購入数


   
2021年7月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
水色:出張等による発送不可日です。
共箱・共裂・栞付
横10.6cm×奥行5.5cm×高2cm
◇黒田宗傳(三代)・・初代宗傳は、十代黒田正玄の次男として生まれる。万国博覧等に出品し主なる賞を受賞。三代は、二代宗傳の長男として生まれ、昭和37年後藤瑞巖老大使の勧めにより三代宗傳を襲名する。昭和42年、建仁寺管長竹田益州大使より弄竹軒の軒号を贈られる。
◇表千家・十二代久田宗也(尋牛斎)の書付があります。
◇きれいで状態良好です。
◇平成2年の作品。

<写真の補足説明>
【2枚目】感じのよい作品です。
【4枚目】中-尋牛斎花押 中が、松で、形が扇・竹の材料で目出た尽くしです。
【5枚目】宗傳印
【6枚目】共箱-十ノ内 共裂・栞付
【7枚目】箱底面-弄竹軒黒田宗傳
箱蓋裏-扇面形竹香合 平成二 庚午年 御大禮の節造る 尋牛斎
十二代 久田宗也(尋牛斎)・・大正14年、生まれ。表千家流久田家12代。表千家13代千宗左にまなぶ。表千家流茶道教授として活躍。博識で知られ,「茶の道具」「茶の湯用語集」などの著作がある。不審庵理事をつとめた。平成22年没。85歳。京都出身。京大卒。
【最後から2枚目】昭和3年に昭和天皇が京都御所で御買い上げ頂いた扇面形香合の形を用いて、平成2年に造った作品です。38万円で販売されていたようです。

カテゴリーから探す

>