茶碗

106商品

おすすめ順 価格順 新着順

106商品 1-12表示
  • 膳所焼色絵内二桔梗茶碗  陽炎園作 <img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons12.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 膳所焼色絵内二桔梗茶碗 陽炎園作  15,000円(内税)
    ◇陽炎園(岩崎新定)・・・大正2年生。遠州七窯の一つ、膳所焼の窯を復興した父・健三に師事。昭和60年滋賀県文化賞受賞。昭和62年膳所焼美術館を設立
    ◇感じのよい作品です。
    ◇状態良好です。(指摘あり)
    ◇10年前頃の作品。
  • 「華厳三昧」茶碗 清水公照筆 神楽窯(奥田康博)造<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons11.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 「華厳三昧」茶碗 清水公照筆 神楽窯(奥田康博)造 SOLD OUT
    ◇清水公照・・元東大寺管長。207・208世別当。明治43年兵庫県姫路市生。龍谷大卒。書、絵画を得意とする。教学執事、大仏殿主任、二月堂主任、執事長等を歴任。平成11年歿、享年88歳。
    ◇神楽窯・・奥田康博さんが昭和三十三年、朝熊山西麓に開窯。
    ◇絵と言葉がよいです。
    ◇状態良好です。
    ◇30年〜40年前頃の作品
  • 和田桐山(三代) 天目茶碗<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons5.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 和田桐山(三代) 天目茶碗 SOLD OUT
    ◇和田桐山(三代)・・大正6年、兵庫生。陶芸を初代桐山に、絵付けを牛尾桃里・金島桂華に師事。昭和52年、三代桐山を襲名する。現在、四代目。
    ◇作品は、きれいで状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 黒楽茶碗 二代 中村道年 造<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons13.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 黒楽茶碗 二代 中村道年 造 47,000円(内税)
    ◇中村道年(二代)・・明治39年生、初代道年の長男 昭和12年父没後2代襲名 戦時禍、本窯を廃し楽焼きを研究のち、表千家即中斎より八事窯と命名されるまた若年より益田鈍翁や民芸陶芸家のバーナードリーチとも親交厚く、その傍ら楽焼の研究に精進し光悦写しではすばらしい茶碗を焼成した。昭和47年没。
    ◇感じのよい作品です。楽系軟陶。
    ◇作品は状態良好です。
    ◇60年〜70年前頃の作品。
  • あやめ茶碗 あかね窯(岡田華溪)作 有隣斎書付<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons3.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> あやめ茶碗 あかね窯(岡田華溪)作 有隣斎書付 SOLD OUT
    ◇あかね窯は、京都の茜窯(岡田華溪)の前作です
    ◇官休庵・有隣斎宗匠の書付があります。
    ◇華やかで感じのよい作品です。
    ◇作品は状態良好です。
    ◇40年〜50年前頃の作品。
    ◇岡田華渓・・大正10年生。日本画家井上正晴に師事ののち、京都東山にあかね窯として茶陶を製作。女性らしい繊細さと、シンプルさの調和が、見る人の心をひきつける。
