本画報国会では顧問をつとめた。美人画を得意とし、その作品は「近代的な浮世絵」と称された。昭和二十年、没。
    ◇賛は、南画家の矢野橋村(知道人)です。
  • 三島手平茶碗  八代 吉向十三軒 作 三島手平茶碗 八代 吉向十三軒 作 SOLD OUT
    ◇吉向十三軒・・昭和23年、七代吉向十三軒の四男として東大阪市に生まれる。父に師事し、昭和46年八代襲名。裏千家出入方。
    ◇きれいで、状態良好です。
    ◇10年~20年前頃の作品。
  • 玉林院松拭漆炉縁 萩井一丘 作  玉林院松拭漆炉縁 萩井一丘 作  55,000円(内税)
    共箱
    縦・横42.5cm×高6.5cm
    ◇ 萩井一丘(いっきゅう)・・昭和13年、父・萩井好斎の次男として大阪市に生まれる。父・好斎に師事。同56年、第18回日本伝統工芸展初出品初入選(以降18回)。一茶菴に入門し、一丘の号を受ける。大阪工芸協会展審査員、大阪工芸協会理事、日本煎茶工芸協会理事他。兄は、二代萩井好斎、弟は、金工師の萩井一司。
    ◇京都の大徳寺の塔頭の玉林院の松材で制作された炉縁です。
    ◇拭漆で艶のある感じのよい仕上げです。
  • 玉林院栗古材炉縁 萩井一丘 造 玉林院栗古材炉縁 萩井一丘 造 60,000円(内税)
    共箱・共裂
    横・奥行42.5cm×高6.6cm
    ◇萩井一丘(いっきゅう)・・昭和13年、父・萩井好斎の次男として大阪市に生まれる。父・好斎に師事。同56年、第18回日本伝統工芸展初出品初入選(以降18回)。一茶菴に入門し、一丘の号を受ける。大阪工芸協会展審査員、大阪工芸協会理事、日本煎茶工芸協会理事他。兄は、二代萩井好斎、弟は、金工師の萩井一司。
    ◇京都の大徳寺の塔頭の玉林院の古材で制作された炉縁です。
    ◇状態良好です。
    ◇20年~30年前頃の作品。
20商品 1-12表示
  • 新着商品こちらから
  • 古美術・茶道具 買取館へリンク
  • 当サイトの使い方・変更点・サイトリニューアルについて

カテゴリーから探す

モバイルショップ

2021年7月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
水色:出張等による発送不可日です。

カテゴリーから探す

>