蓋置

38商品

おすすめ順 価格順 新着順

38商品 1-12表示
  • 金紫銅モール一葉蓋置 大西清右衛門(浄心)造 <img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons8.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 金紫銅モール一葉蓋置 大西清右衛門(浄心)造  SOLD OUT
    ◇十五代大西清右衛門(浄心)・・十四代浄中の次男として大正13年生まれる。九州大学卒業後、京都大学大学院、京都美術学校専攻科にて学ぶ。昭和三十五年に十五代大西清右衛門を襲名。千家の好みの釜を多く作った。京釜についての執筆も旺盛に行い、多くの論文を残した。平成14年、没。現在、十六代目。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇烽玉箱・・大西浄心の奥様の雅号で、浄心の晩年箱書きの代筆をする。
    ◇20年〜30年前頃の作品 。
  • 乾山梅蓋置  加賀瑞山 造  乾山梅蓋置 加賀瑞山 造  3,500円(内税)
    ◇三重県の万古焼の加賀瑞山さんの作品です。現在三代目ですが、初代位の作かと思われます。
    ◇状態良好です。
    ◇40年〜50年前頃の作品。
  • 膳所焼黄交趾つくね蓋置 陽炎園 作 膳所焼黄交趾つくね蓋置 陽炎園 作 4,000円(内税)
    ◇陽炎園(岩崎新定)・・・大正2年生。遠州七窯の一つ、膳所焼の窯を復興した父・健三に師事。昭和60年滋賀県文化賞受賞。昭和62年膳所焼美術館を設立
    ◇作品はきれいで状態良好です。
    ◇20年〜30年前頃の作品。
  • 雲華焼 彫文輪蓋置 山崎宗元作 雲華焼 彫文輪蓋置 山崎宗元作 12,000円(内税)
    ◇山崎宗元(二代)・・大正12年、京都生。父の初代宗元は、昭和9年に一家をあげて加賀に移り、風炉師を創業。雲華焼を初代に、彫刻を都賀田勇馬に師事。昭和35年、二代宗元を襲名。品格のある茶陶づくりに専念する。
    ◇感じのよい作品です。
    ◇作品は状態良好です。箱汚れあり
    ◇50年前頃の作品。
  • 萩焼手捏蓋置 十二代 田原陶兵衛 造  萩焼手捏蓋置 十二代 田原陶兵衛 造  7,000円(内税)
    ◇田原陶兵衛(十二代)・・大正14年生。萩焼深川本窯の次男。兄の11代陶兵衛に師事。昭和31年12代陶兵衛を襲名。古萩の技法の再現に心血を注ぎ、その功績により昭和56年山口県から無形文化財保持者に認定される。平成3年没。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇作品は状態良好です。箱汚れあり
    ◇50年〜60年前頃の作品。
  • 松透し蓋置  二代 真葛香斎 作  松透し蓋置 二代 真葛香斎 作  SOLD OUT
    ◇真葛香斎(二代)・・大正11年、東京生。清水六兵衛に指導を受ける。のち、父・香斎のもとで茶道具製作に専念する。昭和47年、二代真葛香斎(五代宮川香斎)を襲名。平成14年、隠居し治平を名乗る。現在、三代真葛香斎(六代宮川香斎)。
    ◇感じのよい作品です。
    ◇作品は、 きれいで状態良好です。
    ◇20年〜30年前頃の作品。
  • 絵唐津竹蓋置 中里重利作  絵唐津竹蓋置 中里重利作  15,000円(内税)
    ◇中里重利・・昭和5年、十二代中里太郎衛門の三男として生まれる。父に師事し、技術的な面では古唐津を基本としている。昭和51年には日展の審査をつとめ翌年から会員となる。地域文化功労者表彰他。平成27年、没。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇きれいで美品です。
    ◇10年〜20年前頃の作品。
  • 蝋型 丑(牛)蓋置 大森孝志作  蝋型 丑(牛)蓋置 大森孝志作  SOLD OUT
    ◇大森孝志・・高岡市の作家。昭和27年生まれ。高校卒業後、須賀松園(国指定無形文化財保持者)に師事し、蝋型鋳造技術を習得。昭和53年独立する。平成3年、高岡市伝統工芸産業優秀技術者受賞(蝋型鋳造部門)他。
    ◇面白味のある蝋型鋳造作品です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇20年〜30年前頃の作品。
  • 鵬雲斎好銀杏蓋置 十四代 宮崎寒雉 作 鵬雲斎好銀杏蓋置 十四代 宮崎寒雉 作 SOLD OUT
    ◇宮崎寒雉(十四代)・・昭和15年、金沢市生まれ。昭和39年、家業を継いで、釜師となる十二代・十三代宮崎寒雉に師事。平成6年に十四代を襲名した。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇10年〜20年前頃の作品。
  • 武蔵野蓋置 加賀瑞山 造 武蔵野蓋置 加賀瑞山 造 SOLD OUT
    ◇三重県・萬古焼の加賀瑞山さんの作品です。
    ◇感じのよい作品です。
    ◇印は見当たらないのですが、釉に埋もれていると思われます。
    ◇状態良好です。
    ◇30年〜40年前頃の作品。
  • 竹蓋置 炉風炉一双 ※平城山竹古竹材 川崎鳳嶽造 竹蓋置 炉風炉一双 ※平城山竹古竹材 川崎鳳嶽造 SOLD OUT
    共箱
    ◇川崎鳳嶽(かわさきほうがく)・・木竹工芸師 。昭和12年生まれ。薬師寺東塔1/80の模型を作っていた折、薬師寺 長老 故 橋本凝胤師の助言を頂き、茶道具の道へと進むこととなる。昭和62年、美智子皇后の来県の折、桜香合を献上。平成10年 奈良文化功労者表彰。奈良県工芸協会 相談役。平成28年、没。
    ◇奈良県の平城山の古竹で作られています。渋く、軽いです。
    ◇状態良好です。(指摘あり)
    ◇10年〜20年前頃の作品
  • 橋本陶正山 薩摩七宝文蓋置 橋本陶正山 薩摩七宝文蓋置 10,000円(内税)
    ◇初代 橋本 陶正山(号:正山)・・昭和4年、橋本陶正山窯を創立。昭和21年、東京小田急百貨店、大分トキワにて個展。昭和60年、二代目睦男が橋本陶正山を襲名する。
    ◇作品は状態良好です。箱経年感あり。
    ◇昭和初期〜中期頃の作品。
38商品 1-12表示
>