表千家書付作品

38商品

おすすめ順 価格順 新着順

38商品 1-12表示
  • 銘「好日」楽山焼茶碗 長岡空権作 尋牛斎(久田宗也)書付<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons7.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 銘「好日」楽山焼茶碗 長岡空権作 尋牛斎(久田宗也)書付 SOLD OUT
    ◇長岡住右衛門(号:空権)・・昭和4年、楽山焼窯元の家に生まれる。祖父・空味、父・空処に師事。同46年、 十一代住右衛門襲名。伝統的な技法を守り、伊羅保写・高麗写などを中心に作陶。
    ◇表千家・尋牛斎宗匠の書付があります。
    ◇状態良好です。
    ◇30年〜40年前頃の作品。
  • 銘「閑居」唐津茶碗 徳澤守俊作 而妙斎書付 銘「閑居」唐津茶碗 徳澤守俊作 而妙斎書付 SOLD OUT
    ◇徳澤守俊・・昭和10年、京都生。中里無庵・金重素山に師事する。昭和47年より活動する。唐津焼が中心。日本工芸会正会員。
    ◇表千家・而妙斎宗匠の書付があります。
    ◇きれいで状態良好です。
    ◇昭和62年頃の作品です。(栞より)
  • 鶴丸蓋置 初代 矢口永寿造 淡々斎書付 鶴丸蓋置 初代 矢口永寿造 淡々斎書付 50,000円(内税)
    初代矢口永寿 明治3年〜 昭和27年 江沼郡山中温泉の湯宿の子として生まれる。1904年に京都より永楽保全の門下滝口加全ら陶工数名を招き、自邸に磁窯を築き永寿窯を開窯・・・
    ◇裏千家・淡々斎宗匠の書付があります。
    ◇感じのよい作品ですが、やや甘手です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。箱は、経年感あり。
    ◇昭和初期頃の作品かと思われます。
  • 利写金地風炉先 曳舟の図 兼中斎(堀内宗完)筆 利写金地風炉先 曳舟の図 兼中斎(堀内宗完)筆 SOLD OUT
    ◇如心斎好曳舟の図 倣初代堀内仙鶴写意の兼中斎宗匠の肉筆の風炉先で、出来がよいです。
    ◇作品は、多少の指摘ありますが、基本的にきれいで状態良好です。
    ◇30年〜40年前頃の作品。
  • 老松蒔絵炉縁 岡本漆専堂  尋牛斎書付 老松蒔絵炉縁 岡本漆専堂 尋牛斎書付 SOLD OUT
    ◇川瀬表完・・昭和12年、京都生。父・初代表完に師事。兄・表完(本名・厚)とともに二代表完を名乗り、京塗りを受け継ぐ。京漆器伝統工芸士。
    ◇感じのよい作品です。
    ◇表面は状態良好ですが、底面に使用スレ・アタリあります。
    ◇30年前頃の作品。
  • 千羽鶴蒔絵雪吹内金砂子 四代 川端近左造 即中斎 好書付  千羽鶴蒔絵雪吹内金砂子 四代 川端近左造 即中斎 好書付  100,000円(内税)
    ◇川端近左(四代)・・明治24年、三代近左の兄の三男として生まれる。初代近左の長男と、河合漆仙(二代の弟子)と相談の上、12歳で三代近左の養子に入る。三代近左に師事する。22歳で、四代近左を襲名。数多くの茶道具を製作した。昭和50年、没。
    ◇立ち上がりにアタリが2箇所あります。その他は状態良好です。箱は、難あり。
    ◇表千家・即中斎宗匠の好みで、書付があります。15ノ内。
    ◇昭和14年の作品。
  • 紫薬菊の画灰器 永楽善五郎(妙全)造 惺斎好・書付 紫薬菊の画灰器 永楽善五郎(妙全)造 惺斎好・書付 SOLD OUT
    ◇十四代 永楽善五郎(妙全)・・嘉永5年生まれ。十四代得全の妻で、得全没後十四代善五郎を名乗り家業を守り、十五代善五郎の養育に尽力。大正3年には三井高棟より「妙全」の号を賜り、作品の箱書には十四代得全の落款と小柴庵三井高保より賜った「悠」の一字を捺印している。惺斎宗左好みのものをよく造り女性らしい優雅な作品をよく残す。昭和2年、没。
