香合

46商品

おすすめ順 価格順 新着順

46商品 1-12表示
  • 蛇篭神代杉芭蕉扇香合 熊谷秀穂 作<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons8.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 蛇篭神代杉芭蕉扇香合 熊谷秀穂 作 6,000円(内税)
    ◇熊谷秀穂・・昭和15年、石川県山中町生まれ。同43年、山中漆器蒔絵見習。同49年漆器蒔絵師として独立、以後現在に至る。
    ◇多少、使用スレありますが、神代杉で傷つきやすいので、まぁ仕方ない程度だと思います。
    ◇30年前頃の作品。
  • 大徳寺古材 唐櫃香合 前端雅峯 作 <img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons1.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 大徳寺古材 唐櫃香合 前端雅峯 作  7,000円(内税)
    ◇開山国師650年(昭和62年)大遠忌奉讃大茶会記念の品です。
    ◇きれいで状態良好です。
    ◇大徳寺の古材を使用した香合で、加賀の前端雅峯さんの作です。
    ◇13代大徳寺管長の中村祖順(看雲)の在判ですが、コピー的なものだと思われます。
  • 萩焼松笠香合 十一代 坂高麗左衛門造 萩焼松笠香合 十一代 坂高麗左衛門造 12,000円(内税)
    共箱・無傷・共裂・栞付
    横5.8cm×奥行9.7cm×高5.6cm
    ◇坂高麗左衛門(十一代)・・明治45年生。下関市出身。帝国美校卒。昭和33年、十一代坂高麗左衛門を襲名。昭和50年山口県無形文化財保持者になる。日本工芸会正会員。中国文化賞。昭和56年歿、享年86歳。十三代目は平成26年、没。
    ◇よくある松笠の香合と比べ、結構大きめです。
    ◇状態良好です。
    ◇50年前頃の作品。
    ※3枚目の赤矢印-少しスキあり。特に問題ない程度です。
  • 赤玉香合 四代 清風与平 造 赤玉香合 四代 清風与平 造 12,000円(内税)
    共箱・無傷
    縦・横5.1cm×高4cm
    ◇清風与平(四代)・・明治4年、三代与平の次男として京都に生まれる。父の三代清風与平に陶技を、田能村小斉に絵を学ぶ。大正3年、四代清風与平を継承する。京都で煎茶器を得意として活躍したが、昭和26年に80歳で没した。
    ◇状態良好です。
    ◇大正~昭和初期頃の作品。
  • 笠牛香合 和田桐山 作 笠牛香合 和田桐山 作 12,000円(内税)
    共箱・無傷・共裂付
    横7.5cm×奥行5.2cm×高5.4cm
    ◇和田桐山(三代)・・大正6年、兵庫生。陶芸を初代桐山に、絵付けを牛尾桃里・金島桂華に師事。昭和52年、三代桐山を襲名する。現在、四代目
    ◇交趾笠牛香合は、形物香合番付:東・前頭 1段目8枚目です。天神さんの時にも。
    ◇状態良好です。
    ◇40年前頃の作品。
  • 久寿家香合 九代 大樋長左衛門造 久寿家香合 九代 大樋長左衛門造 12,000円(内税)
    横5.5cm×奥行5.7cm×高5.1cm
    ◇蓋裏に釉の剥げやスレがあります。
    ◇大樋長左衛門(九代)・・明治34年生まれ。江戸前期から加賀藩前田家御用窯として代々茶道具を製してきた大樋家の宗家。昭和9年に九代目襲名。中興の祖といわれた五代に匹敵する名工といわれた。昭和61年、没。
    ◇上記指摘以外基本的に状態良好です。
    ◇50年前頃の作品
    ※2枚・3枚目-青矢印-釉薬の剥がれ有り。 水色矢印-スレあり 4枚目-目立たぬように、マジックで誤魔化しておきました。
  • 八卦香合 中村宗悦 作 八卦香合 中村宗悦 作 7,000円(内税)
    共箱・木製・黄裂付
    胴径8.3cm×高2.7cm
    ◇青矢印に剥げがあります。実際はあまり、目立たないとは思います。それ以外状態良好です。
    ◇中村宗悦(なかむらそうえつ)・・昭和7年、石川県生。父に師事。知事賞他。
    ◇30年前頃の作品。
  • 信楽 布袋香合 四代 高橋楽斎 作 信楽 布袋香合 四代 高橋楽斎 作 5,000円(内税)
    共箱・共裂
    横4.7cm×奥行5cm×高5.2cm
    ◇高橋楽斎(四代)・・大正14年生。信楽近代の名工の三代高橋楽斎に師事し、昭和51年四代を襲名。茶陶や食器を製作する一方で、ロスアンゼルスで個展を開くなど、幅広く活動。
    ◇傷かひっつきか見る人により見解が分かれる箇所あり。蓋と身にスキあり。その他は、状態良好です。
    ◇20年前頃の作品。
    ※3枚・5枚目写真-蓋と身にスキあり 4枚目写真-傷かひっつきか見る人により見解が分かれる箇所あり。信楽ですので、仕方ない程度です。
  • 鈴香合 井上方竹 造 鈴香合 井上方竹 造 7,000円(内税)
    共箱・無傷
    胴径5.7cm×高
    井上方竹(二代)・・昭和9年、兵庫県姫路市に生まれる。父・初代方竹に師事する。昭和47年、二代方竹を襲名。大徳寺黄梅院宮西玄性老師より印南窯と命名。大阪天満橋松坂屋・東京新宿小田急・博多大丸・神戸そごう・松江一畑百貨店個展他。平成9年か10年頃、没。
    ◇状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 朝日焼 丑(牛)香合 松林豊斎 造 朝日焼 丑(牛)香合 松林豊斎 造 5,000円(内税)
    共箱・無傷
    横6.9cm×縦4.5cm×高5.2cm
    ◇松林豊斎(十四代)・・大正10年、遠州七窯の朝日焼の窯元に生れる。楠部弥弌に師事する。昭和21年十四代、継承。平成16年、没。現在、十五代目。
    ◇きれいで、美品です。7枚目写真-箱-ヘコミ有・汚れあり
    ◇干支の丑(牛)香合です。種類は、ホルスタインでしょうか。
    ◇10年〜20年前頃の作品。
  • 干支白龍香合 政所窯 後藤紹道 作 干支白龍香合 政所窯 後藤紹道 作 10,000円(内税)
    共箱・無傷・共裂付
    横8.3cm×縦8.3cm×高8.7cm
    ◇後藤紹道(陶名:永興紹道)・・・京都の東山区の圓徳永興院住職。政所窯は、高台寺・円徳院のお庭焼として先代住職後藤明道が開窯し、30年余楽焼・織部などを焼いた。平成六年に政所窯主となる。
    ◇大きさは、大きめです。
    ◇金箔は、所々ハゲています。その他は状態良好です。
    ◇近年の作品。
  • 秋草桐間取香合 道場宗廣 造 秋草桐間取香合 道場宗廣 造 6,000円(内税)
    共箱
    横7.6cm×縦5.8cm×高2cm
    ◇山中塗りの道場宗廣さんの作品です。
    ◇桐木地ですので、シミ・経年感あり。その他は状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
46商品 1-12表示
>