商品ID-151317519

銘「西江水」青磁平水指 手塚祥堂作 立花大亀書付

35,000円(内税)

在庫状況  1

購入数


   
2021年7月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
水色:出張等による発送不可日です。
共箱・無傷
最大径28.2cm×高12.4cm(蓋閉じ時)
◇京都の手塚祥堂さんの作品です。
◇立花大亀・・明治32年、大阪府生。大徳寺塔頭徳禅寺住職を経て、大徳寺山内に如意庵を再興。昭和54年、大徳寺松源院を再建。平成17年、遷化。
◇西江水・・揚子江の水です。
◇作品は、きれいで状態良好です。
◇重さは、見た目より重いです。
◇20年~30年前頃の作品。

<写真の補足説明>
【2枚目】木製の塗蓋です。金具に極小の経年による腐食がありますが、仕方なく、特にきにならないと思います。
【4枚目】祥堂印 重さは、見た目よりも重いです。分厚めです。
【5枚目】箱蓋裏-西江水 紫野大亀花押 力強いよい字です。
西江水とは、揚子江の水の事で、禅語に↓があります。
一口吸盡西江水 洛陽牡丹新吐蘂(いっくにきゅうじんすせいこうのみず らくようのぼたんあらたにずいをはく)・・大河の水一切を飲み尽くせば、忽然と大輪の牡丹の花が咲く。 無から有が生まれ出る。悟りの境地と自由なはたらきを表しています。利休は大徳寺の古渓和尚に参じて、この「一口吸盡西江水」の語によって悟りを開いたといわれております。
【最後から2枚目】箱-多少、経年感あり。箱蓋表-平水指 祥堂造(大亀和尚の字です。) 箱側面-青磁平水指 平安祥堂
【最後】本体は、胴径27.8cm×高11.4cmです。 蓋は直径28.2cm×高12.4cm(蓋を閉じた時) 蓋を開けた時高13.5cm

カテゴリーから探す

>