購入数


   
2021年1月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
水色:出張等による発送不可日です。
共箱・木製・共裂付
胴径7.2cm×高7.3cm
◇二代前端春斎(雅峯)・・石川県山中の木地師前端春斎(初代)の子として生まれ、少年期より父の仕事を手伝う傍らで蒔絵技術を修得、その後、家事に従業したが更なる技術向上を求めて1961年には塗師村田道寛に茶道具形成を、また加賀蒔絵の技法を保谷美成に師事。以降は山中塗の伝統技法を基本としながら棗、菓子皿などの茶道具を中心に秀作を残す。 作品はローマ法王・天皇陛下・高円宮殿下献上など栄を賜る。 現在は長男が3代春斉を襲名。
◇表千家・兼中斎宗完宗匠の書付があります。
◇状態良好です。
◇20年~30年前頃の作品。

<写真の補足説明>
【3〜4枚目】中は、銀地です。やや黒ずんでます。(銀地は空気に触れると酸化するので仕方がないです。)
多少の使用感・経年感はありますが、仕方がない程度で状態良好です。
【5枚目】赤矢印-図柄を合わせる箇所あり。
【6枚目】裏-宗完(兼中斎)の花押あり 共裂付
堀内宗完(兼中斎)・・・大正8年京都に生まれる。昭和19京都年帝国大学理学部卒業。昭和21年、兄・幽峯斎宗完の死去に遭い、長生庵を継ぐ。同年表千家不審菴入門、以後内弟子として表千家家元・即中斎宗匠に師事。また建仁寺竹田益州老大師より兼中斎の斎号を受く。昭和28年十二代堀内宗完を襲名する。平成9年、甥の堀内国彦氏が宗完を継ぎ、著者は宗心を名のる。平成11年、表千家家元より的伝を受ける。 平成27年、没。
【最後から2枚目】共箱-鱗鶴蒔絵黒棗 内銀 春斎
【最後】箱蓋裏-鱗つる蒔絵黒大棗 宗完

>