2022年1月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
水色:出張等による発送不可日です。
共箱・無傷・共裂
胴径9.8cm×高8.7cm
◇寒川栖豊(二代)昭和21年生まれ。父は紀州焼葵窯で那智黒釉を創始した初代栖豊。父に師事し、51年、2代栖豊襲名。那智黒を中心として、那智黒と色絵、色釉の組み合わせによる優美な茶陶を制作。
◇裏千家・鵬雲斎宗匠の書付があります。
◇状態良好です。
◇30年〜40年前頃の作品。

<写真の補足説明>
【2枚目】中-状態良好です。
【3枚目】栖豊印
【4枚目】やや小振りです。 栖豊らしい、よい那智黒茶碗です。
【6枚目】共箱-多少、経年感あり。 青矢印-ヘコミあり。共裂付・栞も付いてます(ややシワ多めです。写真は忘れてました。)
【最後から2枚目】箱底面-那智黒 紀州焼葵窯 栖豊造
【最後】箱蓋裏-紀州焼 那智黒 鵬雲斎宗匠の花押

カテゴリーから探す

>