購入数


   
2021年4月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
水色:出張等による発送不可日です。
共箱・無傷・共裂付
胴径12.2cm×高9cm
◇井上武(いのうえたけし)・・昭和6年備前市生まれ。備前陶芸センター終了後窯を築き独立。日本伝統工芸展他入賞。
◇金彩のような独特の備前で出来の良い作品です。
◇表千家・堀内宗完(兼中斎)の書付があります。
◇きれいで、美品です。
◇20年前頃の作品。

<写真の補足説明>
【2枚目】中-きれいです。
【3枚目】別角度-黒が強い面
【4枚目】井上武印
【5枚目】共箱-上質な箱です。・共裂付
【6枚目】箱底面-備前茶碗 武造
書付の為に箱を作り直したのでしょう。青矢印が縦方向面で、縦方向に沿わして作ると箱書きが入らなかったため、横方向で作らている。
【最後から2枚目】箱蓋裏-備前茶碗 銘 春の海 宗完
十二代 堀内宗完(兼中斎)・・・大正8年京都に生まれる。昭和19年京都帝国大学理学部卒業。昭和21年、兄・幽峯斎宗完の死去に遭い、長生庵を継ぐ。同年表千家不審菴入門、以後内弟子として表千家家元・即中斎宗匠に師事。また建仁寺竹田益州老大師より兼中斎の斎号を受く。昭和28年、十二代堀内宗完を襲名する。平成9年、甥の堀内国彦氏が宗完を継ぎ、宗心を名のる。平成11年、表千家家元より的伝を受ける。平成27年、没。
【最後】堀内宗完宗匠が、暗い部分から明るい部分に変わるのを見て「春の海」と銘を付けられたのでしょう。
>