石川県

46商品

おすすめ順 価格順 新着順

46商品 1-12表示
  • 誰ヶ袖棚 二代 前端春斎(雅峯)作 ※組立式<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons2.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 誰ヶ袖棚 二代 前端春斎(雅峯)作 ※組立式 35,000円(内税)
    二代前端春斎(雅峯)・・石川県山中の木地師前端春斎(初代)の子として生まれ、少年期より父の仕事を手伝う傍らで蒔絵技術を修得・・
    ◇本品は、淡々斎好写しの棚です。シッカリした塗りで重く高級感があります。
    ◇地板の底面にヘコミあり。きれいで、未使用品だと思われるが、仕舞う際に出来たのでしょう。1枚目の組立写真の最後まで挿してないのは、抜く際に破損しないようにです。それとなんとなく地板に反りがあるが、気にならない程度です。
    ◇40年前頃の作品です。
  • 染付隅田川香合  三代 矢口永寿作 鵬雲斎書付<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons14.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 染付隅田川香合 三代 矢口永寿作 鵬雲斎書付 SOLD OUT
    ◇矢口永寿(三代)・・昭和16年、名古屋生まれ。同40年叔父の二代永寿に師事する。同62年、三代永寿を襲名する。初代以来の品のよさを受け継いで、製作に励む。石川県山中町で作陶。現在、四代目。
    ◇裏千家・鵬雲斎宗匠の書付があります。
    ◇きれいで状態良好です。箱指摘あり。
    ◇30年前頃の作品。
  • 梅月棗 岡本陽斎作 ※淡々斎好写<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons1.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 梅月棗 岡本陽斎作 ※淡々斎好写 SOLD OUT
    ◇岡本陽斎(おかもとようさい)・・昭和7年、京都生。石川県山中町にて茶道具を中心に製作を続ける。
    ◇淡々斎好写の棗です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇10年〜20年前頃の作品。
    ◇本歌は一閑張折撓で内部は黒塗、表面は老木の梅花一もとを描き、右上の月を銀蒔絵とし、この月にかかった一枝を金蒔絵に意匠しています。これは中国の詩人で最も梅を愛した林和靖の有名な詩の語句を茶器に応用しています。
  • 黒真塗 縁高   輪島慶塚作 <img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons3.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 黒真塗 縁高 輪島慶塚作  13,000円(内税)
    ◇歴史のある輪島塗・慶塚漆器工房の作品です。
    ◇1箇所へコミ・使用スレありますが、それ以外は特に問題なく状態良好です。箱は経年感等あり。
    ◇50年〜60年前頃の作品。
  • 組立式三友棚 二代 前端春斎(雅峯)作 <img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons15.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 組立式三友棚 二代 前端春斎(雅峯)作  39,000円(内税)
    ◇二代前端春斎(雅峯)・・石川県山中の木地師前端春斎(初代)の子として生まれ、少年期より父の仕事を手伝う傍らで蒔絵技術を修得、その後、家事に従業したが更なる技術向上を求めて1961年には塗師村田道寛に茶道具形成を、また加賀蒔絵の技法を保谷美成に師事・・・
    ◇本品は、三千家好写しの棚です。見た目より重く高級感があります。
    ◇作品は、きれいでほとんど使用されていないようです。
    ◇40年前頃の作品です。
  • 銘「不二の友」富士蒔絵平棗内梨地 新井宗賀造 小林太玄書付 銘「不二の友」富士蒔絵平棗内梨地 新井宗賀造 小林太玄書付 28,000円(内税)
