購入数


   
2022年1月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
水色:出張等による発送不可日です。
共箱・無傷・共裂付
胴径11.6cm×高8cm
◇真葛香斎(初代)・・明治30年生。父の三代宮川香斎に師事。大正4年頃、北大路魯山人に作陶の手ほどきを受ける。昭和5年、帝展に初入選。同九年、久田家・無適斎より真葛焼の箱書きを頂き、真葛香斎を名乗る。後、即中斎・淡々斎の箱書を頂くようになる。昭和47年隠居、昭和62年に没す。
◇作品はきれいで状態良好です。
◇50年~70年前頃の作品。

<写真の補足説明>
【2枚目】中-状態良好です。
【3枚目】真葛印
【4枚目】共箱-経年感・蓋反りあり。 底面-香斎
【最後から2枚目】箱蓋-立鶴茶碗 ・共裂付
【最後】やや横に広めで、そんなに高くはありません。

カテゴリーから探す

>