茶碗

89商品

おすすめ順 価格順 新着順

89商品 1-12表示
  • 中村道年(三代) 銘「山里」飴釉茶碗 兼中斎書付<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons5.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 中村道年(三代) 銘「山里」飴釉茶碗 兼中斎書付 50,000円(内税)
    ◇中村道年(三代)・・昭和十三年正次の長男として名古屋に生まれる。愛知県立旭丘高校美術課彫刻科を卒業後、父を師として楽焼に専念修業。昭和四十八年に三代目を継ぎ、先代の志した光悦風茶碗を主体として作陶に精進。昭和六十三年、歿。
    ◇表千家・堀内宗完(兼中斎)宗匠の書付があります。
    ◇出来のよい茶碗です。
    ◇状態良好です。
    ◇40年前頃の作品。
  • 銘「笑顔」黒茶碗  三代 中村道年造  尋牛斎書付<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons8.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 銘「笑顔」黒茶碗 三代 中村道年造 尋牛斎書付 70,000円(内税)
    ◇中村道年(三代)・・昭和十三年正次の長男として名古屋に生まれる。愛知県立旭丘高校美術課彫刻科を卒業後、父を師として楽焼に専念修業。昭和四十八年に三代目を継ぎ、先代の志した光悦風茶碗を主体として作陶に精進。昭和六十三年、歿。
    ◇表千家・久田宗也(尋牛斎)宗匠の書付があります。
    ◇黒の中に赤がところどころに混じった黒茶碗です。
    ◇状態良好です。
    ◇40年前頃の作品。
  • 白幕釉黒茶碗 政所窯 後藤明道造 鵬雲斎書付<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons10.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 白幕釉黒茶碗 政所窯 後藤明道造 鵬雲斎書付 SOLD OUT
    ◇後藤明道(陶名:永興明道)・・・京都の東山区の円徳永興院住職。円徳院のお庭焼(政所窯)として30年余楽焼・織部などを焼いた。平成六年寂。現在、政所窯は永興紹道が製作している。
    ◇裏千家・鵬雲斎宗匠の書付があります。
    ◇出来のよい作品です
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 紀州焼那智黒茶碗 初代 寒川栖豊 造 <img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons7.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 紀州焼那智黒茶碗 初代 寒川栖豊 造  25,000円(内税)
    ◇寒川栖豊(初代)・・明治32年、和歌山生。京の沢田宗山に師事する。昭和12年、高野庚申山にて開窯のとき、旧藩主から「紀州・葵窯」の銘印を受ける。昭和32年、那智黒釉を完成。昭和50年、没。現在、二代目。
    ◇出来のよい作品です
    ◇作品は、きれいで状態良好です。箱は経年感あり
    ◇50年前頃の作品。
  • 仁清写つくばね茶碗 永楽善五郎(即全)造 鵬雲斎書付 仁清写つくばね茶碗 永楽善五郎(即全)造 鵬雲斎書付 120,000円(内税)
    ◇永楽善五郎・・千家十職の永楽家の十六代を昭和9年に襲名。永楽即全。平成10年没。現在は十七代目。
    ◇裏千家・鵬雲斎宗匠の書付があります。
    ◇この茶碗に似た「春風」茶碗(勅題)は多くありますが、こちらは数が少なめです。
    ◇きれいで、状態良好です。
    ◇40年前頃の作品。
  • 雲鶴手茶碗 須田祥豊 造 雲鶴手茶碗 須田祥豊 造 SOLD OUT
    ◇須田祥豊・・明治18年、京都生。家業製陶に従事し、明治末期より茶陶の製作に務む。大正14年淡々斎宗匠より祥豊の号を、円山伝衣老師より、如拙庵の号を与かる。昭和三年に陶友会の講師として、東京に出張する。その後、技術保存の認定などを受ける。国焼・朝鮮の写しを得意として、現代の名工して知られる。89歳にて没っする。
    ◇釉の枯れた感じなど、朝鮮の古陶をよく写してます。
    ◇作品は、状態良好です。(指摘あり)
    ◇50年〜60年前頃の作品
  • 志野茶碗 加藤十右衛門造  志野茶碗 加藤十右衛門造  38,000円(内税)
    ◇加藤十右衛門・・昭和27年生。美濃大平の陶祖、加藤景豊の流れをくむ。昭和15年大菅に八坂窯を開窯。岐阜県無形文化財保持者に認定される。昭和49年没、享年8歳。
    ◇やや使用感ありますが、状態良好です。
    ◇50年前頃の作品
  • 嶋台茶碗 佐々木松楽  嶋台茶碗 佐々木松楽  10,000円(内税)
    ◇京都の佐々木松楽(窯)の作品です。
    ◇大茶碗の縁の銀箔が、割りと黒ずんででます。その他はきれいで、ほとんど使用されていないです。
    ◇20年〜30年前頃の作品
  • 二福神(戎・大黒)の絵茶碗 岡田佳山(暁山)作  二福神(戎・大黒)の絵茶碗 岡田佳山(暁山)作  SOLD OUT
    ◇岡田佳山・・昭和23年生。京都にて、七代目暁山の技法と母親の茜窯(岡田華渓)から受ける茶陶意匠の影響を併せて学ぶ。平成10年、八代岡田暁山を襲名。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇30年〜40年前頃の作品
  • 「竹葉々清風起」茶碗 清水公照筆 神楽窯(奥田康博)造 「竹葉々清風起」茶碗 清水公照筆 神楽窯(奥田康博)造 SOLD OUT
    >◇清水公照・・元東大寺管長。207・208世別当。明治43年兵庫県姫路市生。龍谷大卒。書、絵画を得意とする。教学執事、大仏殿主任、二月堂主任、執事長等を歴任。平成11年歿、享年88歳。
    ◇神楽窯・・奥田康博さんが昭和三十三年、朝熊山西麓に開窯。
    ◇感じのよい作品です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇30年〜40年前頃の作品
    ◇竹葉々起清風(たけようようせいふうをおこす)・・竹がさやさやと清風を送っている様子。人の気配を取り去りいっそう端的に竹林の美しさを表現したもの。
  • 牧牛図茶碗 保庭楽入 作  牧牛図茶碗 保庭楽入 作  SOLD OUT
    ◇保庭楽入(二代)・・昭和4年、長野県生。初代楽入に師事し壺中窯(滋賀県信楽町)で作陶。昭和38年、二代楽入継承。伝統の信楽焼で茶陶が中心。現在、三代目。
    ◇作品はきれいで状態良好です。
    ◇30年前頃の作品
  • 金襴手扇面宝尽し茶碗  林淡幽 作  金襴手扇面宝尽し茶碗 林淡幽 作  35,000円(内税)
    ◇林淡幽・・昭和20年、京都生。叔父・二代林円山に師事し作陶をはじめる。昭和46年、淡幽を名乗り、独立、開窯。建仁寺竹田益州管長より五山窯の窯名を賜わる。代表作は祥瑞、色絵祥瑞の作品。
    ◇華やかな出来のよい作品です。
    ◇きれいで美品です。
    ◇20年前頃の作品
89商品 1-12表示
>