商品ID-181215685

干網之画平水指 阿漕窯(福森円二) 蓋−佐藤野州造 小堀明堂書付

0円(内税)

在庫状況 売約済み


   
2024年7月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
水色:出張等による発送不可日です。
◇阿漕窯(福森円二)・・阿漕焼は、安東焼を祖とした三重県の焼物。昭和6年、津市長の堀川美哉が伊賀出身の福森円二を招き、窯を補修、再興させた。茶陶を主体とした。円二は昭和52年、76歳で没す。
◇小堀明堂の箱書があり、蓋は佐藤野州です。感じのよい作品です。
◇佐藤野州・・大阪の指物師で、名工の三好木屑軒也二の弟子です。
◇作品は、基本的にはきれいで状態良好です。(指摘あり)
◇50年前頃の作品です。
◇小堀明堂(こぼり みょうどう)・・大正8年、京都生まれ。昭和12年、大徳寺に入り、福富雪底の高弟となり、その後、龍光院、芳春院、大光院の住職を歴任。大徳寺519代住持に就任。藤田寛道の師の一人。遠州流の茶人でもあった。昭和61年示寂。号は任雲。

カテゴリーから探す

>