茶杓

14商品

おすすめ順 価格順 新着順

14商品 1-12表示
  • 銘「清流」茶杓  松濤玄機書付  下削り-東竹斎<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons15.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 銘「清流」茶杓 松濤玄機書付 下削り-東竹斎 7,000円(内税)
    共箱・共筒・外紙箱付
    茶杓-長18.1cm
    ◇松濤 玄機(まつなみ げんき)・・大正14年 北九州市に生まれ。幼少の頃、荒谷賢城に就いて得度ののち、福岡市博多の崇福寺専門道場にて方谷浩明(12代大徳寺管長)のもとで修業する。昭和32年 大徳寺派妙湛寺 住職。昭和62年 大徳寺派古心寺 住職
    ◇共筒の栓が緩いです。少し筒にシミがありますが、その他は状態良好です。
    ◇20年〜30年前頃の作品。
  • 銘「清友」茶杓 竹田益州書付 下削-高野宗陵 銘「清友」茶杓 竹田益州書付 下削-高野宗陵 15,000円(内税)
    共箱・共筒・外紙箱付
    長さ-18.1cm
    ◇竹田益州・・臨済宗の僧。建仁寺派第八代管長。大分生。竹田黙雷について修行。祥瑞寺・大仙寺を歴住、大徳寺執事長を経て建仁寺派管長になる。平成元年寂、92才。
    ◇樋のあるよい茶杓です。
    高野宗陵・・昭和12年京都生まれ。同31年より家業の竹工芸に従事し、藤井誡堂老師と出会ったことにより茶道具製作を始める。京都伝統工芸専門校講師他
    清友(せいゆう)・・交情の清らかな友。風雅の道を楽しみ合う友。
    ◇状態良好です。
  • 銘「四季の友」茶杓 長谷川寛州書付 銘「四季の友」茶杓 長谷川寛州書付 10,000円(内税)
    共箱・共筒
    長さ-18.6cm
    ◇長谷川寛州・・大徳寺の三玄院の前住職
    ◇太さのあるしっかりした茶杓です。
    ◇状態良好です。
    ◇30年~40年前頃の作品。
  • 銘「好日」茶杓 小堀卓巌書付 下削-高野宗陵 銘「好日」茶杓 小堀卓巌書付 下削-高野宗陵 15,000円(内税)
    共箱・共筒・共紙・外紙箱付
    長さ-18.1cm
    ◇小堀卓巌(卓巌宗芳)・・昭和6年、愛知県生。大徳寺塔頭孤篷庵十七代小堀実道について修業。昭和42年、孤篷庵住職となる。
    ◇煤竹の感じのよい茶杓です。
    ◇高野宗陵・・昭和12年京都生まれ。同31年より家業の竹工芸に従事し、藤井誡堂老師と出会ったことにより茶道具製作を始める。京都伝統工芸専門校講師他。
    ◇作品はきれいで状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 銘「緑水」茶杓 野村太仙書付 下削-東竹斎 銘「緑水」茶杓 野村太仙書付 下削-東竹斎 8,000円(内税)
    共箱・共筒・紙外箱付
    茶杓-長18.3cm
    ◇野村太仙・・大徳寺派 観音寺 (福岡県芦屋町)の住職。
    ◇青山緑水 (せいざんりょくすい)・・青い山、緑の水。雄大な自然の情景。
    ◇状態良好です。
    ◇20年~30年前頃の作品。
  • 銘「紅葉狩」茶杓 福本積應書付 下削-影林宗篤 銘「紅葉狩」茶杓 福本積應書付 下削-影林宗篤 7,000円(内税)
    共箱・共筒・紙外箱付
    茶杓-長18.4cm