    ◇表千家の惺斎宗匠の好みで、書付があります。
    ◇風炉と炉と微妙な大きさで、どちらかいうと風炉よりでしょうか。
    ◇作品は、特に問題なく状態良好です。
  • 色絵楓葉水指 二代 和田桐山造 鵬雲斎書付  色絵楓葉水指 二代 和田桐山造 鵬雲斎書付  78,000円(内税)
    ◇和田桐山(二代)・・明治30年、兵庫県生まれ。兄(初代・桐山)と共に作陶に従事していたため他家(神戸御影名和家)に養子入籍していたが、昭和42年に初代・桐山が没後、二代桐山を継承。昭和52年、没。現在、四代目。
    ◇裏千家の鵬雲斎宗匠の箱書きがあります。
    ◇作品は状態良好です。(指摘あり)箱は経年感あり。
    ◇50年前頃の作品。
  • 即中斎好写独楽形平喰籠 吉田華正作 堀内宗心書付 即中斎好写独楽形平喰籠 吉田華正作 堀内宗心書付 39,000円(内税)
    ◇吉田華正・・昭和15年、蒔絵師吉田栄作の長男とし生まれる。十五歳で中内輝雄(耕峰)に師事。光琳の感覚にひかれ季節花鳥風月をモチーフにして製作。昭和53年、読売新聞社長賞。平成十年、伝統工芸士に認定。平成21年、石川県伝統産業優秀技術者受賞他。
    ◇表千家・堀内宗心宗匠の書付があります。
    ◇感じのよい作品です。
    ◇きれいで状態良好です。
    ◇20年前頃の作品。
  • 染付山水の絵芋頭水指 三代 西村徳泉造 尋牛斎書付 染付山水の絵芋頭水指 三代 西村徳泉造 尋牛斎書付 50,000円(内税)
    ◇西村徳泉(三代)・・昭和3年生。先代より染付祥瑞茶陶を継承。楠部弥一に師事。京都清水焼伝統工芸師。現在、四代目。
    ◇表千家・尋牛斎(久田宗也)宗匠の書付があります。
    ◇よく描かれた、出来のよい水指です。
    ◇きれいで状態良好です。
    ◇20年〜30年前頃の作品です。
  • 銘「千代の友」飴釉茶碗 九代 大樋長左衛門造  即中斎書付 銘「千代の友」飴釉茶碗 九代 大樋長左衛門造 即中斎書付 120,000円(内税)
    ◇大樋長左衛門(九代)・・明治34年生まれ。江戸前期から加賀藩前田家御用窯として代々茶道具を製してきた大樋家の宗家。昭和9年に九代目襲名。中興の祖といわれた五代に匹敵する名工といわれた。昭和61年、没。
    ◇表千家・即中斎宗匠の書付があります。
    ◇よい感じの茶碗です。
    ◇作品は状態良好です。箱は経年感あり。
    ◇昭和20年頃の作品だと思われる。
  • 銘「ならの小川」茶杓 堀内宗完(兼中斎)書付 下削-谷村丹後 銘「ならの小川」茶杓 堀内宗完(兼中斎)書付 下削-谷村丹後 30,000円(内税)
    ◇十二代 堀内宗完(兼中斎)・・・大正8年京都に生まれる。昭和19年京都帝国大学理学部卒業。昭和21年、兄・幽峯斎宗完の死去に遭い、長生庵を継ぐ。同年表千家不審菴入門、以後内弟子として表千家家元・即中斎宗匠に師事。また建仁寺竹田益州老大師より兼中斎の斎号を受く。昭和28年、十二代堀内宗完を襲名する。平成9年、甥の堀内国彦氏が宗完を継ぎ、宗心を名のる。平成11年、表千家家元より的伝を受ける。平成27年、没。
    ◇銘「ならの小川」にぴったりの茶杓です。
    ◇きれいで状態良好です。
38商品 1-12表示
  • 新着商品こちらから
  • 古美術・茶道具 買取館へリンク
  • 当サイトの使い方・変更点・サイトリニューアルについて

カテゴリーから探す

モバイルショップ

2022年1月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
水色:出張等による発送不可日です。

カテゴリーから探す

>