商品ID-156668412

「紅炉一点雪」軸 一行書 尾関宗園(桃林)筆 合箱

0円(内税)

在庫状況 売約済み


   
2021年1月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
水色:出張等による発送不可日です。
◇尾関宗園(おぜきそうえん)・・臨済宗大徳寺派 大徳寺頭塔大仙院 住職 号:桃林 昭和7年、奈良県に生まれ、高校3年仏門に入る。同30年 奈良大和郡山慈光院住職となる。同40年 弱冠33才で大徳寺塔頭大仙院住職となり現在に至る。現在 紫野大徳寺塔頭大仙院住職(宗教法人大仙院代表役員)、最高裁判所家事調停委員、国立京都工芸繊維大学講師
◇紅炉一点雪(こうろ いってんの ゆき)・・赤々と燃える炉の上に チラリと一片の雪が舞い落ちる瞬時に消えて跡形も残さないさま。心にある一つの念が湧き起こっても それにまったく執着せず 第二念を継がないこと。または、天地の長久に比べ 人の寿命が短いたとえ。
◇合箱です。基本的に基本的にきれいで状態良好です。(指摘あり)
◇30年前頃の作品。
>