    ◇福本積應(せきおう)・・昭和5年、京都生。同15年、大徳寺養徳院の完應和尚に得度。大徳寺歓渓和尚の弟子となる。昭和34年、招春寺の住職を任せられる。昭和58年宝林寺第17世住職を命ぜられる。
    ◇きれいで美品(未使用?)です。
    ◇10年前頃の作品。
  • 銘「朝霧」茶杓 藤田寛道書付 下削-影林宗篤作 銘「朝霧」茶杓 藤田寛道書付 下削-影林宗篤作 10,000円(内税)
    共箱・共筒
    茶杓-長18.2cm
    ◇藤田寛道・・大正15年、京都生。小田雪窓・方谷浩明について修行。大燈国師遠忌の激務を務める。昭和49年、大徳寺雲林院住職に就任。昭和60年遷化。60歳。
    ◇7月(8月)によく使われる銘です。
    ◇朝霧・・朝方に立つ霧。
    ◇きれいで、状態良好です。
    ◇40年前頃の作品。
  • 銘「洗心」茶杓 小野澤虎洞書付 下削-吉田高仙作 銘「洗心」茶杓 小野澤虎洞書付 下削-吉田高仙作 18,000円(内税)
    共箱・共筒・外紙箱付
    長さ-18.1cm
    ◇小野澤虎洞(おのさわこどう)・・昭和17年、静岡県生。同44年、聚光院先住の小野澤寛海ので弟子となる。同55年、聚光院副住職に就任。平成2年、聚光院住職。
    吉田高仙・・奈良県生駒市の竹芸師。
    ◇面白味のある茶杓です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇10年~20年前頃の作品。
  • 銘「初雪」茶杓 福本積應書付 下削-影林宗篤作 銘「初雪」茶杓 福本積應書付 下削-影林宗篤作 7,000円(内税)
    共箱・共筒・紙外箱付
    茶杓-長18.6cm
    ◇福本積應(せきおう)・・昭和5年、京都生。同15年、大徳寺養徳院の完應和尚に得度。大徳寺歓渓和尚の弟子となる。昭和34年、招春寺の住職を任せられる。昭和58年宝林寺第17世住職を命ぜられる。
    ◇きれいで、美品(未使用?)です。
    ◇10年前頃の作品。
  • 銘「野分」茶杓 福本積應書付 下削-宗林作 銘「野分」茶杓 福本積應書付 下削-宗林作 7,000円(内税)
    共箱・共筒
    茶杓-長18.2cm
    ◇福本積應(せきおう)・・昭和5年、京都生。同15年、大徳寺養徳院の完應和尚に得度。大徳寺歓渓和尚の弟子となる。昭和34年、招春寺の住職を任せられる。昭和58年宝林寺第17世住職を命ぜられる。
    ◇野分(のわき)・・秋から冬にかけて吹く暴風。特に、二百十日・二百二十日前後に吹く台風。のわきのかぜ。のわけ
    ◇状態良好です。
    ◇20年前頃の作品。
  • 銘「白露」茶杓 小田雪窓書付  銘「白露」茶杓 小田雪窓書付  28,000円(内税)
    ◇小田雪窓・・明治34年、鳥取県生。大徳寺506世住持。諱は宗甫、室号は蔵暉。503世後藤瑞巌の法を嗣ぐ。同25年、僧堂師家となり、昭和30年十一代管長に就任、のち開堂した。龍翔寺に住した。昭和41年、65才没。◇白露(はくろ)・・白く光って見える露。しらつゆ。8月の下旬から9月の下旬頃の初秋。◇感じのよい茶杓です。◇作品は、状態良好です。◇60年~70年前頃の作品です。
  • 銘「山の色」茶杓 下削-川本光春 小野澤虎洞書付 ※聚光院梅古木を以って 共箱・共筒・紙外箱付 銘「山の色」茶杓 下削-川本光春 小野澤虎洞書付 ※聚光院梅古木を以って 共箱・共筒・紙外箱付 SOLD OUT
    ◇作品は、きれいで状態良好です。◇10年前頃の作品。◇山の色は秋の銘。山色だと5月の銘、梅(材)だと2月。
14商品 1-12表示
>