商品ID-152595281

唐銅鬼面風炉 釜-畠春斎作 風炉-般若勘渓作

43,000円(内税)

在庫状況  1

購入数


   
2020年8月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
水色:出張等による発送不可日です。
◇釜は、高岡の初代畠春斎さんの作品です
◇般若勘渓(はんにゃかんけい)・・昭和8年、高岡市生まれ。香取正彦(人間国宝)・三代の父勘渓に師事。昭和40年に四代・勘渓を襲名。同57年、伝統工芸日本金工新作展奨励賞受賞他。
◇何回かは使用されていますが、基本的にきれいな方です。経年感は、多少あり。共箱は、汚れあり。
◇30年〜40年前頃の作品。
写真2枚目の蓋から、ややスレが多くなり、最後から3枚目から最後の写真の状態となりましたので、当初の4万5千円から2千円引きの4万3千円で販売する事になりました。
畠 春 斎 (初代)
明治41年   高岡市金屋町に生まれる。幼少の頃より、父米次郎について修行。
昭和16年 利久350年点に出品し、三千家家元鑑査合格。
昭和17年 第5回文展入選。県美術展にて知事賞を受賞。
昭和18年 第6回文展入選。
昭和19年 文部省認定芸術保存甲種作家に選ばれる。第1回軍事援護展にて受賞。
昭和20年 第1回日展入選。以後、昭和31年まで5回入選。
昭和25年 闘病生活のため、昭和27年まで製作を中断。
昭和29年 第10回日展にて、北斗賞を受賞。(網巴文四方釜)
昭和31年 三越本店にて第1回個展。以後、53年まで15回開催。
昭和32年 日ソ国交回復記念現代工芸美術展に出品し、ソ連政府に買上げられモスクワ博物館に収蔵。
第4回伝統工芸展入選。以後昭和56年まで連続出品。
昭和33年 天皇陛下富山行幸に際し、高岡市献上の「松喰鶴文真形釜」製作。
秩父宮家・高松宮家に高岡市献上品を製作。
昭和36年 日本工芸会富山支部創立、幹事長に就任する。
皇太子・妃両殿下富山行啓記念に富山県献上品を製作。
昭和37年 日本工芸会正会員に認定される。
昭和39年 第11回伝統工芸展にて会長賞受賞、文化庁に買上げられる。(七宝釜)
昭和40年 高岡市民功労者表彰を受ける。
富山県民功労者表彰を受ける。
冨山市立郷土博物館にて個展。
昭和44年 第16回伝統工芸展で鑑査委員を務める。冨山市立郷土博物館にて個展。
昭和45年 冨山新聞文化賞受賞。
昭和46年 第1回伝統工芸日本金工新作展に審査員出品(以後、連続出品)
昭和50年 高岡市文化財審議会委員に就任。
日本工芸会金工部評議員に就任。
昭和52年 北日本新聞文化賞を受賞。
昭和53年 三笠宮容子・憲仁両殿下、自宅及び工房に御成。
勲四等瑞宝章を受章。日本工芸会理事に就任。
昭和55年 英国帝室博物館でのジャパンスタイル展に出品。
昭和56年 5月2日逝去。
>