  • 方谷浩明自筆・書付「百花為誰開」萩茶碗 十二代 田原陶兵衛造<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons8.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' /> 方谷浩明自筆・書付「百花為誰開」萩茶碗 十二代 田原陶兵衛造 45,000円(内税)
    ◇田原陶兵衛(十二代)・・大正14年生。萩焼深川本窯の次男。兄の11代陶兵衛に師事。昭和31年12代陶兵衛を襲名。古萩の技法の再現に心血を注ぎ、その功績により昭和56年山口県から無形文化財保持者に認定される。平成3年没。
    ◇方谷 浩明和尚の自筆で「百花為誰開」を茶碗に書かれています。
    ◇作品は状態良好です。(箱に指摘あり)
    ◇40年〜50年前頃の作品。
  • 黒茶碗 数印 八代 吉向十三軒 作 鵬雲斎書付 黒茶碗 数印 八代 吉向十三軒 作 鵬雲斎書付 230,000円(内税)
    ◇吉向十三軒・・昭和23年、七代吉向十三軒の四男として東大阪市に生まれる。父に師事し、昭和46年八代襲名。裏千家出入方。
    ◇裏千家・鵬雲斎宗匠の書付があります。
    ◇出来のよい作品です。
    ◇きれいで状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 楽山焼兎絵茶碗 長岡空権 作 楽山焼兎絵茶碗 長岡空権 作 30,000円(内税)
    ◇長岡住右衛門(号:空権)・・昭和4年、楽山焼窯元の家に生まれる。祖父・空味、父・空処に師事。同46年、十一代住右衛門襲名。伝統的な技法を守り、伊羅保写・高麗写などを中心に作陶。
    ◇干支でつくられた作品だと思いますが、リアルに描かれた、あまり見ない図柄の作品です。
    ◇作品は状態良好です。(指摘あり)
    ◇40年〜50年前頃の作品。
  • 光琳竹図茶碗 初代 三浦竹軒 造 光琳竹図茶碗 初代 三浦竹軒 造 15,000円(内税)
    ◇三浦竹軒(初代)・・明治33年、京都生。初代三浦竹泉の三男。はじめ、三代竹泉を継承したが、昭和9年別家して竹軒と改号。政府認定技術保存資格者。平成2年、没。現在、二代目。
    ◇感じのよい作品です。
    ◇作品はきれいで状態良好です。
    ◇40年〜50年前頃の作品。
  • 萩茶碗 十二代 田原陶兵衛 造 萩茶碗 十二代 田原陶兵衛 造 28,000円(内税)
    ◇田原陶兵衛(十二代)・・大正14年生。萩焼深川本窯の次男。兄の11代陶兵衛に師事。昭和31年12代陶兵衛を襲名。古萩の技法の再現に心血を注ぎ、その功績により昭和56年山口県から無形文化財保持者に認定される。平成3年没。
    ◇割り眤罎嚢咫垢靴ご兇犬よろしいかと思います。
    ◇共箱は、経年感・割と虫喰痕あり。虫喰は、自然系のもので殺虫処理済み。穴はある程度埋めておいたので目立ちにくいです。
    ◇作品は状態良好です。
    ◇50年〜60年前頃の作品。
  • 色絵森の柳画茶碗 清閑寺窯  三代 杉田祥平作  色絵森の柳画茶碗 清閑寺窯 三代 杉田祥平作  SOLD OUT
    ◇杉田祥平(三代)・・大正三年、京都生。二代に師事する。昭和十八年、三代目を継承。古清水の流れをくむ作品に、新しい感覚を取り入れ、独自の色絵の世界を築く。現在、四代目。
    ◇よく描かれた華やかな作品です。
    ◇高台に少し汚れありますが、その他はきれいで状態良好です。
    ◇30年前頃の作品。
  • 仁清写橋柳茶碗  初代 宮川香雲造  小田雪窓書付 仁清写橋柳茶碗 初代 宮川香雲造 小田雪窓書付 39,000円(内税)
    ◇初代宮川香雲・・明治43年に三代宮川香斎の子として生まれましたが、宮川香斎から分家して、龍谷窯を開きました。 二代目が昭和55年に襲名。現在、三代目。
    ◇小田雪窓・・明治34年、鳥取県生。大徳寺506世住持。諱は宗甫、室号は蔵暉。503世後藤瑞巌の法を嗣ぐ。同25年、僧堂師家となり、昭和30年十一代管長に就任、のち開堂した。龍翔寺に住した。昭和41年、65才没。
    ◇春らしい茶碗です
    ◇多少、使用感ありますが、状態良好です。箱は経年感・汚れあり
    ◇60年〜70年前頃の作品。
106商品 1-12表示
>