    ◇新井宗賀・・石川県山中町生まれ。昭和48年、日本伝統工芸展入選他。山中作家協会重鎮。
    ◇小林 太玄(こばやし・たいげん)・・・昭和16年生まれ。花園大学(妙心寺派)卒業後、臨済宗大徳寺派大徳寺にて修業・得度。昭和50年大徳寺塔頭。黄梅院住職。
    ◇作品は、状態良好です。箱は経年感あり。
    ◇30年〜40年前頃の作品。
  • 鶴丸蓋置 初代 矢口永寿造 淡々斎書付 鶴丸蓋置 初代 矢口永寿造 淡々斎書付 50,000円(内税)
    初代矢口永寿 明治3年〜 昭和27年 江沼郡山中温泉の湯宿の子として生まれる。1904年に京都より永楽保全の門下滝口加全ら陶工数名を招き、自邸に磁窯を築き永寿窯を開窯・・・
    ◇裏千家・淡々斎宗匠の書付があります。
    ◇感じのよい作品ですが、やや甘手です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。箱は、経年感あり。
    ◇昭和初期頃の作品かと思われます。
  • 和歌の浦平棗内金地 三代 前端春斎作 鵬雲斎書付 和歌の浦平棗内金地 三代 前端春斎作 鵬雲斎書付 135,000円(内税)
    ◇前端春斎・・昭和39年、前端賀峰の長男として生まる。父雅峰に師事。また保谷美成のもとで加賀蒔絵を学ぶ。昭和60年、三代春斎を襲名。昭和63年には米国フロリダにおいて蒔絵技術の公開指導を行う。
    ◇裏千家・鵬雲斎宗匠の書付があります。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇きれいで状態良好です。(指摘あり)
    ◇30年前頃の作品。
  • 玄々斎好松風蓋置 十三代 宮崎寒雉造 鵬雲斎書付 玄々斎好松風蓋置 十三代 宮崎寒雉造 鵬雲斎書付 45,000円(内税)
    ◇宮寒雉(十三代)・・大正4年、加賀藩主の御用釜師として寛文年間より続き家に生まれる。石川県立工業学校卒業のちに十二代宮寒雉に師事する。昭和39年、十三代寒雉を襲名する。昭和58年、淡々斎茶道文化賞受賞。平成6年、没。
    ◇裏千家・鵬雲斎宗匠の書付があります。5の内の1です。
    ◇鉄製ですので、なんとなくの錆はありますが、その他は状態良好です。
    ◇50年前頃の作品 。
  • 結文香合 二代 矢口永寿造 鵬雲斎書付 結文香合 二代 矢口永寿造 鵬雲斎書付 65,000円(内税)
    ◇矢口永寿(二代)・・明治、33年、生まれ。九谷焼の名工。初代は「清々軒」、二代・三代は「眛渓(まいけい)」と号する。現在、四代目。
    ◇裏千家・鵬雲斎宗匠の書付があります。
    ◇華やかな作品です。
    ◇状態良好です。
    ◇50年前頃の作品。
  • 即中斎好写独楽形平喰籠 吉田華正作 堀内宗心書付 即中斎好写独楽形平喰籠 吉田華正作 堀内宗心書付 39,000円(内税)
    ◇吉田華正・・昭和15年、蒔絵師吉田栄作の長男とし生まれる。十五歳で中内輝雄(耕峰)に師事。光琳の感覚にひかれ季節花鳥風月をモチーフにして製作。昭和53年、読売新聞社長賞。平成十年、伝統工芸士に認定。平成21年、石川県伝統産業優秀技術者受賞他。
    ◇表千家・堀内宗心宗匠の書付があります。
    ◇感じのよい作品です。
    ◇きれいで状態良好です。
    ◇20年前頃の作品。
  • 銘「常楽」黒茶碗 十代 大樋長左衛門作 鵬雲斎書付 銘「常楽」黒茶碗 十代 大樋長左衛門作 鵬雲斎書付 250,000円(内税)
    ◇大樋長左衛門(十代)・・・昭和2年、九代大樋長左衛門の長男として生まれる。同24年、東京芸大卒業。同62年、十代大樋長左衛門襲名。平成2年、大樋美術館を開館。平成23年、文化勲章受章
    ◇裏千家・鵬雲斎宗匠の書付があります。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇きれいで、美品です。
    ◇20年前頃の作品。
46商品 1-12表示
  • 新着商品こちらから
  • 古美術・茶道具 買取館へリンク
  • 当サイトの使い方・変更点・サイトリニューアルについて

カテゴリーから探す

モバイルショップ

2022年1月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
水色:出張等による発送不可日です。

カテゴリーから探す

>