茶杓

29商品

おすすめ順 価格順 新着順

29商品 1-12表示
  • 銘「ならの小川」茶杓 堀内宗完(兼中斎)書付 下削-谷村丹後 銘「ならの小川」茶杓 堀内宗完(兼中斎)書付 下削-谷村丹後 30,000円(内税)
    ◇十二代 堀内宗完(兼中斎)・・・大正8年京都に生まれる。昭和19年京都帝国大学理学部卒業。昭和21年、兄・幽峯斎宗完の死去に遭い、長生庵を継ぐ。同年表千家不審菴入門、以後内弟子として表千家家元・即中斎宗匠に師事。また建仁寺竹田益州老大師より兼中斎の斎号を受く。昭和28年、十二代堀内宗完を襲名する。平成9年、甥の堀内国彦氏が宗完を継ぎ、宗心を名のる。平成11年、表千家家元より的伝を受ける。平成27年、没。
    ◇銘「ならの小川」にぴったりの茶杓です。
    ◇きれいで状態良好です。
  • 銘「袖振」茶杓 武田宗延 書付  銘「袖振」茶杓 武田宗延 書付 SOLD OUT
    ◇武田宗延・・妙喜庵(京都府の臨済宗東福寺派の寺院で、千利休が作った国宝茶室「待庵」がある。)・武田士延和尚の先代住職で、昭和10年頃に没。
    ◇※豊公振袖松の枝を以って作られた茶杓です。
    ◇経年感・使用感・スレ等ありますが、時代的に考えると仕方がない程度です。
    ◇明治〜大正期頃の作品。
  • 銘「老松」茶杓 武田士延書付  銘「老松」茶杓 武田士延書付  SOLD OUT
    ◇武田士延・・昭和6年大阪府生。東福僧堂に掛塔、林恵鏡に参禅。同35年妙喜庵(京都府の臨済宗東福寺派の寺院で、千利休が作った国宝茶室「待庵」がある。)住職に就任。
    ◇豊公※振袖松を以って作られた茶杓です。※袖振松・・妙喜庵の庭前に、一株の老松があり、豊臣秀吉が通ったとき衣の袖が触れたということからこの名がつけられた。初代の松が、江戸時代に枯死し表千家六代覚々斉、七代如心斉、裏千家八代又玄斉がこの枝より作った老松の茶杓は、妙喜庵の名物となっています。
  • 銘「笹舟」茶杓 堀内宗完(兼中斎)書付 下削-谷村丹後 銘「笹舟」茶杓 堀内宗完(兼中斎)書付 下削-谷村丹後 30,000円(内税)
    ◇十二代 堀内宗完(兼中斎)・・・大正8年京都に生まれる。昭和19年京都帝国大学理学部卒業。昭和21年、兄・幽峯斎宗完の死去に遭い、長生庵を継ぐ。同年表千家不審菴入門、以後内弟子として表千家家元・即中斎宗匠に師事。また建仁寺竹田益州老大師より兼中斎の斎号を受く。昭和28年、十二代堀内宗完を襲名する。平成9年、甥の堀内国彦氏が宗完を継ぎ、宗心を名のる。平成11年、表千家家元より的伝を受ける。平成27年、没。
    ◇銘「笹舟」にぴったりの面白みのある茶杓です。
    ◇きれいで状態良好です。
  • 銘「谷川」茶杓  堀内宗完(兼中斎)書付 下削-谷村丹後 銘「谷川」茶杓 堀内宗完(兼中斎)書付 下削-谷村丹後 SOLD OUT
    ◇十二代 堀内宗完(兼中斎)・・・大正8年京都に生まれる。昭和19年京都帝国大学理学部卒業。昭和21年、兄・幽峯斎宗完の死去に遭い、長生庵を継ぐ。同年表千家不審菴入門、以後内弟子として表千家家元・即中斎宗匠に師事。また建仁寺竹田益州老大師より兼中斎の斎号を受く。昭和28年、十二代堀内宗完を襲名する。平成9年、甥の堀内国彦氏が宗完を継ぎ、宗心を名のる。平成11年、表千家家元より的伝を受ける。平成27年、没。
    ◇銘にぴったりの面白みのある茶杓です。
    ◇きれいで状態良好です。
  • 銘「寒雲」茶杓  三重野与雲書付  銘「寒雲」茶杓 三重野与雲書付  7,000円(内税)
