古美術・掛軸・近代作家作品

30商品

おすすめ順 価格順 新着順

30商品 1-12表示
  • 摸粉引酒壷(徳利) 横井米禽 造 摸粉引酒壷(徳利) 横井米禽 造 30,000円(内税)
    ◇横井米禽(べいきん)・・本業(古美術商)の傍ら作陶にいそしみ、研究・研鑽を重ね、大正13年には東雲焼窯を譲り受けて作陶に励んだ。 朝鮮系のものから伊賀などの和物に安南まで幅広く手がけ、なりよりどれも実にお茶に適っているので茶席で取り合わせるに重宝し、現在でも人気が高い。茶陶のすべてを手がけ、専門の陶工顔負けの名作を残した。昭和16年没。享年56歳。
    ◇出来のよい作品です
    ◇状態良好です。
    ◇昭和初期頃の作品。
  • 「桃果」軸 岡本大更 筆 賛-矢野橋村 筆 「桃果」軸 岡本大更 筆 賛-矢野橋村 筆 23,000円(内税)
    共箱・紙本・軸先-骨
    高180cm×幅47cm(軸先含)
    ◇岡本大更・・明治十二年、三重県生。大阪画壇の画家。本名は直道。北野恒富らと巽画会大阪支部の結成に参加。大正三年に私塾「更彩画塾」を開く。一方、野田九浦、菅楯彦らと大阪美術展覧会を興し、さらに大阪市美術協会の設立に加わり、評議員をつとめた。また昭和十六年に結成された大阪日本画報国会では顧問をつとめた。美人画を得意とし、その作品は「近代的な浮世絵」と称された。昭和二十年、没。
    ◇賛は、南画家の矢野橋村(知道人)です。
  • 「剣南大道図」軸 福田眉仙 筆  「剣南大道図」軸 福田眉仙 筆  20,000円(内税)
    共箱・紙本・軸先-陶器
    高196cm×幅38.5cm(軸先含)
    ◇福田眉仙・・明治8年兵庫県赤穂郡相生生まれ。久保田米僊に師事する。昭和33年十年近くをかけて製作した中国絵巻30巻を完成。35年コロンビヤ大学に湯川秀樹を通じ寄付する。この間、23年兵庫県文化賞、30年神戸新聞平和賞を受賞する。昭和38年歿、享年88歳。
    ◇美術年鑑物故掲載作家。
    ◇ややシミ・巻シワありますが、それ以外状態良好です。
    ◇昭和初期頃の作品。
  • 「春・筏下りの図」軸 森月城 筆 「春・筏下りの図」軸 森月城 筆 28,000円(内税)
    合箱・絹本・軸先-骨
    高209cm×幅71.2cm(軸先含)
    合箱です。
    ◇森月城(もりげつじょう)・・明治20年、兵庫県加東郡に生まれる。竹内栖鳳に師事する。同41年文展に初入選、以後文展にも入選。兵庫県の日本画振興に尽力、戦後の27年兵庫県文化賞受賞、昭和36年歿、享年74歳。美術年鑑物故掲載作家。
    ◇よく描かれた、感じのよい作品です。
    ◇状態良好です。
    ◇50年~60年前頃の作品。
  • 「長寿(亀・薔薇・霊芝)の図」 軸 島琴江 筆 「長寿(亀・薔薇・霊芝)の図」 軸 島琴江 筆 25,000円(内税)
    合箱・紙本・軸先-木製
    高187cm×幅63.3cm(軸先含)
    ◇島琴江(しまきんこう)・・姫路藩のお抱え絵師の島琴陵(沈南蘋派の画家)の子で、文政4年に姫路で生まれる。絵画の作品の多くは父に似た絵で、姫路では有名な画家の一人である。明治32年、没。
    ◇亀(長寿の象徴的な生き物)・薔薇(枯れない花)・霊芝(中国で珍重された不老長寿の仙薬)の長寿を意味する図が描かれています。敬老の日・長寿のお祝いに。
    ◇よく描かれています。
  • 銀彩草花文小壺 松本佐一 作 銀彩草花文小壺 松本佐一 作 8,000円(内税)
    共箱・無傷・栞付
    胴径9cm×高12.2cm
