19商品

おすすめ順 価格順 新着順

19商品 1-12表示
  • 小堀卓巌自筆書付 「無」黒平棗 岩倉秀磨作   小堀卓巌自筆書付 「無」黒平棗 岩倉秀磨作   17,000円(内税)
    ◇小堀卓巌(卓巌宗芳)・・昭和6年、愛知県生。大徳寺塔頭孤篷庵十七代小堀実道について修業。昭和42年、孤篷庵住職となる。
    ◇岩倉秀磨・・昭和13年生まれの加賀塗師。昭和63年、石川県山中町漆器研究所所長賞受賞他。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇10年~20年前頃の作品。
  • 鈴虫蒔絵平棗 内銀地 川瀬表完・蒔絵-鈴谷鉄五郎   竹田益州書付 鈴虫蒔絵平棗 内銀地 川瀬表完・蒔絵-鈴谷鉄五郎  竹田益州書付 SOLD OUT
    ◇作者は、京塗の二代川瀬表完の兄の方だと思われます。蒔絵は、輪島の鈴谷鉄五郎。
    ◇川瀬表完(二代)・・昭和8年、京都生。父・初代表完に師事。木村表斎を派祖とする表派の作風・技法を継承。京漆伝統工芸士会会長。平成7年、没。現在、東山表完は三代目。
    ◇竹田益州・・臨済宗の僧。建仁寺派第八代管長。大分生。竹田黙雷について修行。祥瑞寺・大仙寺を歴住、大徳寺執事長を経て建仁寺派管長になる。平成元年寂、92才。
    ◇感じのよい作品です。花押がやや縮れてる感じあり。
  • 大亀老師亀の絵大棗 稲尾誠中斎作 立花大亀書付 大亀老師亀の絵大棗 稲尾誠中斎作 立花大亀書付 SOLD OUT
    ◇稲尾誠中斎(誠中)・昭和22年、京都生。京指物を家業とする家に生まれ、祖父からの技法を基本として教えられる。建仁寺前々管長、竹田益州老師より拝号した誠中斎の号を京指物継承30周年の節目の年に当たり、建仁寺現管長・小堀泰厳老師のご承諾を得て誠中斎改め誠中とする。
    ◇立花大亀・・明治32年、大阪府生。大徳寺塔頭徳禅寺住職を経て、大徳寺山内に如意庵を再興。昭和54年、大徳寺松源院を再建。平成17年、遷化。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇20年~30年前頃の作品。
  • 紅毛手桶替茶器  手塚祥堂 作 紅毛手桶替茶器 手塚祥堂 作 SOLD OUT
    ◇京都の手塚祥堂さんの作品です。
    ◇感じのよい作品です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇30年~40年前頃の作品。
  • 銀襴手棗(磁器製)三国丹祐 造 銀襴手棗(磁器製)三国丹祐 造 SOLD OUT
    ◇三国丹祐・・京都にて、二代竹泉に師事し、大正〜昭和期に活躍する。
    ◇銀彩は、黒ずんでおり渋いです。このままで良いと思いますが、もし、銀彩を復活させたいのでしたら、液体の銀磨きで磨くと効果がある可能性はあります。
    ◇状態良好です。
    ◇大きさは、小振りです。
  • 輪島塗銀地秋草大棗 高崎秋峰作  輪島塗銀地秋草大棗 高崎秋峰作  SOLD OUT
    ◇輪島塗の高崎秋峰さんの作品です。現在、二代目ですが、初代の作品だと思われます。
    ◇外面は、比較的地味ですが、中面は、素敵な蒔絵です。
    ◇作品はきれいで状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 輪島塗蜻蛉蒔絵中次棗 坂一男作 輪島塗蜻蛉蒔絵中次棗 坂一男作 SOLD OUT
    ◇輪島塗の坂一男さんの作品です。
    ◇感じのよい作品です。
    ◇極小の茶杓の置き擦れスレがありましたが、その他はきれいで状態良好です。
    ◇10年〜20年前頃の作品。
  • 秋野棗 五代 川端近左造  而妙斎書付 秋野棗 五代 川端近左造 而妙斎書付 160,000円(内税)
    ◇川端近左(五代)・・大正四年、奈良県生。昭和3年、十二歳で四世近左に入門。同16年、養子となり、同38年、五代近左を襲名。伝統的な意匠と技法を守りつつ、今までにない味わいを出そうと、忠実に仕事に取り組んでいた。同56年、大阪府工芸功労賞。平成11年、没。現在、六代目
    ◇表千家・而妙斎宗匠の書付があります。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇作品は、多少の使用感はありますが、基本的にきれいで状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 徳風棗 岡本陽斎作 徳風棗 岡本陽斎作 12,000円(内税)
    共箱・木製
    胴径8.6cm×高6.4cm
    ◇岡本陽斎(おかもとようさい)・・昭和7年、京都生。石川県山中町にて茶道具を中心に製作を続ける。
    ◇裏千家・玄々斎好写の棗です。
    ◇なんとなく使用感ありますが、状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 玄々斎好写曙棗 吉田一峰 作 玄々斎好写曙棗 吉田一峰 作 10,000円(内税)
    共箱・木製・紙外箱付
    胴径6.5cm×高8.1cm
    ◇吉田一峰・・昭和29年、福井県鯖江市生まれ。同43年、荒井正春より蒔絵技術の指導を受け、兄弟子箕輪一星とともに棗専門に勉強す。同51年、独立。
    ◇裏千家・玄々斎好写の棗です。
    ◇きれいで美品です。
    ◇10年前頃の作品。
  • 紅葉蒔絵平棗 内銀地 吉田華正作 兼中斎書付 紅葉蒔絵平棗 内銀地 吉田華正作 兼中斎書付 75,000円(内税)
    共箱・木製・共裂・外紙箱付
    胴径8.6cm×高6cm
    ◇吉田華正・・昭和15年、蒔絵師吉田栄作の長男とし生まれる。十五歳で中内輝雄(耕峰)に師事。光琳の感覚にひかれ季節花鳥風月をモチーフにして製作。昭和53年、読売新聞社長賞。平成十年、伝統工芸士に認定。平成21年、石川県伝統産業優秀技術者受賞他。
    ◇表千家・十二代堀内宗完(兼中斎)の書付があります。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇きれいで状態良好です。
    ◇10年~20年前頃の作品。
  • 輪島塗沈金桐文様中棗 前志芸男造 輪島塗沈金桐文様中棗 前志芸男造 30,000円(内税)
    共箱・木製・共裂・栞付
    胴径6.6cm×高6.8cm
    ◇初代・前志芸男(まえしげお)・・伯父の人間国宝・前大峰に師事する。チリー芸術会賞、輪島市長賞。日本工芸会員他。現在、二代目。
    ◇細かく沈金された作品です。
    ◇状態良好です。箱経年感あり。
    ◇50年前頃の作品。
19商品 1-12表示
>