石川県

43商品

おすすめ順 価格順 新着順

43商品 1-12表示
  • 銘「常楽」黒茶碗 十代 大樋長左衛門作 鵬雲斎書付<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons14.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 銘「常楽」黒茶碗 十代 大樋長左衛門作 鵬雲斎書付 250,000円(内税)
    ◇大樋長左衛門(十代)・・・昭和2年、九代大樋長左衛門の長男として生まれる。同24年、東京芸大卒業。同62年、十代大樋長左衛門襲名。平成2年、大樋美術館を開館。平成23年、文化勲章受章
    ◇裏千家・鵬雲斎宗匠の書付があります。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇きれいで、美品です。
    ◇20年前頃の作品。
  • 竹蒔絵硝子茶碗 関吉昭 作 蒔絵-吉田華正作<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons7.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 竹蒔絵硝子茶碗 関吉昭 作 蒔絵-吉田華正作 25,000円(内税)
    ◇吉田華正・・昭和15年、蒔絵師吉田栄作の長男とし生まれる。十五歳で中内輝雄(耕峰)に師事。光琳の感覚にひかれ季節花鳥風月をモチーフにして製作。昭和53年、読売新聞社長賞。平成十年、伝統工芸士に認定。平成21年、石川県伝統産業優秀技術者受賞他。
    ◇関吉昭・・ガラス工芸作家。
    ◇ガラスは、関吉昭さん・竹蒔絵は吉田華正さんの作品で、出来が良いです。
    ◇作品は、きれいで美品です。
    ◇20〜30年前頃の作品。
  • 薬玉蒔絵平棗内梨地  村田千山造 鵬雲斎書付 薬玉蒔絵平棗内梨地 村田千山造 鵬雲斎書付 120,000円(内税)
    ◇村田千山・・加賀の蒔絵師。鵬雲斎や井口海仙や立花大亀の書付作品などを時々見かけます。
    ◇裏千家・鵬雲斎宗匠の書付があります。
    ◇上品で出来のよい作品です。
    ◇作品はきれいで状態良好です。
    ◇50年前頃の作品。
  • 雲華焼 蟹蓋置 山崎宗元作<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons11.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 雲華焼 蟹蓋置 山崎宗元作 10,000円(内税)
    ◇山崎宗元(二代)・・大正12年、京都生。父の初代宗元は、昭和9年に一家をあげて加賀に移り、風炉師を創業。雲華焼を初代に、彫刻を都賀田勇馬に師事。昭和35年、二代宗元を襲名。品格のある茶陶づくりに専念する。
    ◇デフォルメされた蟹が面白いです。
    ◇作品は状態良好です。
    ◇30年〜40年前頃の作品。
  • 輪島塗稲穂蒔絵平棗 高袖厚三 造 輪島塗稲穂蒔絵平棗 高袖厚三 造 SOLD OUT
    ◇高袖厚三・・輪島塗の作家。
    ◇感じのよい作品です。
    ◇状態良好です。箱は経年感あり。
    ◇40年前頃の作品。
  • 乱菊自画黒大棗  竹田益州書付  前端春斎(雅峯)作 乱菊自画黒大棗 竹田益州書付 前端春斎(雅峯)作 SOLD OUT
    ◇竹田益州・・臨済宗の僧。建仁寺派第八代管長。大分生。竹田黙雷について修行。祥瑞寺・大仙寺を歴住、大徳寺執事長を経て建仁寺派管長になる。平成元年寂、92才。
    ◇益州和尚が乱菊画を自筆で書き、書付もあります。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇40年前頃の作品。
