商品ID-163287148

銘「八千代」松竹梅三本茶杓 立花大亀書付 下削-稲尾誠中斎

0円(内税)

在庫状況 売約済み


   
2021年9月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
水色:出張等による発送不可日です。
◇立花大亀・・明治32年、大阪府生。大徳寺塔頭徳禅寺住職を経て、大徳寺山内に如意庵を再興。昭和54年、大徳寺松源院を再建。平成17年、遷化。
◇八千代・・永遠を意味する。末長く幸せが続くことを願うことを表現している言葉で、結婚や歳の節目のお祝いの席などにぴったりな「銘」です。
◇大亀和尚の卒寿(90才)を記念して、稲尾誠中斎が松竹梅の茶杓を作った作品です。
◇作品は、きれいで状態良好です。
◇平成2年頃の作品。
◇稲尾誠中斎(誠中)・昭和22年、京都生。京指物を家業とする家に生まれ、祖父からの技法を基本として教えられる。建仁寺前々管長、竹田益州老師より拝号した誠中斎の号を京指物継承30周年の節目の年に当たり、建仁寺現管長・小堀泰厳老師のご承諾を得て誠中斎改め誠中とする。

カテゴリーから探す

>