茶碗

78商品

おすすめ順 価格順 新着順

78商品 1-12表示
  • 金襴手扇面宝尽し茶碗  林淡幽 作 <img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons11.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 金襴手扇面宝尽し茶碗 林淡幽 作  35,000円(内税)
    ◇林淡幽・・昭和20年、京都生。叔父・二代林円山に師事し作陶をはじめる。昭和46年、淡幽を名乗り、独立、開窯。建仁寺竹田益州管長より五山窯の窯名を賜わる。代表作は祥瑞、色絵祥瑞の作品。
    ◇華やかな出来のよい作品です。
    ◇きれいで美品です。
    ◇20年前頃の作品
  • 刷毛目平茶碗 二代 真葛香斎作 ※五代 宮川香斎<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons14.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 刷毛目平茶碗 二代 真葛香斎作 ※五代 宮川香斎 30,000円(内税)
    ◇真葛香斎(二代)・・大正11年、東京生。清水六兵衛に指導を受ける。のち、父・香斎のもとで茶道具製作に専念する。昭和47年、二代真葛香斎(五代宮川香斎)を襲名。平成14年、隠居し治平を名乗る。現在、真葛六代目宮川香斎。
    ◇きれいで美品です。
    ◇20年前頃の作品
  • 瀬戸茶碗 片桐貞泰(石州流十五代) 作 焼-加藤光右衛門<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons11.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 瀬戸茶碗 片桐貞泰(石州流十五代) 作 焼-加藤光右衛門 17,000円(内税)
    ◇片桐貞泰宗匠の手造りの茶碗で、焼成は加藤光右衛門です。
    ◇片桐貞泰(かたぎりさだたか)・・大正12年、生まれ。水田秀光の子。石州流15世家元。昭和58年没。
    ◇加藤光右衛門・・昭和12年生。加藤十右衛門(岐阜県無形文化財保持者)の次男で、父に師事する。岐阜県の笹原に山十窯を築く。茶陶中心。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇作品はきれいで状態良好です。
    ◇40年前頃の作品
  • 「松下」文字茶碗 清水公照筆 小石原焼柳瀬窯 作<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons1.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 「松下」文字茶碗 清水公照筆 小石原焼柳瀬窯 作 SOLD OUT
    ◇清水公照・・元東大寺管長。207・208世別当。明治43年兵庫県姫路市生。龍谷大卒。書、絵画を得意とする。教学執事、大仏殿主任、二月堂主任、執事長等を歴任。平成11年歿、享年88歳。
    ◇柳瀬本窯・・創業から350年栄誉ある伝統を受け継ぐ筑前小石原焼の本窯十統の一つ。そのすぐ隣には東大寺長老、清水公照先生の作品を集めた私設美術館がある。
    ◇きれいで状態良好です。
    ◇40年前頃の作品
  • 萩茶碗 十二代 田原陶兵衛造 合箱<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons8.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 萩茶碗 十二代 田原陶兵衛造 合箱 18,000円(内税)
    ◇田原陶兵衛(十二代)・・大正14年生。萩焼深川本窯の次男。兄の11代陶兵衛に師事。昭和31年12代陶兵衛を襲名。古萩の技法の再現に心血を注ぎ、その功績により昭和56年山口県から無形文化財保持者に認定される。平成3年没
    合箱です。
    ◇白釉で感じがよいです。
    ◇作品は多少の使用感とくっつきがあります。基本的にはきれいで状態良好です。
    ◇50年前頃の作品
