菓子器

30商品

おすすめ順 価格順 新着順

30商品 1-12表示
  • 模呉須赤絵福字鉢 初代 三浦竹泉 造 <img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons3.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 模呉須赤絵福字鉢 初代 三浦竹泉 造  28,000円(内税)
    ◇三浦竹泉(初代)・・安政元(1854)年、京都生。三代・高橋道八に師事し、五条坂に独立開窯。創作の才に富み、巧みに西洋の色釉を磁器に使うなど新しい技法を開発した。画を田能村直入に学ぶ。大正5年、没。現在、五代目。
    ◇明時代の古赤絵の写で、虫喰も作られているので、傷っぽく見えるかもしれませんが、無理とです。
    ◇作品は、状態良好です。
    ◇明治期頃の作品。
  • 乾漆葉牡丹青海盆 二代 山田楽全 作 <img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons1.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 乾漆葉牡丹青海盆 二代 山田楽全 作  10,000円(内税)
    ◇山田楽全(二代)・・大正四年、京都市生まれ。父の初代楽全に師事。昭和25年、二代楽全襲名。京都府工芸美術作家協会副理事長。京都漆芸家協会委員。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 倣赤絵呉須鉢 三代 三浦竹泉 造 倣赤絵呉須鉢 三代 三浦竹泉 造 23,000円(内税)
    ◇三浦竹泉(三代)・・明治33年京都生まれ。初代竹泉の三男。京都美術工芸学校を卒業後、父に陶業を学ぶ。長兄の二代竹泉が早逝するにおよんで、大正10年、三代竹泉を襲名。昭和9年、四代襲名とともに分家独立し、竹軒と改号する。昭和17年、第1回技術保持者に認定される。独自の境地を開き、特に仁清・乾山風を好み、また新時代の感覚を作品の形態・釉薬に表現する。昭和36年、フランス交歓陶芸展にて入選。平成2年、歿、90歳
    ◇状態良好です。共箱-多少難あり
    ◇大正10年~昭和9年の作品。
  • 雲錦文鉢 五代 加藤幸兵衛 造 雲錦文鉢 五代 加藤幸兵衛 造 12,000円(内税)
    ◇五代 加藤幸兵衛(一八九三年〜一九八二年)は、青磁、金襴手、染付、赤絵、天目など中国陶磁をはじめ、乾山、李朝など幅広い技法を駆使し、昭和48年には岐阜県重要無形文化財保持者の認定を受けるなど、現在の幸兵衛窯の礎を築き上げた、いわば中興の祖といえます。
    ◇感じのよい作品です。
    ◇状態良好です。(指摘あり)
    ◇50年前頃の作品。
  • 志野鉢 加藤十右衛門 造 志野鉢 加藤十右衛門 造 22,000円(内税)
    ◇加藤十右衛門・・明治27年生。美濃大平の陶祖、加藤景豊の流れをくむ。昭和15年大菅に八坂窯を開窯。岐阜県無形文化財保持者に認定される。昭和49年没、享年81歳。
    ◇本人作です。
    ◇状態良好です。
    ◇50年~70年前頃の作品。
  • 萩焼七宝透鉢 十二代 田原陶兵衛 造  萩焼七宝透鉢 十二代 田原陶兵衛 造  8,000円(内税)
    ◇中と底面が黒くシミになっています。
    ◇田原陶兵衛(十二代)・・大正14年生。萩焼深川本窯の次男。兄の11代陶兵衛に師事。昭和31年12代陶兵衛を襲名。古萩の技法の再現に心血を注ぎ、その功績により昭和56年山口県から無形文化財保持者に認定される。平成3年没。
    ◇七宝透かしなので、感じはよいと思います。
    ◇指摘以外は、基本的に状態良好です。
    ◇30年〜40年前頃の作品。
  • 粉青縄簾文鉢 申相浩 作  粉青縄簾文鉢 申相浩 作  10,000円(内税)
    ◇申相浩・・昭和22年、韓国ソウル生。昭和50年、弘益大学校産業美術大学院修士課程卒業。昭和56年から現在まで弘益大学教授、この間平成10年〜15年まで美術大学学長を務める。現在、弘益大学校産業美術大学院院長、世界陶磁器博覧会財団の顧問委員。
    ◇割と出来はよいです。
    ◇作品はきれいで状態良好です。
    ◇比較的大きめです。
    ◇30年〜40年前頃の作品。
  • 黄交趾菓子鉢 二代 赤沢露石 造 黄交趾菓子鉢 二代 赤沢露石 造 14,000円(内税)
    共箱・無傷・共裂・栞付
    胴径18.4cm×高9.1cm
    ◇赤沢露石(二代)・・京都生。初代に師事し、大正四年二代赤沢露石を継承する。昭和18年交趾焼の技術保存作家(マル技)に認定される。現在、四代目。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇状態良好です。
    ◇50年前頃の作品。
  • 黄伊羅保片口形鉢 五代 清水六兵衛 造 黄伊羅保片口形鉢 五代 清水六兵衛 造 12,000円(内税)
    共箱・無傷
    横20.2cm×奥行18.9cm×高10.2cm
    ◇清水六兵衛(五代)・・明治8年京都生。アールヌーボーなど美術思想を学び、陶磁の改革運動に参画、昭和2年の帝展美術工芸部の新設に尽力した。画才に恵まれ、絵画意匠の絵付陶や釉薬の研究で新しい色調とモダンな感覚の創作陶器が多い。大正11年にはフランスのサロン・ドートンヌ美術部会員に推薦され、昭和5年帝国美術院会員となった。昭和34年、没。
    ◇状態良好です。箱、難あり
    ◇60年~70年前頃の作品。
  • 呉須赤絵菓子鉢 丹山窯 小峠葛芳 造 呉須赤絵菓子鉢 丹山窯 小峠葛芳 造 23,000円(内税)
    共箱・無傷・共裂・栞・外紙箱付
    胴径21.2cm×高9.5cm
    ◇小峠葛芳(丹山)・・昭和21年姫路生。島岡達三に師事する。昭和49年京都・宇治炭山に丹山窯を開く。日本工芸会正会員。茶陶中心。
    ◇状態良好です。(指摘あり)
    ◇昭和61年以降頃の作品。(栞より)
  • 色絵彩鉢 番浦史郎 造 色絵彩鉢 番浦史郎 造 10,000円(内税)
    共箱・無傷・栞付
    胴径20.8cm×高9.1cm
    ◇番浦史郎・・昭和16年京都生。父は、漆芸作家の番浦省吾。河村熹田朗に師事し、伊賀上野に築窯する。琳派風の絵付けをよくこなす。代表作に日経大阪本社、花園大学の陶壁画がある。平成13年、没。
    ◇きれいで、未使用品だと思います。
    ◇平成2年頃の作品(栞より)。
  • 雲錦絵小袖銘々盆五枚 二代 鈴木表朔 造 雲錦絵小袖銘々盆五枚 二代 鈴木表朔 造 14,000円(内税)
    >共箱・木製・共紙
    横19.3cm×奥行14.9cm×高0.6cm
    ◇鈴木表朔(二代)・・明治38年京都生。初代表朔に師事する。昭和12年パリ万国博銀賞受賞他。平成3年没。現在、三代目。
    ◇状態良好です。
    ◇50年~60年前頃の作品。
    ◇写真3枚目 裏面-印はありませんが、雲錦絵小袖銘々盆の題書や箱と中身の大きさが合っているので、間違いありません。
30商品 1-12表示
>