購入数


   
2021年10月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
水色:出張等による発送不可日です。
◇田原陶兵衛(十二代)・・大正14年生。萩焼深川本窯の次男。兄の11代陶兵衛に師事。昭和31年12代陶兵衛を襲名。古萩の技法の再現に心血を注ぎ、その功績により昭和56年山口県から無形文化財保持者に認定される。平成3年没。
◇方谷浩明和尚の自筆で「百花為誰開」を茶碗に書かれています。
◇作品は状態良好です。(箱に指摘あり)
◇40年〜50年前頃の作品。
◇方谷 浩明・・室号桃源室。大正2年、福岡県姪浜市生まれ。昭和14年相国僧堂に掛搭。山崎大津櫪堂両老師に参じ、櫪堂老師に嗣法する。この間、同年、僧堂在錫のまま安養寺住職を拝命。同23年花園大学講師。同27年、崇福僧堂師家。同41年には大徳寺派管長に就任。横嶽の古跡瑞雲寺の復興に尽力、同55年、師家退任後は瑞雲寺に閑栖する。平成7年、遷化。世寿82
◇百花為誰開(ひゃっか たがために ひらく)・・花は誰のために咲くというわけでもなく、その時期が来れば咲く。それでも、誰かの心に安らぎをもたらしてくれる。全てのものには存在する意義があり、何かのために生きているというよりも、むしろ、ありとあらゆる物によって、生かされていると言える。

カテゴリーから探す

>