  • 志野茶碗 加藤光右衛門 作 志野茶碗 加藤光右衛門 作 25,000円(内税)
    ◇加藤光右衛門・・昭和12年生。加藤十右衛門(岐阜県無形文化財保持者)の次男で、父に師事する。岐阜県の笹原に山十窯を築く。茶陶中心。
    ◇出来のよい作品です
    ◇作品はきれいで、状態良好です。
    ◇20年~30年前頃の作品
  • 竹田益州書付・自筆絵 銘「暮烟」茶碗 今井政之作 竹田益州書付・自筆絵 銘「暮烟」茶碗 今井政之作 SOLD OUT
    ◇竹田益州・・臨済宗の僧。建仁寺派第八代管長。大分生。竹田黙雷について修行。祥瑞寺・大仙寺を歴住、大徳寺執事長を経て建仁寺派管長になる。平成元年寂、92才。
    ◇今井政之・・昭和5年大阪生。のち広島県竹原市に疎開。勝尾青龍洞・楠部弥一に師事。象嵌彩の第一人者で、昭和49年ビエンナーレ国際陶芸展で名誉最高大賞受賞。日本新工芸家連盟理事、日展評議員他。京都・広島県竹原市で作陶。平成30年、文化勲章受章。
    ◇帆(ほ-船の柱に張って、風を受けて船を進ませるもの)は暮烟(ぼえん-暮れがたに立つ煙のこと)
  • 銘「天竺」聖地石砂赤茶碗 七代吉向松月造 出口常順書付 銘「天竺」聖地石砂赤茶碗 七代吉向松月造 出口常順書付 SOLD OUT
    ◇吉向松月(七代)・・大正13年生。六代吉向松月に師事し、昭和25年、七代吉向松月を襲名。初代が楽了入より受け継いだ伝統を大切に、交野市にて茶陶に専念する。同59年、四天王寺出口常順管長より蕃斎の号を賜わる。現在、九代目(次男)。
    ◇この茶碗のヘラ目部分に、出口常順(又は先代南谷恵澄)が渡印された際に、各地の佛跡(四大聖地や17ヶ所の御聖跡)より頂戴された石砂を用いて焼かれています。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇昭和58年の作品。
  • 乾山宇治十帖数茶碗十客 宋絢(水出勝)作  乾山宇治十帖数茶碗十客 宋絢(水出勝)作  SOLD OUT
    ◇宋絢(水出勝)・・昭和23年、京都生まれ。同44年、叔父加藤永峰で作陶の修行。同52年、京都山科に開窯。同53年、京都工芸美術選抜展入選。同54年、東大寺清水公照師と合作展。同55年、洛北花背に登り窯築く。
    ◇きれいで、状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
    ◇宇治十帖(うじじゅうじょう)は、『源氏物語』の最末尾にあたる第3部のうち後半の橋姫から夢浮橋までの十帖をいう。
  • 御所丸沓碗 丸田正彦 作  御所丸沓碗 丸田正彦 作  35,000円(内税)
    ◇唐津焼の人気作家です。
    ◇勢いのある作品です。
    ◇御所丸という名前は、元々は古田織部の注文で朝鮮にて焼かれていた御本手茶碗の一種から由来しています。朝鮮との交易用の舟の名前「御所丸船」に積まれて秀吉に献上したとされる茶碗です。
    ◇きれいで、状態良好です。
    ◇平成6年頃の作品。(栞より)
  • 粉引茶碗  那波鳳翔作  粉引茶碗 那波鳳翔作  SOLD OUT
    ◇那波鳳翔・・昭和11年兵庫県相生市生。谷川徹三に師事する。焼締作品・高麗風茶陶を主としている。著書に「やきもの師の唄」などがある。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇20年〜30年前頃の作品。
  • 四代 清水六兵衛 黄斑茶碗   ※五代六兵衛識箱 四代 清水六兵衛 黄斑茶碗 ※五代六兵衛識箱 SOLD OUT
    ◇清水六兵衛(四代)・・嘉永(かえい)元年(1848)生まれ。3代清水六兵衛の長男。明治16年家業の京都清水焼をつぐ。同17年京都博覧会で銅牌をうける。同36年宮永東山らと遊陶園を,同40年神坂雪佳らと佳美会を結成,京焼の再興につくした。引退後は、六居を名乗る。大正9年11月没。享年73歳。
    ◇五代の清水六兵衛識箱です。
    ◇黄斑釉というあまり見かけない釉で、黄色もあるのですが黄土色っぽい部分や黒が入り混じってます。
    ◇状態良好です。
    ◇71歳の作品ですので、大正7年頃の作品です。
78商品 1-12表示
>