九州地方

30商品

おすすめ順 価格順 新着順

30商品 1-12表示
  • 銘「閑居」唐津茶碗 徳澤守俊作 而妙斎書付 銘「閑居」唐津茶碗 徳澤守俊作 而妙斎書付 SOLD OUT
    ◇徳澤守俊・・昭和10年、京都生。中里無庵・金重素山に師事する。昭和47年より活動する。唐津焼が中心。日本工芸会正会員。
    ◇表千家・而妙斎宗匠の書付があります。
    ◇きれいで状態良好です。
    ◇昭和62年頃の作品です。(栞より)
  • 薩摩桜透し蓋置 二代 橋本陶正山 作 薩摩桜透し蓋置 二代 橋本陶正山 作 SOLD OUT
    ◇橋本 陶正山(二代)・・初代が昭和4年、橋本陶正山窯を創立。昭和60年、二代目睦男が橋本陶正山を襲名する。昭和61年、京都高島屋にて個展。平成元年、大丸心斎橋店茶陶展他。
    ◇感じのよい作品です。
    ◇きれいで、美品です。
    ◇平成7年以降の作品(栞より)
  • 高取焼 飾壷 十三代 高取八仙作 高取焼 飾壷 十三代 高取八仙作 SOLD OUT
    ◇高取八仙(たかとりはっせん)・・昭和9年生まれ。祖父八扇佐七から茶陶を学び、上野、高取古窯研究家の美和弥之助に師事。昭和28年、高取焼窯元十三代を継ぐ。平成8年、パリ芸術際展で芸術大賞。平成13年、伝統工芸士会長。また、韓国に渡り古窯研究。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇きれいで、状態良好です。
    ◇20年~30年の作品。
  • 高取焼肩衝茶入 十四代 亀井味楽 造 高取焼肩衝茶入 十四代 亀井味楽 造 28,000円(内税)
    ◇亀井味楽(十四代)・・昭和六年、福岡市生。十三代味楽に師事。昭和35年、14代味楽襲名。福岡市無形文化財に指定される。平成13年に長男に15代目を譲り、「又生庵」の号名を受け、作陶を続けている。
    ◇状態良好です。(指摘あり) 箱経年感あり。
    ◇40年〜50年前頃の作品。
  • 高取焼茄子茶入 十四代 亀井味楽 造 高取焼茄子茶入 十四代 亀井味楽 造 28,000円(内税)
    ◇亀井味楽(十四代)・・昭和六年、福岡市生。十三代味楽に師事。昭和35年、14代味楽襲名。福岡市無形文化財に指定される。平成13年に長男に15代目を譲り、「又生庵」の号名を受け、作陶を続けている。
    ◇状態良好です。(指摘あり) 箱経年感あり。
    ◇40年〜50年前頃の作品。
  • 高取焼茶碗 十四代 亀井味楽 造  高取焼茶碗 十四代 亀井味楽 造  14,000円(内税)
    ◇亀井味楽(十四代)・・昭和六年、福岡市生。十三代味楽に師事。昭和35年、14代味楽襲名。福岡市無形文化財に指定される。平成13年に長男に15代目を譲り、「又生庵」の号名を受け、作陶を続けている。
    ◇出来のよい茶碗です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇20〜30年前頃の作品。
  • 高取焼四方耳付水指 十四代 亀井味楽 造  高取焼四方耳付水指 十四代 亀井味楽 造  35,000円(内税)
    ◇亀井味楽(十四代)・・昭和六年、福岡市生。十三代味楽に師事。昭和35年、14代味楽襲名。福岡市無形文化財に指定される。平成13年に長男に15代目を譲り、「又生庵」の号名を受け、作陶を続けている。
    ◇出来は、まぁまぁ良いです。
    ◇基本的にきれいで状態良好です。(指摘あり)
    ◇30年前頃の作品。
  • 平戸焼柴垣に梅・桜・菊図水指  今村悦山作  平戸焼柴垣に梅・桜・菊図水指 今村悦山作  35,000円(内税)
    ◇長崎県佐世保市の平戸悦山さんの作品です。現在、13代目ですが、当代か先代かは分かりません。
    ◇菊摘みの蓋や図柄が感じよいです。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 高取茶入 十三代 高取八仙 作 替仕覆付 高取茶入 十三代 高取八仙 作 替仕覆付 38,000円(内税)
    ◇高取八仙(たかとりはっせん)・・昭和9年生まれ。祖父八扇佐七から茶陶を学び、上野、高取古窯研究家の美和弥之助に師事。昭和28年、高取焼窯元十三代を継ぐ。平成8年、パリ芸術際展で芸術大賞。平成13年、伝統工芸士会長。また、韓国に渡り古窯研究。
    ◇薄造りで見た目より軽く、釉流れがきれいで出来のよい作品です。
    ◇作品はきれいで美品です。
    ◇20年〜30年前頃の作品。
  • 絵唐津竹蓋置 中里重利作  絵唐津竹蓋置 中里重利作  15,000円(内税)
    ◇中里重利・・昭和5年、十二代中里太郎衛門の三男として生まれる。父に師事し、技術的な面では古唐津を基本としている。昭和51年には日展の審査をつとめ翌年から会員となる。地域文化功労者表彰他。平成27年、没。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇きれいで美品です。
    ◇10年〜20年前頃の作品。
  • 御所丸沓碗 丸田正彦 作  御所丸沓碗 丸田正彦 作  35,000円(内税)
    ◇唐津焼の人気作家です。
    ◇勢いのある作品です。
    ◇御所丸という名前は、元々は古田織部の注文で朝鮮にて焼かれていた御本手茶碗の一種から由来しています。朝鮮との交易用の舟の名前「御所丸船」に積まれて秀吉に献上したとされる茶碗です。
    ◇きれいで、状態良好です。
    ◇平成6年頃の作品。(栞より)
  • 銘「清流」茶杓  松濤玄機書付  下削り-東竹斎 銘「清流」茶杓 松濤玄機書付 下削り-東竹斎 7,000円(内税)
    共箱・共筒・外紙箱付
    茶杓-長18.1cm
    ◇松濤 玄機(まつなみ げんき)・・大正14年 北九州市に生まれ。幼少の頃、荒谷賢城に就いて得度ののち、福岡市博多の崇福寺専門道場にて方谷浩明(12代大徳寺管長)のもとで修業する。昭和32年 大徳寺派妙湛寺 住職。昭和62年 大徳寺派古心寺 住職
    ◇共筒の栓が緩いです。少し筒にシミがありますが、その他は状態良好です。
    ◇20年〜30年前頃の作品。
30商品 1-12表示
  • 新着商品こちらから
  • 古美術・茶道具 買取館へリンク
  • 当サイトの使い方・変更点・サイトリニューアルについて

カテゴリーから探す

モバイルショップ

2022年1月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
水色:出張等による発送不可日です。

カテゴリーから探す

>