    ◇松本佐一・・昭和5年、金沢市生。天保年間創業の名工・松本佐瓶が曽祖父。金沢美大卒。以降入選多数。平成11年、石川県九谷焼無形文化財保持者となる。
    ◇この色は、ローマン硝子の白銀色に輝くその美しさを現代に再現しようと出来たのが銀彩で、黒味を帯びた感じの銀化です。
    ◇未使用品だと思います。
    ◇昭和53年頃の作品。(栞より)
  • 蝶文花入 加藤鈔 造 蝶文花入 加藤鈔 造 4,500円(内税)
    共箱・無傷
    胴径10cm×高18.9cm
    ◇加藤鈔(かとうしょう)・・昭和2年生。先々代丈助は赤津窯系譜18世景徳の養子で、21世にあたる。平成9年瀬戸市無形文化財、平成12年、愛知県無形文化財保持者に認定される。平成13年、没。
    ◇きれいで、状態良好です。
    ◇20年~30年前頃の作品。
  • 錦撫子文花入 (小) 十三代 柿右衛門窯  錦撫子文花入 (小) 十三代 柿右衛門窯  11,000円(内税)
    共箱・無傷
    胴径9m×高8.2cm
    ◇十三代酒井田柿右衛門の窯作です。
    ◇かわいらしいサイズの花入です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇酒井田柿右衛門(十三代)・・明治39年生。昭和30年、12代と共に江戸中期以降絶滅した濁し手素地の復元に成功。同38年、十三代襲名。昭和46年に濁し手の技法が重要無形文化財に総合指定された。昭和57年没。
    在庫、もう一個あり。(ほとんど同じです)
  • 染錦瓢文夫婦湯呑 二客 十三代 柿右衛門窯 染錦瓢文夫婦湯呑 二客 十三代 柿右衛門窯 20,000円(内税)
    共箱・無傷・栞付
    (大)蓋径8cm×高10.8cm(蓋含)
    (小)蓋径7.5cm×高9.9cm(蓋含)
    ◇十三代酒井田柿右衛門の窯作です。
    ◇伝統的な図柄で、柿右衛門窯らしいキッチリした作品です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇40年~50年前頃の作品。
  • 双鶏置物 六代 清水六兵衛 造 双鶏置物 六代 清水六兵衛 造 7,000円(内税)
    共箱・無傷・栞・共裂付
    大-横8.6cm×奥行14cm×高19cm
    小-横5.9m×奥行12cm×高6.5cm
    ◇清水六兵衛(六代)・・明治34年五代清水六兵衛の長男として生れる。父から陶芸を学び、昭和21年六代目を襲名する。昭和51年には文化功労者に。昭和55年没。
    ◇作品はきれいで状態良好です。
    ◇50年前頃の作品。
  • 照明具 松本佐一 作 照明具 松本佐一 作 20,000円(内税)
    共箱・無傷・陶器製・栞付
    横16.1cm×奥行16.1cm×高22.7cm
    ◇松本佐一・・昭和5年、金沢市生。天保年間創業の名工・松本佐瓶が曽祖父。金沢美大卒。以降入選多数。平成11年、石川県九谷焼無形文化財保持者となる。
    ◇オブジェ風の照明具で、感じが良いです。
    ◇作者の印はありませんが、箱の大きさや作品から間違いございません。
    ◇平成六年頃の作品。(栞より)
  • 双鶴置物 初代 和田桐山 造 双鶴置物 初代 和田桐山 造 17,000円(内税)
    共箱・無傷
    横16.4cm×奥行15.2cm×高10.4cm
    ◇和田桐山(初代)・・明治43年、尼崎市に築窯。多くの陶工を擁し、茶陶の逸品を製した。昭和42年没。現在、四代目。
    ◇感じのよい作品です。
    ◇状態良好です。
    ◇50年~80年前頃の作品。
30商品 1-12表示
>