茶碗

65商品

おすすめ順 価格順 新着順

65商品 1-12表示
  • 朝日焼粉引茶碗  松林良周(十五代 豊斎)造 朝日焼粉引茶碗 松林良周(十五代 豊斎)造 15,000円(内税)
    ◇松林良周(よしかね)・・昭和25年、十四代豊斎の長男して生まれる。武蔵野美大卒。父豊斎に師事。平成7年、十五代豊斎襲名。平成27年、没。
    ◇15代松林豊斎の襲名前の作品です。
    ◇状態良好です。多少は使用されているでしょうけど、シミっぽいのは最初からのものだと思われます。
    ◇30年前頃の作品。
  • 織部茶碗 加藤鈔 (しょう) 造 織部茶碗 加藤鈔 (しょう) 造 14,000円(内税)
    共箱・無傷
    横12.2cm×奥行11.4cm×高7.6cm
    ◇加藤鈔(かとうしょう)・・昭和2年生。先々代丈助は赤津窯系譜18世景徳の養子で、21世にあたる。平成9年瀬戸市無形文化財、平成12年愛知県無形文化財保持者に認定される。近年、没。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇作品はきれいで状態良好です。箱は多少経年感あり。
    ◇30年〜40年前頃の作品。
  • 銘「松涛」伊羅保茶碗 那波鳳翔造 立花大亀書付 銘「松涛」伊羅保茶碗 那波鳳翔造 立花大亀書付 18,000円(内税)
    大亀書付箱・無傷
    胴径14.5cm×高8.1cm
    ◇大亀書付箱です。
    ◇那波鳳翔・・昭和11年兵庫県相生市生。谷川徹三に師事する。焼締作品・高麗風茶陶を主としている。著書に「やきもの師の唄」などがある。相生窯。
    立花大亀・・明治32年、大阪府生。大徳寺塔頭徳禅寺住職を経て、大徳寺山内に如意庵を再興。昭和54年、大徳寺松源院を再建。平成17年、遷化。
    ◇状態良好です。
    ◇40年前頃の作品。
    ◇松涛・・松風の音を波の音にたとえて言う言葉。
  • 絵高麗梅茶碗 二代 和田桐山 造 絵高麗梅茶碗 二代 和田桐山 造 17,000円(内税)
    四代識箱・共裂・無傷
    胴径13.2cm×高9.3cm
    ◇四代の識箱です。
    ◇和田桐山(二代)・・明治30年、兵庫県生まれ。兄(初代・桐山)と共に作陶に従事していたため他家(神戸御影名和家)に養子入籍していたが、昭和42年に初代・桐山が没後、二代桐山を継承。昭和52年、没。現在、四代目。
    ◇状態良好です。(指摘部分あり)
    ◇昭和42年~52年の作品。
  • 雲錦茶碗 大丸北峰 作 雲錦茶碗 大丸北峰 作 10,000円(内税)
    共箱・無傷・共裂・栞付
    胴径12.6cm×高7.8cm
    ◇大丸北峰(二代)・・大正5年、生まれ。先代北峰・清水六兵衛に師事する。京展、全関西展ほか審査員。京都工美協理事。
    ◇状態良好です。
    ◇20年~30年前頃の作品。
  • 飛青文茶碗 三代 加藤溪山 作 飛青文茶碗 三代 加藤溪山 作 17,000円(内税)
    共箱・無傷・共裂
    胴径15.6cm×高6cm
    ◇加藤溪山(三代)・・昭和23年、京都生まれ。同47年、京都市立芸術大学陶磁器専攻卒業。同53年、中日国際芸術展入選。平成8年、三代加藤溪山を襲名。高島屋で個展他。
    ◇白磁で、飛青磁のような飛んでる文様が青で、感じのよい作品です。
    ◇きれいで美品(未使用?)です。
    ◇10年~20年前頃の作品。
  • 「翠・松葉・松実」茶碗 画賛-八幡宗豊 藤本陶津作 「翠・松葉・松実」茶碗 画賛-八幡宗豊 藤本陶津作 10,000円(内税)
    共箱・無傷・共裂・栞付
    胴径12.9cm×高7.9cm
    ◇八幡宗豊(やはたそうほう)・・表千家・即中斎宗匠の高弟。表千家理事。大阪で即友会を主宰していた。
    ◇八幡宗豊宗匠が翠文字と松葉・松美の画を書いた茶碗です。
    ◇二代・藤本陶津(とうしん)・・大正3年、初代の長男として広島県に生まれる。初代に師事。広島文化賞・文部大臣賞・光風会名誉会員となる。理事二期勤める。平成21年、没。現在、三代目。
    ◇状態良好です。
    ◇20年~30年前頃の作品。
  • 仁清写花籠図平茶碗 通次嵩山 作 仁清写花籠図平茶碗 通次嵩山 作 15,000円(内税)
    共箱・無傷
    胴径14.4cm×高5.5cm
    ◇通次嵩山・・昭和20年生。京焼きの通次阿山氏の奥様。女流らしい繊細な絵付けは定評です。京焼清水焼伝統工芸士認定。
    ◇感じのよい作品です。
    ◇基本的にはきれいで状態良好です。(指摘部分あり)
    ◇30年前頃の作品。
  • 絵唐津(笹)茶碗 十三代 太郎右衛門窯  絵唐津(笹)茶碗 十三代 太郎右衛門窯  10,000円(内税)
    共箱・無傷・黄裂・栞付
    胴径13.6cm×高7.4cm
    ◇十三代・中里太郎右衛門の工房作品です。
    ◇きれいで、未使用品(?)です。
    ◇20年~30年前頃の作品。
  • 鉄絵唐草茶碗 和田桐山 造 鉄絵唐草茶碗 和田桐山 造 15,000円(内税)
    共箱・無傷・共裂付
    胴径11.3cm×高7.8cm
    ◇和田桐山(初代)・・明治43年、尼崎市に築窯。多くの陶工を擁し、茶陶の逸品を製した。昭和42年没。現在、四代目。
    ◇状態良好です。
    ◇30年~40年前頃の作品。
  • 碧釉茶碗 井高即山 (二代井高帰山)作 碧釉茶碗 井高即山 (二代井高帰山)作 10,000円(内税)
    共箱・無傷
    胴径14.5cm×8.5cm
    ◇井高即山(そくざん)・・昭和2年、東京都目黒区生。父の初代井高帰山に師事。昭和18年、帰山窯が工業技術指定を受ける。のち、陶燿会を結成。昭和54年、二代帰山を襲名。ユネスコ美術展・伝統工芸新作展の実行委員もつとめた。
    ◇茶碗の中に窯ヒありますが、あまり気にならないと程度だと思います。箱は汚れ等あり。その他は、状態良好です。
    ◇40年前頃の作品だと思います。
  • 乾山槍梅茶碗 佐久間勝山 造 乾山槍梅茶碗 佐久間勝山 造 23,000円(内税)
    共箱・無傷・共裂
    胴径12.8cm×高7.9cm
    ◇佐久間勝山・・昭和39年生まれ。万古焼創始者沼浪弄山の流れをうけて、初代信春が安政年間に開いた松古窯の四代目。年少の頃より父・芳リンから教えを受ける。淡々斎より松菱の松古印を賜わる。平成10年、没。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇きれいで、状態良好です。(指摘あり)
    ◇30年前頃の作品。
65商品 1-12表示
>