    ◇三重野与雲(みえのようん)・・大徳寺・芳春院先々代住職。
    ◇共筒に使用スレ・シミありますが、茶杓は状態良好です。
    ◇30年〜40年前頃の作品。
  • 銘「蓬が嶋」茶杓  久田宗也(尋牛斎)書付 下削-黒田正玄 銘「蓬が嶋」茶杓 久田宗也(尋牛斎)書付 下削-黒田正玄 SOLD OUT
    ◇十二代 久田宗也(尋牛斎)・・大正14年、生まれ。表千家流久田家12代。表千家13代千宗左にまなぶ。表千家流茶道教授として活躍。博識で知られ,「茶の道具」「茶の湯用語集」などの著作がある。不審庵理事をつとめた。平成22年没。85歳。京都出身。京大卒
    ◇下削りは、千家十職の黒田正玄です
    ◇蓬が嶋・・中国の伝説にみえる、不老不死の仙人が住む理想郷のこと。蓬莱山、蓬莱島の事。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇20年〜30年前頃の作品。
  • 銘「瑞雲」茶杓  堀内宗完(兼中斎)書付 下削-竹玄 銘「瑞雲」茶杓 堀内宗完(兼中斎)書付 下削-竹玄 28,000円(内税)
    ◇十二代 堀内宗完(兼中斎)・・・大正8年京都に生まれる。昭和19年京都帝国大学理学部卒業。昭和21年、兄・幽峯斎宗完の死去に遭い、長生庵を継ぐ。同年表千家不審菴入門、以後内弟子として表千家家元・即中斎宗匠に師事。また建仁寺竹田益州老大師より兼中斎の斎号を受く。昭和28年、十二代堀内宗完を襲名する。平成9年、甥の堀内国彦氏が宗完を継ぎ、宗心を名のる。平成11年、表千家家元より的伝を受ける。平成27年、没。
    ◇作品は状態良好です。(指摘あり)
    ◇40年前頃の作品。
  • 銘「彩雲」茶杓 久田宗也(尋牛斎)書付  銘「彩雲」茶杓 久田宗也(尋牛斎)書付  38,000円(内税)
    ◇十二代 久田宗也(尋牛斎)・・大正14年、生まれ。表千家流久田家12代。表千家13代千宗左にまなぶ。表千家流茶道教授として活躍。博識で知られ,「茶の道具」「茶の湯用語集」などの著作がある。不審庵理事をつとめた。平成22年没。85歳。京都出身。京大卒
    ◇彩雲・・ めでたいことが起きる前兆を指す雲。
    ◇状態良好です。(筒に微妙にシミあり)
    ◇30年〜40年前頃の作品。
  • 銘「吉祥」茶杓  戸上明道書付  銘「吉祥」茶杓 戸上明道書付  8,000円(内税)
    ◇戸上明道(とがみ みょうどう)・・昭和10年三重県に生まれる、龍谷大学卒業、立命館大学院終了、玉龍寺(三重県)住職。
    ◇玉瀧寺の古竹の茶杓です。
    ◇作品はきれいで状態良好です。
    ◇20年前頃の作品。
  • 銘「松の緑」茶杓 上田義山下書付 下削-宗玄 銘「松の緑」茶杓 上田義山下書付 下削-宗玄 12,000円(内税)
    ◇上田義山・・明治24年生。足利紫山に参禅する。大徳寺510世を襲ぐ。塔頭高桐院に住す。昭和47年遷化。81歳。
    ◇蒔絵の茶杓が感じよいです。
    ◇作品は状態良好です。(指摘あり)
    ◇50年前頃の作品。
  • 銘「嵯峨野」茶杓  堀内宗完(兼中斎)書付 下削-谷村丹後 銘「嵯峨野」茶杓 堀内宗完(兼中斎)書付 下削-谷村丹後 SOLD OUT
    ◇表千家・堀内宗完(兼中斎)宗匠の書付作品です。
    ◇紅葉の美しい10月11月は紅葉の名所の銘嵯峨野(京都)
    ◇面白味のある茶杓です。
    ◇作品は状態良好です。(指摘あり)
    ◇30年前頃の作品。
29商品 1-12表示
>