  • 輪島塗鈴虫蒔絵月形香合 鈴谷鐡五郎作 輪島塗鈴虫蒔絵月形香合 鈴谷鐡五郎作 SOLD OUT
    ◇鈴谷鐡五郎(すずたにてつごろう)・・昭和21年から5年間、一后一兆先生より、蒔絵技術の指導を受け修業。昭和26年 独立し、家業を継ぐ。漆の世界特に金銀の妖しいまでの魅惑で剽げされる繊細な蒔絵の魅力に惹かれ、一途に精進。今日に至る。
    ◇感じのよい作品です。
    ◇状態良好です。
    ◇20年〜30年前頃の作品。
  • 銘「千代の友」飴釉茶碗 九代 大樋長左衛門造  即中斎書付 銘「千代の友」飴釉茶碗 九代 大樋長左衛門造 即中斎書付 120,000円(内税)
    ◇大樋長左衛門(九代)・・明治34年生まれ。江戸前期から加賀藩前田家御用窯として代々茶道具を製してきた大樋家の宗家。昭和9年に九代目襲名。中興の祖といわれた五代に匹敵する名工といわれた。昭和61年、没。
    ◇表千家・即中斎宗匠の書付があります。
    ◇よい感じの茶碗です。
    ◇作品は状態良好です。箱は経年感あり。
    ◇昭和20年頃の作品だと思われる。
  • 張抜き 八角中次 人間国宝  赤地友哉造 <img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons10.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 張抜き 八角中次 人間国宝 赤地友哉造  120,000円(内税)
    ◇赤地友哉(あかじゆうさい)・・明治39年、石川県金沢市生まれ・・渡辺喜三郎に2年間師事し、昭和9年に独立・・昭和49年、漆芸のきゅう漆で人間国宝に認定された。昭和59年、没。
    ◇上品な作品です。同手の作品が、東京国立近代美術館の所蔵品にあります。→コチラ
  • 三彩茶器 鵬雲斎書付 大樋年郎(十代長左衛門)作 三彩茶器 鵬雲斎書付 大樋年郎(十代長左衛門)作 70,000円(内税)
    ◇大樋年郎(年朗)・・昭和2年、九代大樋長左衛門の長男として生まれる。同24年、東京芸大卒業。同62年、十代大樋長左衛門襲名。平成2年、大樋美術館を開館。平成23年、文化勲章受章
    ◇裏千家・鵬雲斎宗匠の書付があります。
    ◇古い三彩の写しで、釉薬に落ち着きがあり、出来のよい作品です。
    ◇状態良好です。
    ◇昭和52年頃の作品。(栞より)
  • 黒茶碗 九代 大樋長左衛門 造  黒茶碗 九代 大樋長左衛門 造  SOLD OUT
    ◇大樋長左衛門(九代)・・明治34年生まれ。江戸前期から加賀藩前田家御用窯として代々茶道具を製してきた大樋家の宗家。昭和9年に九代目襲名。中興の祖といわれた五代に匹敵する名工といわれた。昭和61年、没。
    ◇落ち着いた、割と出来のよい茶碗です。楽系軟陶。
    ◇作品は状態良好です。箱は経年感あり。
    ◇50年〜60年前頃の作品。
  • 如心斎好写櫛型莨盆 小坂修斉作 火入-川崎和楽・独楽塗刻み莨入・灰吹付  如心斎好写櫛型莨盆 小坂修斉作 火入-川崎和楽・独楽塗刻み莨入・灰吹付  18,000円(内税)
    ◇小坂修斉・・昭和25年、生まれ。飛来一閑以来の伝統を受け継ぐ、京都の一閑塗師の松永氏の技を伝承。同46年、石川県加賀市の地で独立以後、研鑽中。
    ◇表千家の如心斎好写の莨盆と火入は、京都の川崎和楽さん。栃材の独楽塗の刻み莨入。竹灰吹付です。
    ◇作品は、きれいで美品(未使用?)です。
    ◇20〜30年前頃の作品。
43商品 1-12表示
  • 新着商品こちらから
  • 古美術・茶道具 買取館へリンク
  • 当サイトの使い方・変更点・サイトリニューアルについて

カテゴリーから探す

モバイルショップ

2021年9月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
水色:出張等による発送不可日です。

カテゴリーから探す

>